トラファルガー・ローの13年前ケジメとは?あの人の本懐について

row_kezime 

ドレスローザ編に突入して、

色々なところで戦いが始まってしまって、

正直話についていけないって方も

いるのではないでしょうか(笑)


私個人としては、色々な伏線が

つながっていって非常に興味深いので、

よくわからないという方はワンピースの

単行本を読み直してみてください。


さて、トラファルガー・ローと

ドフラミンゴとの戦いの中で、

ローのセリフ「13年前のケジメ」とは

何なのか話題になっていますね。


現在、ローは26歳であり、13年前というと、

13歳ということになりますが、

その時にドフラミンゴと何かしらの

いざこざがあったのかなあと。


13年前に2人の間に何があったの

でしょうか?

Sponsored Link

13年前のケジメとは?

row_13-horz 


さて、ドレスローザ編に入り、

ローの本当の目的も明らかになりました。



まず、ルフィ達と同名を組んだのは、

ドフラミンゴを倒すために、

SMILEの製造工場を壊すこと
であり、

これによりカイドウによって

ドフラミンゴが消されることが

最大の目的
ということでした。



その前に、あわよくば自分と刺し違えてでも、

ドフラミンゴを倒すことでも目的が達成でき、

これにより、13年前のケジメが

つけられるということのようです。



ケジメをつけるということは、

「過ちに対して責任を取る」

ということであり、ローは「あの人」を

ドフラミンゴから守ることが

できなかったことを自身の「過ち」として、

その責任を果たすために張本人の

ドフラミンゴを倒すことで、

その責任を果たそうとしているのでは

ないでしょうか。


詳細は分かっていませんが、例えば

ドフラミンゴが「あの人」を裏切る形で、

死に追いやったということも考えられますね。



真相が分かり次第追記していきますので、

ぜひお楽しみに。

Sponsored Link

あの人の本懐とは?


私個人としてはローがどういう過去を

送ってきたのか、非常に気になっている

のですが、まだまだ謎が明らかに

なっていません。


これだけ人気も出ているので、

ローが今後の展開に非常に

重要な役割を果たすのは

間違いないでしょうか。


さて、以前にもローが言っていた

「あの人」とは誰なのか、

こちらの記事でも話題にしましたね。

⇒ローの「あの人」とは?


あの人というのは、まだ出てきていない

人物なのかなあと予想していますが、

ローとドフラミンゴにとって

非常に重要な人物なのは間違いないでしょう。



あの人の本懐というのがネット上では、

管理人が予想するに「天竜人を倒す」

ということなのではと言われており、

こちらの真相は定かではありませんが、

ドフラミンゴが元天竜人であることを

考えると、あながち的外れでも

ないのかなあと思います。

⇒ドフラミンゴの正体


この他にも本懐の噂については、

ネット上では「海賊王になること」、

「ドレスローザを平和にすること」、

などあげられましたが、

天竜人の情報が続いていることから、

天竜人を倒すというのが

一番しっくりときそうかなあと思いますね。



なぜ天竜人を倒すということが

一番有力なのかというと、

ワンピースの世界では


「天竜人・世界政府 vs Dの一族」


という構図がところどころで

出てきているからだということに

お気づきでしょうか?



トラファルガー・ローはルフィの

味方になっているので、

あの人+ローはDの一族側、

ドフラミンゴは天竜人・世界政府側という

構図になっているのです。



これは私が気づいた関係図なので、

これからこの構図をぜひとも

注目して見ていくと面白いと思います。



真相が分かり次第、追記していきますので、

引き続きドレスローザ編をお楽しみに。

追記:本懐の正体が分かりました


コラソンの「本懐」が何なのかが

判明しました。


それは、「ドレスローザを救う」ことです。


コラソンこと、ロシナンテが8歳の時に

家出をして、ドフラミンゴの元に

戻ってきた全てはドレスローザの国を

救うためということでした。


どうして、ドレスローザを救いたいのかは

不明ですが、ひょっとすればリク王と

何か関係があったのかもしれません。


引き続き、ドレスローザ編の方を

楽しみにして頂ければと思います。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ