ハンターハンターネタバレ379話380話確定最新話あらすじ考察感想!ルイーニー死亡のフラグ

378話では、旅団メンバーがヒソカ及び、第一層への侵入を目的に、
それぞれが本格的に動き出しました。

その中で、フィンクス、フェイタン、ノブナガの3人の前に現れた、
頬に傷をもった男、ルイーニー。

彼が3人をおちょくる行動を取ることで、旅団と絡みたいというちょっとした異常者でした。

今回はルイーニーの狙いと、旅団メンバーの真意が明らかになります。

379話「共闘」見ていきましょう。

Sponsored Link

ルイーニーと共犯者・・・!?



前回までのあらすじはこちら。
→378話あらすじ考察

証言者が十二支んのミザイストムに何があったのか供述を始めています。

真犯人が目の前にいて、その後ろには死体が転がっていたというのです。

騒いだら殺す・・・

そう言われて何もできずに佇んでいたようですが、
男の言われた事を忠実に守ろうと証言者の女性はとにかく集中したというのです。

すると、男(ルイーニー)はというと、
・ちょうど20人でやめようと考えていた
・レベル1から始めたから20人殺すとレベル21でキリが悪い

ということを気にしていたようです。

全く人の命をなんとも思っていないカス野郎ではありますが、
証言者は何を言っているのかは分かっていなかったようです。

ルイーニー
「ダメだ、気持ち悪いやるか!」


そういった瞬間に自分の命はここまでだと思ったようですが、
その瞬間に外で絶叫する人の声が聞こえてその場からトイレに逃げ込み、
内側からドアの鍵をかけたのです。

すると、外から兵士達がやってきて、
ドアをこじ開けますが、中には誰も人がいないというのです。

ドアの中は誰も何も通ることはできない状況で、
どうやっても逃げ切ることは念能力を除いては不可能と思われます。

この供述から分かることは、
・犯人は何らかの目的で女性の命を奪わなかったこと
・外からの物音を聞いて、逃げたこと
・ドアの中に入った状態からでも逃げることができたこと

が挙げられます。

ちなみに、この後で女性はルイーニーと同様に、
エイ一家の構成員であることが分かります。
(ミザイストムはこのことを知りません)


ミザイストムに証言していた内容というのは、
全てルイーニーと二人ででっち上げた芝居だったのです。

ウソとホントを混ぜることで、信憑性をもたせつつ、
狙い通りに物事を運ぼうと考えているのです。

それでは、一体どんな狙いがあるのか、
というと、ルイーニーは
・軍側の能力の把握
・能力の開花
・旅団との戦闘

なのです。

つまり、ルイーニーは20人以上を殺したことで、
能力が開花することが第一の目的だったのですが、
そこから軍がどれくらいの捜査力をもっているのか把握したかったのです。

そこから旅団を巻き込んで、彼らと一緒に戦いたいという
ちょっとアレな感覚の持ち主なのです。

旅団にあまりに憧れているため、
彼らの戦闘を観たいのかもしれませんが、
普通に噛ませ犬感が隠せません。

すると、ノブナガ達3人の前に、
再び罠が張り巡らされてます。

Sponsored Link


目の前に血の後が続いていっています。

これは以前に団長が、ヨークシンシティにて
同様の誘いがありましたね。

この時はもっとわかりにくく、同族の人間なら嗅ぎ取れるくらいの量をほのかに残して、
暗殺者が団長を部屋まで誘い込んでいました。

ただ、今回は明らかに分かりやすいくらいの罠なので、
ノブナガ達は犯人の狙いがよくわからないので、不思議に思っています。

これは一体どういうことかというと、
犯人(ルイーニー)がわざと一人を瀕しの状態で逃して、
本人をアジトまで逃げるのを追いかけるためです。

それで仲間がいる場所を特定できるので、
最初から旅団のことは全く眼中にないように見せています。
(わざと挑発している・・・)

死体をみた組員と旅団メンバーが揉めて戦いが激化することが狙いだったようですが、
旅団メンバーが冷静だったために、そのまま戦いにはならず、
犯人(ルイーニー)はシャア一家に一人で向かうことになったのです。

つまり、犯人(ルイーニー)は完全に旅団をハメて、
シャ一家の人間達が殺されるように仕向けていたのです。

それができないと分かれば、さっさと目的達成のために、
次の仕事に向かうのです。

3人がそのままシャ=一家のアジトに潜入します。

が、そこのドアに鍵がかかってますが、
外にはシャ一家の若頭が待ち構えていたのです。

Sponsored Link


シャ一家副組長vsフランクリン


一方で、フランクリンが一人で食事をしています。

単に食事をしているのではなく、
そこにヒソカがやってくるのを待っているのです。

シャ一家の副組長「イットク」が現れて、フランクリンがご飯を食べてる目の前に座ります。

イットク
「あんた、ヒソカを探してるんじゃないか?」

フランクリン
「向こうも旅団を狙っている。
待ってれば向こうから勝手に姿をあらわす」


そう伝えると、納得するのです。

倉庫番の連中から連絡が入り、
2人殺されて4人連れ去られたというのです。

これは一体誰の仕業なのか、ということが大切です。

フランクリンはというと、
「俺たちじゃない」
「喧嘩を売られた場合は別だがな」

と答えます。

この状況を狙った別の人間かもしれないし、
それがヒソカなのか、他の人間の仕業なのか現段階では予想がついていません。

フランクリンに最後に聞きます。

ヒソカ以外でこの船に来た目的はあるのか?

という確信部分です。

盗賊だからもちろん、狙いはあるので、
「喧嘩を売られるまでは買わない。
あくまでヒソカのみ」
と答えると、フランクリンが食べていたステーキにタバコの火を消されます。

ある意味で喧嘩を売られたようにも見えますが、
フランクリンがそこで買ったのかは分かりません。

しょうもない喧嘩の売られ方なら買わないと思われます。

そして、ノブナガ達3人vsシャ一家の方に話は戻ります。

ノブナガ達が話をすると、ある程度は納得するシャ一家若頭。

ただ、どうして犯人が自分たちのアジトの中に来て、
わざわざ倉庫番の組員を運んできたのか疑問が残ります。

その目的というのはアジトの中に入ること、
そのものではないか、とフィンクスは答えます。

つまり、能力の縛りで、その場所に行ったところでないと
移動することができないため、一旦その場に行く必要があるのです。

今回、倉庫番を連れて行ったことで、その場に入ることに成功し、
一旦目的を遂げたのでその場から能力を使って離れました。

これだと全ての辻褄が合いますね。

これは念能力者であれば誰でも気づくようなレベルの話ですが、
フェイタンはあけすけなく、普通に説明します。

これを説明することで、特に深い意図はありませんが、
若頭の方は危険因子だと捕えます。

敵味方関係なく、思ったことを普通に伝える・・・
それによって相手からどう思われようと関係なく、
自分たちが力でねじ伏せることができるのです。

そして、3人に伝えるのが、手を組もうって言ったら乗るか?

という所で今回は終わります。

予想ではこの話に一部は乗って、一部は乗らない、
という条件付きになるのではないでしょうか。

旅団が100%絶対的に服従するとは思えません。

自分たちの都合がいい部分だけは乗って、
それ以外のところは好き勝手にやるに決まってます。

なので、今回の犯人、ルイーニーを捕まえる所までは
お互いに共闘して、それ以降の戦いは一切干渉しない、
という条件付きになるのではないかと予想をしています。

いずれにせよ、ルイーニーはすぐにいなくなるフラグが立ってます。

各マフィアと旅団メンバーがそれぞれついて、
お互いにヒソカを狙ってのバトルになるかもしれません。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ