ワンピースネタバレ859話860話確定あらすじ考察!ビッグマム死亡とマザーカルメルの正体とは?

858話では、カポネと麦わらの一味とで、
四皇ビッグマムを倒すべく、会議をしていました。

これからのワンピース新世界編では、
チーム戦が鍵を握ると思われますが、
いよいよカポネ達とも協力を経て、
ビッグマムと対峙することになると思われます。

しかも、カポネによれば、ビッグマムを倒すべく、
かなり具体的な施策があるとのこと・・・

これって、今までのワンピースの展開からすれば、
“失敗フラグ”かなと思われますが、果たしてその真相は・・・

859話「四皇暗殺作戦」ネタバレ見ていきましょう。

Sponsored Link

「会議」の続き:ビッグマム暗殺計画の真相は?

top

前回までのあらすじはこちら。
→858話「会議」のあらすじと考察はこちら

ビッグマムを本当に暗殺できるのか、
訝しんでいるサンジ。

鉄の風船と言われるように、
全く攻撃しても無傷で跳ね返されているような人物に、
どうやって攻撃することができるのか、疑問に思ってるのでしょう。

そもそも、お茶会の舞台でどうしてビッグマムを暗殺するのか、
素朴な疑問を持つ一味。
kaigi

確かに、わざわざたくさんの敵がいる前で、
ビッグマム暗殺をする理由はありません。

暗殺できるなら不意打ちでの攻撃が一番でしょう。

しかし、そこにはカポネが周到に計画していた中での
ある狙いがあったのでした。

それが、”ある条件下”のもとであれば
ビッグマムを打ち取れるという、確信があるからなのでした。

たった5秒・・・

「5秒の時間があればビッグマムの首は取れる」
というカポネの狙いがあるのです。
kapone

しかし、もし失敗すれば・・・
将星はじめとする、ビッグマムの幹部はもちろん、
強者たちもいますし、
何よりビッグマム本人が黙っていません。

勝ち目は100%ありません。
勝てる確率はゼロです。

そもそも、この計画はシーザーを捕獲したときから始まっており、
シーザーの力を利用するからこそ、
ビッグマムの暗殺が可能になるというのです。

シーザーといえば、ガスガスの実の能力者であり、
ガスを使ってルフィ達を窒息死させたりもしてました。

カポネの狙いは、シーザー(ガスティーノ)の猛毒ガス弾、
“KXランチャー”を使って、ビッグマムに攻撃するというのです。
kx

これは有機リン系の毒ガスを使って、
直接体内に猛毒を注入する殺戮兵器です。

神をも恐れぬ悪の殺戮兵器であり、
ビッグマムとも言え、ひとたまりもないものと思われます。

とは言え、普通に使ってもビッグマムの強靭な肉体に、
その武器は通用しません。

というか、覇王色の覇気の使い手であり、
普通に対応しては傷一つつけられないでしょう。

そこで、カポネはどうするのかというと、
5秒の隙をお茶会でこそ生み出すというのです。

「茶会」にて、ビッグマムが傷を負った瞬間が過去にあったと、
カポネは言っています。
tyakai

それが、一年以上前にマザーカルメルの写真事件で、
ビッグマムが怪我を負ったというのです。

それまで、どんなに船を壊されたり、
砲弾を浴びても傷一つ負わなかったビッグマムですが、
そこから鉄の風船という形容詞もピッタリだとカポネはいいます。

ではどんなビッグマムがどうして怪我を負ったのかというと、
それが、お茶会にてある席においてあるマザーカルメルの写真だというのです。

これがビッグマム唯一の弱点なのです。
karumeru:jpg

どうやら、ビッグマムの恩人でもあり、
謎の人物ですが、その詳細は不明・・・

全く謎に包まれています。

管理人的にはマザーテレサ的な人物のようにも思えますが、
ビッグマムはよほど想い入れがあるのでしょうか、
その写真が倒れただけで発狂して覇王色の覇気を発動させました。
batabata

その直後に膝をついて血を流していたことから、
抵抗力を失い、初めて血を流したというのです。

そこに漬け込んで、茶会の会場で、
その写真をなんと真っ二つにわろうと考えているのです。

そうすれば、KXランチャーは最大効果を発揮して、
ビッグマム暗殺のニュースが世界中を駆け巡るとカポネは目論んでいるのです。
suizyaku

しかし、この作戦には盲点(スコトーマ)もあります。

それが、ルフィ達も全員ビッグマムが発するであろう奇声を聞いて、
動けなくなるのではないか、という懸念です。

ただ、それも対策がバッチリ考えられてます。

それが”耳栓”です。(単純な考えですね笑)

ビッグマムが発狂している間に3秒間で、会場中のビッグマム海賊団の人間に狙われるため、
その囮としてルフィに買ってもらおうとカポネは提案します。

ルフィに危険な目にあいますが、ルフィは「いいよ!」と二つ返事。

それよりも面白い登場の仕方を考えたというのです。

つまり、ルフィの悪巧みが考えているのです。
むしろルフィがこういうノリのときは危険な香りがしますね・・・

サンジがプリンからの銃声を交わす、と言っており、
その合図で、

・マザーカルメルの写真を真っ二つにする
・ルフィが登場する
・ルフィ一味は「救出」(サンジ、ヴィンスモーク家)
・カポネ達は暗殺(ビッグマムにKXランチャー)


という流れです。
脱出用の鏡を持っており、ブリュレを連れて、
全員がその鏡に飛び乗って逃げるという流れです。

これがビッグマム暗殺作戦の全貌です。

その後は島の外に出るべく、全員で最短距離で脱出を目指し、
縄張りの外まで走りきります。

武運を祈る一同。
buun

果たしてこの作戦がうまくいくのか、それは未知数ではあります。

ただ、理論上はビッグマムを倒すことが不可能ではないと思われますが、
必ずしも成功するとはどうしても思えません。。

何かいやな流れが感じますね。

その一番の要因が、ペコムズがアラディン達のもとから脱出したことでしょう。

ペコムズが脱出したことで、ビッグマムに情報が漏れている可能性が高いです。
例えば、この会議の内容をペコムズも盗み聞きしていて、
ビッグマムに伝えてしまっているかもしれません。

となれば、ルフィ達はむしろ袋のネズミで、
当日は作戦決行の瞬間にサンジがむしろ捕らえられてしまう、
という展開も考えられそうですね。

トットランドでのやり取り

omedeto

サンジとプリンの結婚式を前に、
お茶会での参加者の情報が行き交っています。

その一人が、ルフェルド財閥の一族が参加とのことで、
かなり世界的に影響力がある人間が出揃って来ているものと思われます。

スプレムチーズとビールで祝おうという人や、
すでにクラッカーを鳴らしてお祝いしている人もいてと、
島中でプリンの結婚を祝福しているものと思われます。
zyunbi:jpg

一方で、ジェルマ王国ではサンジの結婚式があり、
送迎の兵たちすらも入場が許されない状況です。

かなりの厳戒態勢であり、認められた人間しか入れず、
参列も難しい状況であり、ヴィンスモーク家の兵隊の中には
それに対して疑問を持っているものはほぼいません。
(サンジとレイジュを覗いては・・・)

そして、そこにはレイジュの姿はありません。


別室にて準備を済ませた、ということで
レイジュは部屋にいない、という情報もあり、
何か狙いを持っているのではないでしょうか。

そして、ビッグマムもようやく目を覚ましますが、
ガイコツ(ブルックの偽物)が死亡していると勘違いします・・・

が、ゼウスとプロメテウスが「そんなことより今日はお茶会と〜」と乗せて、
「ウエディングケーキ!」と大きい声を出して上機嫌に!

(さすがビッグマムのことをよくわかっていますね。)

wedding:jpg

おそらく、ビッグマムにはない視点で、
お茶会のときも何かアドバイスをしてくる可能性もあるでしょう。

ルフィ達の暗殺作戦も何か止められる可能性もあるかもしれません。

そして、お茶会に入港した情報として
「モルガンズ」が来たとのこと・・・

お茶会の面々がやってきて、
いよいよ地獄のお茶会が始まります。

結婚式も始まろうとしていますが、
プリンがドレスを着て一人でたそがれています。

サンジを殺して・・・
ウェディングドレスに血がつくのも嫌・・・
記憶を消すのも面倒くさい・・・


プリンの裏の顔が見えた瞬間でもありました。

地獄のお茶会が開始しようとしてますが、
ニトロとラビやんの二人もプリンの話を見いていますが、
この構図はビッグマムとも似ていますね。

プリンがこの後、何をするのか気になるところでしょう。

mendokuse:jpg

次回以降ではお茶会では、ビッグマムの命を狙って、
マザー・カルメルの写真を真っ二つにわろうと作戦が練られていますが、
これを結構するべく、お茶会がスタートしようとしてます。

不確定な要素として、
・ペコムズの乱入
・ビッグマムが四皇暗殺作戦に気づくか?
・レイジュは一体何を考えているのか?
・ブリュレが逃げ出すフラグか?
・ルフィの面白い登場の仕方とは?
・マザーカルメルとビッグマムの過去は?
・ローラが登場するのか否か?

など、物語の鍵を握るものがまだまだあります。

これらすべてが回収されるのかはわかりませんが、
結論から言うと、ビッグマムの真の能力が明らかになるまでは
絶対に死亡するわけがありません。

なぜなら、物語として面白くないから、です。

なので、ビッグマムの暗殺は結果としては何らかの理由で
「死亡しない」という結果になるとは思いますが、
一体どのような結論になるのかは注目です!

管理人が一番注目しているのが、
ローラの再登場です。

タイミング的に、お茶会に参加するのが
ローラがやってくるベストタイミングだと思いますが、
ローラがやってきてもビッグマムに殺される可能性もあります。

怒涛の展開になってきたホールケーキアイランド編ですが、
この後の展開を刮目して参りましょう。

→860話のあらすじと考察はこちら

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ