ワンピースのグラディウスの能力噂まとめ!超サイヤ人の理由は?

guradhius_top 


ワンピースの作品の中で、スーパーサイヤ人と

瓜二つのキャラクターが登場してきたというので、

非常にびっくりしたという人もいるのでは

ないでしょうか。


以前にもお話しましたが、尾田先生は

鳥山明先生の大ファン
だったので、

スーパーサイヤ人を描くというのも

なんとなくわかります(笑)


ドフラミンゴの部下であり、登場してから

わりと「かっこいい」と噂になっている

グラディウスというキャラクターについて、

能力がなんなのか予想をしています。


怒ると髪の毛が爆発してしまいそうな能力で、

一体何の能力なのか非常に気になりますね。

Sponsored Link

(1)ボムボムの実のような能力?

bombomnomi 

さて、今回私がグラディウスという

キャラクターについて、予想をしていますが、

その前にこのグラディウスという

名前が気になりませんか?


20年ほど前にファミコンゲームで流行った

シューティングゲームのグラディウスという

のを知っている方もいるかもしれません。


私が思うに、尾田先生はこの時代のゲームが

結構好きなのではないかなあと思います。


七武海のキャラクターもロマンシングサガの

キャラをモデルにしていますし、間違いなく

尾田先生はファミコンゲームをやりまくって

いたのではないでしょうか。


さて、本編の予想に戻りますが、ベビー5が

グラディウスに対して、「爆発しないで!」

という言葉を使っていたことから、

グラディウスは少なくとも何からしら

爆発させる能力を持ってるのでしょう。



リトルガーデン編で登場したMr.5の能力で

「ボムボムの実」という能力がありましたね。



爆発系の能力者といえば、この能力なので、

グラディウスもこの能力もこれに近いのかも

しれません。

Sponsored Link

(2)HUNTERXHUNTERのフェイタンの能力?

feitan_noryoku 


尾田先生はHUNTERXHUNTERやジョジョの

奇妙な冒険を愛読していると思われ、

似たような能力者が数多く登場してきてます。



今回のグラディウスの能力者でも、

フェイタンというキャラクターがそれに

近いのかなあと。



フェイタンは、相手から受けた攻撃を怒りに

変換して熱を発する、という能力。



ドラゴンボールのスーパーサイヤ人も怒りを

エネルギーに変えて、強くなりましたので、

このフェイタンの能力が一番考えられるかな

あと思います。



つまり、グラディウスも怒りを受けた場合は、

その分を相手に対して爆発させて攻撃する

能力
ということでしょうか。



ちなみに、予想ですが能力の名前は

「オコオコの実」とかかなあと(笑)


見た目が超サイヤ人の理由は?

gradius_super 


最初にもお話しましたが、見た目が

スーパーサイヤ人なのは、やはり尾田先生が

ドラゴンボールが大好きだからかなあと。


以前にもモモの助の考察でも

ドラゴンボールについて話題にしましたね。

⇒モモの助についての記事はこちら



どうして超サイヤ人なのかは、やはり

ドラゴンボールを意識してのことであり、

モモの助のように何か鍵となる

重要なキャラクターなのかもしれません。


例えばルフィVSドフラミンゴの戦いの中で、

戦局を大きく左右するなど。


これらのことからグラディウスは、

今後の展開に非常に重要な役割を

果たすかもしれません。


グラディウスがどう関わってくるのか、

ぜひ注目してみましょう。


【追記】パムパムの実であることが発覚

gradius_pamupamu 

グラディウスの能力がパムパムの実の能力者で

あることが発覚しました。


物を破裂させることができる能力とのことで、

『かなりチート技じゃん!?』と一部の読者から

『グラディウス最強説』が飛び交ってますね(笑)


もちろん、相手に触れなければいけないなど

条件はあるものの、どんなものでも

破裂させる事ができれば、相手を捉えれば

どんな人間でも倒すことができるので、

最強の能力かもしれませんね。


ドフラミンゴの仲間はかなり強い仲間も

たくさんいるようなので、今後の展開も

楽しみにしつつ、分かり次第追記します。

⇒ディアマンテの能力に関する記事はこちら

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ