ワンピースネタバレ841話確定あらすじ「東の海」でサンジの母親登場も

840話「鉄仮面」ではサンジの過去が明らかになり、


「失敗作」として親から見捨てられた過去が判明しました。


血統因子から優秀な遺伝子を駆使して、

ジェルマ66を復活させるために生まれたサンジ達ヴィンスモーク家ですが、

サンジのみ「失敗作」の烙印を押され、

「鉄仮面」をつけられて隔離されてしまいます。



そこからサンジがどうして東の海に到着したのか、

詳細な過去が明らかになります!



841話「”東の海”へ」のあらすじを見ていきましょう。

Sponsored Link

牢屋に隔離されたサンジ

shirohige

サンジが半年以上もの間に地下に隔離されています。

豪華な食事が作られており、

贅沢な食事が誰のために作られているのかは一切明らかにされていません。


サンジの存在は消されている状態になっています。


サンジが地下で叫び声をあげたり、

助けを求めても誰も助けに来てくれません。


サンジも孤独の時間をずっと過ごしていたことがわかります。

(後述しますが、麦わらの一味は”孤独”というのがテーマになっています。)


一方で、めまぐるしい成長を遂げるヴィンスモーク家の兄弟達。


父親からも「最愛の子達よ!!」と抱き寄せます。


親からしたら自分の思い通りに成果を出して、

日々強くなっていることで夢の実現に近づいていることが嬉しいのだと思います。


逆に地下に閉じ込められたサンジはというと、

一人孤独で食事をしていて、コックになるという夢を思い描いています。


そして、サンジは病棟に行ったことを思い出します。


シケが酷く、ジェルマ66の船の最後尾にありますが、

サンジは雨でひどい中でも頑張って歩いていきます。


途中で犬に襲われ、傷だらけになりますが、

“母親”に会いに行きます。


病気のようですが、サンジが作ったまずそうなお弁当を

顔に一切出さずに全部食べきってしまいます。

oisii

サンジはその顔を見て、安心しますが、その直後には王妃が亡くなってしまいます。

sibou
おそらく、サンジが作った弁当の影響ですが、

サンジはそのことを後悔しているのかもしれません。



料理の本を読んで勉強しようと思ったのも、

母親にちゃんとした料理を作ってあげられなかったのを悔やんで、

コックになったのかもしれません。



料理の本を調べていた際に、「オールブルー」の記載があり、

サンジはなぜか気になります。


(オールブルーがサンジが目指す、グランドライン、四つの海の魚が全て揃う

夢のような海のことを指します)



サンジが女性好きなのも、母親の影を追いかけていること、

オールブルーを目指しているのも、母親にとにかく美味しい料理を食べさせたい、

という過去の克服からきているのかもしれません。



そして、兄弟達に自分が隔離されていることが見つかります。



サンジは死んだことにされているようですが、

牢屋に閉じ込められているのを発見して、

イチジ、ニジ、ヨンジの3人はいじめにかかります。


サンジがジェルマから抜け出したいと思うきっかけになったのだと思われます。


ただ、一人味方になってくれているのがレイジュです。



「かわいそう」「悲しい」という感情が他の兄弟はなく、

レイジュ一人はそこが違うとのこと。



血統因子についてはまだ詳細は分かりませんが、

サンジ一人だけ体の機能が劣っているのには何か深い理由があるようにも思われます。


その際、レイジュからレッドラインを登り、

ジェルマ66が東の海に戦争しにいくことが明らかになります。



東の海にいくのに、レッドラインを登っており、

サンジが北の海から東の海に来れた理由がわかりました。


そんな中でも引き続き、サンジは兄弟達からのいじめも受け続け、

「コックになりたい」という夢をレイジュにも方ります。



サンジもそこで抜け出せば二度と父親「ジャッジ」に会わずにすむので、

レイジュに逃げ出すことを持ち出します。



レイジュも涙ながらに牢屋の鉄格子を力ずくで曲げて、

サンジの脱出に協力します。

(ここでも女性の応援が必要だということになります)


サンジが父親の部屋に行き、鉄仮面の鍵を手に入れますが、

父親から衝撃の一言が・・・


ジャッジ

「サンジか・・・

なぜお前がここにいる」


サンジ

「おれはこの国を出て行くんだ!邪魔するな」


ジャッジ

「地下にいる間に随分と口が悪くなったな

お前のようなただのガキが一人で生きていけるようなやわな海などない

死ぬぞ?」


サンジ

「それがなんだ!止めたって無駄だ」


ジャッジ

「助かるよ。

私も人の子なんだな。こんな役立たずでも我が息子に直接手をかけることはできなかった。

自分の意志で消えてくれるか。

引き止めやしない。鉄仮面の鍵はそのまま持っていけ

私からの最後の頼みを聞いてくれないか、サンジ。

私がお前の父親であることは絶対に人前では口に出さないでくれ

誰にも知られたくない汚点なのだ・・・

わかるよな?」


衝撃の言葉を聞いて、泣き崩れるサンジ。



親からこのような暴言を吐かれたらショックを受けない子供はいないと思います。



サンジは泣き崩れながらも、レイジュの指示通りに近くにある船に乗ります。

(おそらく、その船がサンジがコック見習いとして手伝っていた船だと思われます。)



そして、サンジはレイジュからここに戻ってくるのに、

「海は広い。いつか必ず優しい人たちに会える」

「振り返ってはいけない」

と言われて、その場から立ち去ります。



過去の回想から戻り、サンジは兄弟3人達にボコボコにされ、

レイジュからどうして戻ってきたのか、問われます。

sanji_bokoboko
どうしてオーナーゼフ一人の命と引き換えに、

二度と戻って帰宅もない場所にきたのか、

不思議に思っているのだと思われます。


ルフィとクラッカーの誘惑の森での戦いも繰り広げられますが、

その戦闘は11時間以上にも及び、



ルフィが自分の限界を超えて、

クラッカーのビスケット兵士達を全て食べ尽くそうとしています。


lufy_sanji

そして、ルフィは「全部食い尽くしてやる!」

と宣言して841話は終わります。

Sponsored Link


841話からの考察!



サンジが血統因子から劣っているとして、

牢屋に隔離されてしまってます。



ただ、管理人の予想ではサンジの本来の力はまだ眠ったままだと思われます。



サンジも驚異的な生命力を持っていて、

ヨンジを倒している描写もあったことからも、


血統因子が後天的に発動している可能性もあると思います。



子育ての仕方は長期的にしなければ、

早めに見限ってしまうと子供の将来を奪ってしまうということを暗に示しているのだと思います。



また、父親のジャッジが子供達に対して、

戦闘力を高めている姿を見て、


褒めていることからも、間違った子育てをしていることを裏付けています。


子供を自分の支配下に置いて、

自分に都合のいいいように育てようとして、

ある意味、「洗脳教育」です。



またサンジの過去編は麦わらの一味のメンバーの過去と

共通点がたくさんあります。



サンジが牢屋で孤独にいるというのはナミがアーロン編で部屋で一人でいたり、

ブルックが100年近く一人で船にいた描写を想起させました。



サンジが母親にまずい弁当を食べさせてしまって、

体を壊してしまい、死なせてしまったのはチョッパーがヒルルクに毒キノコを食べさせたエピソードと似ています。


サンジが誰からも信頼されずに、戦争の間に島から逃げ出そうとする描写も

ロビンがオハラから抜け出したシーンと酷似してました。


他にもまだまだあると思いますが、

サンジの過去というのは麦わらの一味の過去の集大成にも見えますね。


サンジをビッグマムがいるホールケーキアイランドから無事に救出することが、

麦わらの一味が次のステージにいくための試練になっていると思われます。


親からの影響を乗り越える、というかなり重いテーマではありますが、

そこをサンジが乗り越えていくというのは現実問題としてヒントになる部分はたくさんあるはずです。

サンジと父親ジャッジとの関係性に注目して参りましょう!

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ