ローの白い町の正体とは!?コラソンの心臓を移植して生かされた?

shiroimati 

ドレスローザの過去編の一部で、

ローの幼少期が描かれました。


その中の発言で、『白い町』という発言があり

これは一体何なのか話題になっていますね。


この白い町がどんな街であるのか、

またドフラミンゴの実の弟であるコラソンと

ローとの関係について調べてみました。

Sponsored Link

ローが言ってた『白い町』ってどんな町!?

ro-_dflaming 


ローの幼少期はかなりボンボン育ちに

見える一方で、ドフラミンゴの元に

訪れた時は目が少し血走ってるようにも

見え、とても正気の様子にはみえません。


おそらく、白い町と何か関係があるのでは

ないでしょうか?



まず、白い町とはどんな町なのか、

考察をしてみましょう。


白い町とは『白い町ヒロシマ』から!?

siroimati 


白い町というワードを見ると、かつて

第二次世界大戦のヒロシマを描いた、

『白い町ヒロシマ』という作品があります。


これは、原爆が落とされたヒロシマの様子が

描かれた作品で、かなり衝撃を与えました。


文字通り、島が白いということから、

『白い町』ということなのでしょうが、

これから推測するに、この作品を尾田先生が

読んだのだとすれば、ローが育った町も

文字通り町の景色が『白』であることが

予想できるでしょう。



また、ドフラミンゴが頂上決戦のときに

以下のように発言していましたね。
dflaming 


この発言はドフラミンゴ自身と、

トラファルガー・ローの事を

指して言っていた
のではないでしょうか。


つまり、二人とも『”平和”を知らない子供』

だったということではないかと推測できます。

Sponsored Link

白い町は戦争の跡地!?


トラファルガー・ローは北の海(ノースブルー)

出身で、そこに”白い町”があったと予想できます。


よって、白い町というのは、北の海にある

とも予想できますね。


また、ロー自身も戦争を体験した子供なのだと

すれば、その白い町は“戦争の跡地”という

ことも推測できますね。


ちなみに、北の海出身といえば、麦わらの

一味のサンジの出身地でもありますね。

sanji_syushin 


サンジといえば、幼少期の頃に気づけば

東の海でコックを目指していましたが、

何か北の海から出ていかなければならない

理由があったのかもしれません。


例えば、『革命軍と北の海の国とで大掛かりな

戦争を起こしてしまった』
ということも

考えられるでしょう。


白い町とは政府の実験場!?



2つ目に、白い町とは政府が兵器を使って

実験していたという説。



シーザーがパンクハザードでシノクニを

作っていたように、白い町でも同様の実験が

行われていたということです。


これにより、大掛かりな失敗が起きてしまい、

住民の人体にも影響が出てしまったという

可能性も考えられるでしょう。


コラソンとローの関係は!?

inotikureta 


白い町がどのような町なのかは分かり次第、

追記していきますが、ローがドフラミンゴの

元に来た時に、寿命が短そうな印象も

ありました。


おそらく、何かしらの理由で病気にかかった

ということだと思われます。

⇒コラソンが0巻に登場


ここで、1つネット上の噂で流れているのが、

『ローの心臓にはコラソンの心臓を移植されて

ローが生き延びた』
という説です。


コラソンという言葉はスペイン語“corazon”で、

心臓、心、勇気、などを意味します。


ここで、心臓という意味を使うとすれば、

ドフラミンゴによって、コラソンの命が

奪われた後に、ローにコラソンの心臓が

移植された
ということも考えられますね。


ちなみに、ドフラミンゴの幹部だった

ローに『ハート』の席を用意していたと

ありましたので、コラソンが元々ハートの

最高幹部だったということでしょう。


ローは元々命を捨てるつもりでドレスローザに

来たつもりが、コラソンの手によって、

文字通り『命を与えられた』ということでしょう。


ドレスローザ編が全て終わった後に、

ドフラミンゴやローの過去編が描かれる

ことが予想できますが、おそらく今後の

新世界編や最終章に向けての伏線が

張り巡らされているはずです。


ワンピース読者の皆さんも、

注意深く展開も見守って参りましょう!


追記:白い町がフレバンスと発覚


ローの出身地、白い町がフレバンスという

名前であることが発覚しました。



フレバンスという町は、地中に珀鉛が

埋まっており、体の中にどんどんと

蝕まれていく病が流行っていました。


体がどんどんと蝕まれていって、

白い体になることから、「白い町」

言われていたようですね。


おそらく、ローもこの町にいるために

寿命が1年半程度になっていますが、

オペオペの実を食べることで、自ら

治療したのかもしれません。


ローとドフラミンゴの過去から

今後の物語につながる重要な話が

描かれていきそうな予感ですね。


今後の展開に期待しましょう!

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ