ハンターハンターネタバレ357話確定あらすじ感想!シャルナークコルトピ死亡へ!




356話ではヒソカがいよいよ追い詰められ、クロロが駆使したオーダースタンプによって、大量の人形に襲われて爆発したところで終わりました。

そして、ヒソカの死亡が確定に!

・・・と思いきや何とヒソカが生き返るという謎の現象も!

そして、ここからヒソカが旅団抹殺が始まろうとしています。

357話「残念②」のネタバレを見ていきましょう。(シャルナークファンの方はお気をつけ下さい)

Sponsored Link

ネタバレ1:闘技場が爆破され死者が多数へ





天空格闘技場周辺では、取材班が押し寄せて被害がいかに甚大であるかを報道しています。

クロロvsヒソカ戦の死者も多数であり、テレビの報道によればヒソカの死亡も確定とのこと。(ヒソカやっぱり死亡したんですね・・・)

そして闘技場の爆破後はかなり壊滅的な状況のようですね。




爆破の後は凄まじく、観客の大多数が避難をしていますが、一部の物好きな客は周囲で様子を見守っているのも伺えます。


そして、ヒソカの遺体も。



これは酷い姿ですが、シャルナーク、コルトピ、マチの3人が観察しています。

しかし、思ったよりもダメージが少ないことに驚いていました。


確かに、数十人の人形が爆破してきたのだから、もっと壊滅的にダメージを受けていてもいいのかなと思われます。

しかし、ヒソカは腕と足、そして首の部分を負傷していますが、ほとんど原型が残されている状態です。


爆破の前に、人形が大量に重なってクッションになったことで、ヒソカの身体はダメージを受けずに済んだもと、シャルナークの説明。

(この辺りは冨樫先生のリアリティを求めるところなのでしょうか。やはり、ディテールに拘りますね)


そして、ヒソカの死因は爆破によるというよりも、人形たちに閉じ込められて酸素不足になった一酸化炭素中毒によるものと思われます。

想定外の死因で、驚きましたがマチが驚きの行動を取ります。


ネタバレ2:ヒソカの遺体処理するもなんとヒソカが復活!




コルトピがマチに帰ろうと伝えるも、怪我をしたら治すように契約していたと告げるマチ。

どうやら、それは嘘のようで、団長と戦うのに、そのような契約をしているはずがないとのこと。この辺りがマチのヒソカに対する情けなのでしょう。


最後の最後で遺体を綺麗な形にしてあげたいというのが、同じ仲間だった人間の配慮なのでしょう。


ヒソカの目を閉じるマチ。



この絵面もかなり衝撃的です(笑)


団長の新たな戦い方を見言い出したことに、ヒソカにお礼を伝えて、顔を縫合しようとすると衝撃の展開が!

なんとヒソカの全身からオーラが放出されるのです。



マチも驚きます。死んでいる人間からオーラが出るはずがないからです。

死後にオーラが出る理由というのはたったひとつしかありません。


それが死ぬ前に強く念じた”念”です。



何と自分の(オーラで創りだされた)腕によって心臓を動かすことで心臓マッサージをします。


ヒソカの心臓が動きだすのです!



Sponsored Link


ネタバレ3:ヒソカは敢えて死を覚悟していた!?




死の直前にヒソカが何をしていたのかというと、大量のオーダースタンプの人形が爆発する直前で、自分のゴムの念に命令をしていたのです。




自分が死んだ後に心臓を動かし、肺を膨らませるように強く念じたのです。


そしてヒソカが目を覚まし、復活を遂げるのでした!



これは衝撃の展開ですね(笑)

もはや何でもありのような気もしてきますが。


そして動き出すヒソカ。



マチがいることに驚きますが、自分が死んだ後に生き返ったことを知って驚いています。

不敵な笑みを浮かべて、戦いの反省をするヒソカ。

マチからも次からは時と場所をもう少し検討する必要があると告げられます。(確かに今回はあまりにもクロロが用意周到すぎました)


マチが腕や足などを治そうかと伝えますが、ヒソカは必要ないと答えます。


何と、ゴムによって顔や手、足を再生させるのです。



ヒソカのバンジーガムの能力もさらに能力が開花したようにも見受けられます。

臨死体験を経たことで、ヒソカの念能力は高まったのでしょうか。

そして、ここからがヒソカの真骨頂です。

ネタバレ4:ヒソカの蜘蛛狩り開始へ!




マチがその場を後にしようとしますが、ヒソカがマチに蜘蛛のメンバーと場所を問わず戦うことを決意したことを伝えます。


すると、ヒソカが背後からマチの腕と足にゴムで縛り付けます。




そして、ヒソカがここから蜘蛛のメンバーを殺していくことを告げますが、マチはこれをはずさないと殺すと怒り心頭です。




ヒソカに戻るように伝えますが、ヒソカはご機嫌でその場を立ち去るのでした。


ネタバレ5:旅団も暗黒大陸に潜入へ!





クロロがシャルナークと電話をしています。どうやら暗黒大陸に出航する船に乗船する方法を話しているようです。

そしてシャルナークに電話を返そうかと伝えますが、必要ないと返答のシャルナーク。

どうやらシャルナークの能力は対ヒソカ用だったのかもしれません。


そして、船で会うことを誓って電話を切るクロロ。


ここからが衝撃の展開なのです!


コルトピが帰ってこないことを心配するシャルナーク。




うんこかなと思ったのも束の間で、携帯が鳴り出します。

そして目の前をヒソカがコルトピの首を持った状態で通りすぎるのです。




これは驚きます。おそらく念能力が使えないであろうシャルナークですが、思わず飛び込んでしまいます。


そして、その首だけがその場に残り、ヒソカが姿を消します。(ヒソカはバンジーガムでその場をゴムの力で強制的に離れたものと思われます)


そして、シャルナークが首を確認すると、やはりコルトピの首であることが発覚。




その刹那にヒソカの右ストレートが炸裂。




念能力が使えない状態のシャルナークにおもいっきりヒット。


そして、シャルナークとコルトピが公園のブランコに括りつけられて死んでしまうのでした。



あれだけ強かった2人が念能力が使えない状態とはいえ、ヒソカに不意に攻撃されて死亡してしまうとは驚きでしょう。


あまりにも無残な姿に、シャルナークファンの方からは悲鳴が聞こえてきそうですね。


ヒソカが最後に不気味な笑顔で残りは10本と言って幕を閉じます。


一本ずつ蜘蛛の足を引きちぎっていくつもりのようですが、クロロを追い詰めていくのではないでしょうか。

ヒソカvsクロロの戦いも暗黒大陸編まで持ち越されるのかもしれません。


ここから、フェイタン、フィンクス、ノブナガ、シズクといった主要メンバーとの戦いも繰り広げられることも十分考えられるでしょう。

ヒソカ1人でこれだけの人数を殺すとなれば、相当な力が無ければ難しいはずですが、旅団メンバーの能力をおおよそ把握しているはずなので、特段難しくはないでしょう。

358話からのヒソカの逆襲に注目ですね。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ