ワンピースのゲッコーモリアのその後は?目撃情報やエースの体も?

moria_top 

人気漫画ワンピースの中でも人気キャラである

元王下七武海ゲッコーモリアについて、

考察してみました。


ゲッコー・モリアは懸賞金3億2000万ベリーで、

かなりの実力者でしたが、頂上戦争編で

ドフラミンゴに倒されてからあっけなく、

登場がとまってしまいました。


ゲッコーモリアがその後どうなったのか、

今後麦わらの一味の前にどういう形で

登場するのか、考察してみました。

Sponsored Link

ゲッコーモリアが目撃情報も?

moria_sinsekai 


ゲッコーモリアとは元王下七武海の海賊で、

カゲカゲの実の能力者で、

死体に切り取った影を入れることで、

ゾンビとして自分のしもべとして、

戦わせることが可能です。


かつて「スリラーバーク編」で

魔の三角地帯で戦ったときも、

侍リョーマにブルックの影や、

オーズに対してルフィの影を

入れることで、強い部下を何人も

作っていました。


ある意味、切り取った影と、

与える肉体が強いものであれば、

かなり強い部下を作ることが

可能になります。


この能力がある種、ルフィ達に対して、

非常に恐ろしいことを企んでいるのでは?

という噂がありますね。


ゲッコー・モリアはその後は

どうなっているのでしょうか。


2012年6月に開催されたワンピース展にて、

ゲッコー・モリアの手配書が展示されており、

『CASE CLOSED』となり、

解決済みという形になっています。


しかし、ドフラミンゴがモリアを

追い詰めたときは、『急にふっといなくなった』

と証言があることから、どこかに潜んでいる

可能性もありますね。


おそらく、カゲカゲの実の能力を

使ったと思われます。


また、モリアのその後として、

週刊ジャンプの付録、

『ニューワールドタイムズ』では、

『さらに昨今、あのゲッコー・モリアが

生存していた情報も浮上』


とあります。


やはり、モリアはどこかに潜んでいるのは

間違いないということでしょう。


ちなみに、ワンピースでは本編以外でも、

登場人物の情報を小出しにだしていくのも、

尾田栄一郎先生の遊びゴコロなのでしょうね。

Sponsored Link

『エース』の体を奪う?

ace_haka 

そこで、今回モリアが主人公ルフィの兄である、

エースの体を暴いて、自分のものにしているのでは?

と噂されています。


つまり、エースの体を奪って、自分のものにしている

ということです。


これはルフィにとっては非常に屈辱的な

ことなのは間違いありません。


自分の目の前で死んだエースが、

再び自分の敵として現れる

ということです。


また、モリアは白ひげの死体も

自分のものにしている可能性もあります。


どのような影を入れるのかは

わかりませんが、白ひげ、エースという

偉大な人物の死を描いたことから、

何らかの展開がある可能性も

おおいにあると思います。


ルフィにとって一番トラウマである

エースの死を本当の意味で乗り越える

象徴的なシーンが描かれる日が

やってくるのかもしれません。



スリラーバークは移動する海賊船なので、

新世界編でも現れる可能性も

おおいにありますね。


今後のモリアの登場に期待しましょう。

⇒カイドウの能力について

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

5 Responses to “ワンピースのゲッコーモリアのその後は?目撃情報やエースの体も?”

  1. ん? より:

    モリアが消えたのは、アブサロムのスケスケでは?
    影できえるくらいならミンゴもきづくし
    ただクマのレーダーにうつるかが恐い

  2. ワンピースlove より:

    エースの体を乗っ取れるわけない!
    頂上決戦の最後シャンクスが来て白ひげとエースの弔いは自分にさせてくれって言ったからエースと白ひげの死体をモリアが奪えない。

    • バスティーユ好き より:

      そんなことないでしょw モリアだってそれくらいのことなら、出来てもおかしくないですよw

  3. やまかわ より:

    エースの墓から掘り起こせるよね

  4. ギンの行方は… より:

    ドフィが元天竜人と知ってからは、あのセリフの「もっと上」はドフィ自身だったんじゃないかな、とか思ってる

コメントを残す

このページの先頭へ