ハンターハンターネタバレ365話366話確定あらすじ考察!チョウライとベンジャミン死亡のフラグも

前回364話では、ワブル王子のところに3人の王子から連絡が同時に来て、
終わりました。

ベンジャミン、チョウライ、ツベッパそれぞれの王子からの連絡があり、
どの王子の使いとやり取りするかによって、
命運が大きく変わってきます。

一体、どの王子から先に対応するべきか?
頭を悩ませるクラピカですが、意外な人物が登場します。

365話「選択」について見ていきましょう。

Sponsored Link

鳴り響く電話で誰からクラピカは出るのか?


第一王子のベンジャミン、第三王子のチョウライ、第五王子のツベッパ、
それぞれの使いから第十四王子ワブルのところに電話がかかってきます。

ベンジャミンの場合は特に、自分の部下が既に死亡してしまっていることを知っていて、
現時点で敵対関係にあることは明白です。

他の2名もすでに接触を取りたがっており、
念獣についての情報を取りに来ています。

今回の継承戦の中で王子王女達が念を使いこなした人物が、
間違いなく生き残る可能性が高まります。

そのためにも、念獣の情報を取り入れて、
念獣を使いこなし、他の念能力者をいかにして操作するのか、
それがポイントになってきそうです。

第一王子の兵士に対して「待ってもらうように」と使いのシマノに命令するクラピカ。

交渉次第で戦争が勃発しそうな勢いです。

ちなみに、第一王子側に対してすでにクラピカたちに対して、操作系能力者だと認識されているはずです。

警護のビンセントが数秒後に死亡してしまい、かなりの使い手であるにもかかわらず、
秒殺されてしまったのも、操作系能力者によるものだと認識されているでしょう。

また、「自白に持ち込める」とクラピカが発言したことからも、
かなりの操作系の使い手だと匂わせています。

クラピカがその後で電話口に出ます。

すると・・・衝撃の事実が発覚します。

実はシマノが取り次いだ人物というのは第三王子のチョウライだったのです。

シマノがクラピカの顔をじっと見つめています。

この時のシマノの顔が憎らしい表情でなんともいえませんね(笑)

そして、クラピカはエンペラータイムが発動しっぱなしであり、
浮かない表情のクラピカ。

いよいよチョウライとの電話が開始します。

チョウライから、自分が選ばれたのは「意外すぎる」と答えています。

なぜなら、第一王子のベンジャミンが先に出ると思っていたからでしょう。

クラピカ
「ネンに関わることで、おそらく欲しがってるのはその情報でしょう」



そう伝えると、ピンと来るチョウライ。

本題に入る前に、部屋に来るように促すチョウライ。

電話でのやり取りでは盗聴される可能性があり、直接部屋の中で話すことになります。
※余談ですが海外のスパイ同士がものすごく大事な情報を携帯電話で話すことは絶対にないようです。世界中の情報をCIAが集めているというお話は聞いたことあります。

チョウライの方は、自分の安全は確保するために、
自分の部屋に集めているのです。


王族の人間であり、警戒心は怠らず、ただそれでも情報だけはきちんと取りに行くのは
さすがだなと思います。

そして、シマノの狙いはどうしても気になるところでしょう。

オイト(第八王妃)とワブル(第十四王女)の同行の許可が出ます。

要件が済むとすぐにベンジャミンに変わろうとするクラピカ。

しかし、時既に遅く、電話は切られてしまっています。

ツベッパ王子に急いでつなぎ、直属のマオール少尉と話をします。

念獣の情報と引き換えに、休戦協定を結ぶと言って来ますが、
他の王子の直属の護衛もいる中で、
念獣の情報さえ貰えれば後は用済みだというのです。

ただ、それは相手の事情を全く気にしないという条件付きでもあります。

なので、クラピカ達が今から時間をずらして欲しい、
と要望を出しますが、今すぐ情報提供することを望んできます。

実際はベンジャミン(第一王子)の護衛がクラピカ達の部屋の入り口で待ち構えており、
しかも命がけで場を守ろうとしています。

そんな状況の中で、ツベッパ(第五王子)の人間と会うことに対して、
ベンジャミンがどう解釈するかは一目瞭然です。

マオール少尉
「一時間後にこちらから連絡する」
と言い残してその場から去っていきます。

シマノを呼び出すクラピカ。

どうして、ベンジャミンでなく、
チョウライの護衛につないだのか問いただします。

通常の警護なら、上司の命令違反として問いただされてしまうものと思われます。

それでもなお、自分の意志を貫いたのには
明確な意図があったものと思われます。

シマノ
「ベンジャミン様は冷徹なお方であり、
交渉や命乞いで信念を曲げる方ではありません。

直接連絡をしてきたのは、死に様を選ばせるため。

そのために連絡をとってきたのです」


つまり、ベンジャミンとは既に自分たちを殺害することを考えており、
連絡する必要性はないと考えての行動だったのです。

一方で、チョウライに対してはこう考えているようです。

シマノ
「自ら受話器を持ち、直接交渉する程に寛容な人間性であり、
ただ後回しにされたらすぐに電話を切る高慢さも併せ持つ人間です。

殺し合いは避けたいと考えながらも状況によってはそれを厭わない、
優しさと残酷さを併せ持つ人間・・・それがチョウライ様です」


と答えるシマノ。

Sponsored Link


機嫌を損ねずに付き合いさえいれば、
自分たちを狙ってくる可能性は低いものと思われます。

そう考えると、今後はベンジャミンと交渉する余地は一切ないものと思われます。
非常に危険な状態なのは変わりないでしょう。

一つ考えられるのが、ベンジャミンとチョウライが手を組んでいる、
という可能性についてです。

二人がすでに手を組んでいて、油断したところで刺しに来た場合、
クラピカ達第十四王子の立場は一切なってしまいます。

シマノ
「ツベッパ(第五王子)というのは、
自ら電話に出るタイプではなく、現在の国王性については
あまりいい印象がありません。

なので、現国王と折衝して
下位王子達へ恩赦を勝ち取るだけの政治力も併せ持っているかと」

つまり、ツベッパ自身が国王と直接やり取りする、
ということを考えているようです。」

ここまでのシマノの判断を評価するクラピカ。

外に待機している第一王子の兵隊について、
どうしたらいいかシマノに意見を求めます。

シマノいわく、
この中にいれないという選択肢はないと断言します。

国際法に則って、国王正規軍の中には護衛と監視が入る可能性がありそうです。

これを拒否した場合、クラピカやシマノ達が拘束されてしまうのです。

そのため、下手に部屋にいれないという姿勢を貫くのは難しいものと思われます。

クラピカ
「礼を言う。君の助言が必要だ」


そう言うと、今後のことについてもアドバイスを貰えないか、
とお願いします。

お互いの個性や特徴をまずはじめに言う。


ベンジャミン側の護衛に対して
「同行するか?」と伝えるクラピカ。

それを拒否する護衛。
「チョウライの領域内なので、おまかせしよう」

と答えます。

ツベッパの兵から連絡が来た場合、
問題は解決したと伝えるように、
と話を聞きます。

部屋の中を出て、このままチョウライの所へ向かうクラピカとワブル達。

なんとかチョウライの部屋に入ることに成功します。

ネンについては全く教えいたのか、まとめたものか、
場所はどこかにあると思います

また、チョウライの念獣の顔付きが理解不能です。
カタチなど本体に非常にそっくりですが、

クラピカが話し始めます


クラピカ
「今回の燃焼戦でも、ネットビジネスがしんどかった血追う方も一定数いるものと思われます」

そしてここから本題に入ろうとします。

第一王子、第二第く王子の部下が。それぞれ斥候として、
チョウライの配下、二人の王子の護衛がいても、それをきちんと残るのも違う。

この状況の中でもネン、ネンジュウの情報をシェアするべきか、
否かで大きく流れが変わってきそうですね。

ここでネンジュウの話をした場合、
少なくとも4つの王子、王女たちがその情報を知り、
全員で殺し合いが始まるものと思われます。

考え込むチョウライ。

クラピカは一体どうでるのでしょうか?



実際のところ、クラピカは説明を果たすものと思われます。

ここから、念について皆全員知っている人もいらないと思いますので、
その特質も理解してもらいながら、
全員で成長していこうという考えに至ったものと思われます

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ