ラフテルの一つ手前の島は魔法の島!?空白の100年が明かされる!?

gariba-_top 

グランドラインの最終地点である、ラフテルが

かなり謎に包まれていて、物語の鍵を握って

いることが知られています。


その中でも、ラフテルに行くまでの

一つ手前の島が、ラフテルに行くために

重要になってくる
のではないでしょうか。


この島からのログポースをたどることが

できれば、ラフテルへつくこともできるので

この一つ手前の島の攻略が非常に重要に

なってきますね。

Sponsored Link

ラフテルの1つ手前の島はどんな島!?

raftl_doko 


以前にもラフテルはガリバー旅行記を

モデルにしているということはこちらでも

話題にしてきました。

⇒ワンピースはガリバー旅行記


こちらでは一つ手前の島がワノ国だという

ことはお伝えしてきました。


こちらではガリバーが最後の島ラピュータに

たどり着く一つ手前の島がジパングという

ことから、ワノ国説を唱えてきましたが、

よくよくみれみると、ガリバー旅行記では

小さな島「グラブダブドリッブ」に

訪れていました。



つまり、ワノ国⇒小さな島⇒ラフテル、

という感じで、1つ島が挟むのかも

しれませんね。


Sponsored Link

小さな島は魔法使いの島!?

mahou 


ガリバー旅行記の「グラブダブドリッブ」

という島は、魔法使いが住んでいる島との

ことで、降霊術を使用して過去に亡くなった

人物を呼び出すことができるようでした。


ガリバーはこの島で、過去の偉人である

シーザーや、ブルータスと会話をして

いました。


こちらがシーザー。
si-za- 


こちらがブルータス。
buru-tasu 


そこで、彼らから伝えられた事実というのは

『歴史は修正されている』という衝撃的な内容で

『国家のために尽くした人物は歴史に名を残して

おらず、残っている人物は悪人とされるなどの

修正がなされている』
ということでした。


これってワンピースの世界でも同じことが

言われているのかなあと思います。


かつて栄えた巨大な王国を滅ぼしてしまい、

今の世界政府と天竜人達が自分たちの都合の

いいように歴史を改竄してきました。

⇒巨大な王国はドーン島


この事からも尾田先生はガリバー旅行記を

基にしているのがお分かり頂けるでしょう。


ワンピースではこの小さな島にたどり着くと、

この魔法使いにあたるような人物が

描かれるのかもしれませんね。



ちなみに、この小さな島というのは

ワノ国の後にひとつ進めばたどり着けるので、

ワノ国の攻略が非常に重要になるのかなあと

予想されています。


この赤丸のところが『小さな島』。
wanokuni 


この小さな島の一つ手前がラフテルだと

した場合に、他にも2つのルートがあると

思われますが、ワノ国しかルートが

ないとすれば、カイドウや革命軍、

ドフラミンゴがワノ国の攻略を企んで

いるのかもしれません。


⇒ドラゴンがワノ国編で登場


おそらく、このワノ国から小さな島に行って、

ラフテルにたどりついたのは、歴史上は

海賊王ゴールドロジャー一味のみなので、

かなり攻略が難しいのかもしれません。


今後の展開が楽しみになってくる新世界編

ですが、まだまだ物語は続くと思われますので

ぜひ楽しみにしましょう。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ