ワンピースネタバレ818話確定あらすじ感想!ロードポーネグリフとラフテルの関係も

ついに、ワンピースの最大の謎であるラフテルへの到達の仕方が明らかになりました!

818話「くじらの中で」はこれまでのワンピースの中でも最も核心に迫った回になったのは間違いありません。


当サイトではこれほど興奮したご紹介は” 稀 “ではありますが、「くじらの中で」のネタバレあらすじをお伝えしていきましょう!

Sponsored Link

ゾウで何があったか気づく錦えもんや雷ぞう…


817話のあらすじはこちら!

⇒817話のネタバレ!

ルフィがいつものように、目をキラキラさせながら、雷ぞうの忍術に心をときめかせています。


すると、そこで錦えもんや雷ぞうがゾウで一体何があったのか、気づきます。


そこには森が崩れて、川の水がなくなり、それまで存在していた美しい街や人々も一切いなくなったのでした。


雷ぞうは涙を流して、ゾウの国に何があったのか理解するのでした。


ポーネグリフにぐるぐるに縛られていた間に、ジャックがミンク族の人間を殺して、国を破壊したことに気づくのでした…


“ロードポーネグリフ”の存在が明らかに…




ロビンがポーネグリフの解読が完了し、その存在が遂に明らかに…


そこにはなんと”歴史の本文”には海図が描かれ、そこの場所にはなんとラフテルの行き方が導かれるのでした


そのポーネグリフの名前は『ロードポーネグリフ』であり、世界に存在している4つの石なのです。


つまり、この石を4つ見つけることができれば、ラフテルに到着することができるという衝撃の事実も…


最終地点『ラフテル』に辿り着くにはこの4つの石を見つけ、4つの地点の中心地点にラフテルが存在しているのでした。


そして、ロードポーネグリフのうちの2つは四皇カイドウ、四皇ビッグマムの2人が所持しています。


この2人から奪わなければ、絶対にラフテルに到着することはできません。


サンジがビッグマムの下に連れて行かれたのを追いかけるのは、ある意味で”正解”なのだと思います。


四皇と戦うことを想像して、恐怖を感じる麦わらの一味…


しかし、ネコマムシから衝撃の提案もありました。


それが、“魚拓”です。


ポーネグリフの魚拓をこっそりとることで、ロードポーネグリフを奪わなくても、手に入れることができるのでした。

(ただ、ルフィとしては絶対に奪いたいと断固として拒否ですが…)


ウソップは魚拓をとってこっそりラフテルに行って海賊王になってほしいのですが、ルフィとしては絶対に奪いたいと考えているのでした。

そして、気になるのがロビンの身を案じる声も…

Sponsored Link


ロビンに命の危険が及ぶ可能性!?ポーネグリフを読める世界一の人物!




ネコマムシが心配しているのが、ポーネグリフを読めるロビンの存在です。


世界中の海賊が狙っているのはロビンであり、今後もカイドウやビッグマムから狙われることになるのは間違いないと思われます。


ただ、ロビン自身が狙われても全く動じてはいないのでした。


それはルフィ達に過去にエニエスロビーで助けられたからでしょう。(行きたい!)


海軍や政府に狙われてもルフィ達が守ってくれることを安心しているのだと思います。


そして、ポーネグリフの新たな謎についても発覚することになります。


ワノ国の光月一族がポーネグリフを作った!?




光月一族というのはモモの助を始めとして、主君の光月おでんをはじめ、代々ワノ国に影響力を与えてきた一族であることはお伝えしてきました。

しかし、その一族というのは歴史上非常に重要な役割を持っていたのです。


それが、ポーネグリフを作った一族だということです。


石を加工して、壊せない石を作ることで、歴史の真実を語り継ぐ役割を担ってきたのです。


そして、そこに何が書いてあるのかも光月一族の人間は代々受け継がれてきましたが、モモの助は解読することはありませんでした。


その理由というのが、光月おでんが百獣のカイドウとワノ国の将軍の手によって、殺されてしまったからです。


そして、さらに衝撃の事実も…


カイドウの海賊団の名前も百獣海賊団という名前であり、ワノ国に滞在しているというのでした。


つまり、ルフィとカイドウの戦いはワノ国にて行われるということになるのでしょう!


ただでさえ、ワノ国には強い侍が多数いて、熾烈な戦いが予想できそうですが、更にカイドウとも戦うことになれば、凄い展開になりそうですね。


また、カイドウはワノ国の将軍と同名を結んでいるということになるのでしょうか。


そして、さらなる事実も発覚…


それが、ワノ国の大名光月おでんが海賊王ロジャーの一味であり、世界の秘密を知った人間だったということです。


おそらく、ポーネグリフの解読ができた可能性もあり、”世界の秘密”を知ることができたのは間違いないと思われます。


また、ロジャーの一味にいたくらいなので、相当な実力者であったと思われますが、家臣を守るために自ら死を選んだということは衝撃の事実でしょう。


まとめ!


ロジャー一味のみがたどり着いたラフテルですが、そこには世界の全てが明らかになるはずです。


そこには、空白の100年に一体何が起きたのか、世界では一体何が起こったのか明らかになる日が来るのではないでしょうか。


気になるのが、頂上決戦編でロジャーが白ひげに対して「ラフテルへの行き方を教えてやろうか?」と伝えており、白ひげがその後「あの宝を見つけたら」とラフテルに行ったことがあるような描写がありました。


白ひげもラフテルに行ったことがある伏線になっているのかもしれませんね。


光月おでんがどうして死ななければならなかったのか、この謎がいよいよ819話から明らかになるはずです。

ジャックvsルフィの戦いもいよいよ間近になってきたゾウ編ですが、敵がまだまだ多くて、海賊王への道のりも遠いですね…

ルフィが四皇を倒して、ラフテルに到着するにはまだまだ時間がかかりそうですね。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

8 Responses to “ワンピースネタバレ818話確定あらすじ感想!ロードポーネグリフとラフテルの関係も”

  1. nanasi より:

    石工

    フリーメイソンを連想せずにはいられない

    • 管理人 より:

      そうですそうです!
      尾田先生も絶対意識されてますよね。

      面白いなぁと!

  2. Banagher より:

    ゴール・D・ロジャーではなく、ゴール・ディー・ロジャーと表記されています。

    どう解釈しますか?

  3. bianchi より:

    古代文字の読み書き方法がモモに伝承されるおでんが処刑されて途絶えたとのことですが、
    きっと、モモは石の声を聞いて古代文字も解読できるようになりそうですね。

    特殊な見聞色なのかは分かりませんが、きっとモモの家系(香月家)は代々、石の声を聞くことができたのでしょう。

  4. おおお より:

    黒ひげはラフテル行く気無いんでしょうか?
    もう魚拓を揃えているからカイドウ、マムに喧嘩を売る必要が無いのか。
    良かったら考察お願いします!
    あと巷で噂の「3点わかれば行けちゃうじゃん説」を
    尾田先生がどう乗り越えるのかについても考察してもらえるとうれしいです。

  5. けいいち より:

    ラフテルへは平面的には3点あればいけてしまうので、
    立体的な4点と解釈するのが良さそうですね。
    グランドラインの航路上に4点、あるいは三角錐で4点。
    エニエスロビーの穴から地球の中心に向かうのかな?

  6. 栗東の傭兵 より:

    3点でなく4点なのは説明の時に地図がそんな書かれ方してたけど
    他の方の仰られる高さ上下も面白いですが
    平面3点とゾウのように動く場所で特定の時間を示すものかもですね

  7. 名無しのあぱ速さん より:

    一個は月だったりして

    でもそうしたら結構な速さで動いてることになりますね(笑)

コメントを残す

このページの先頭へ