ワンピースのサボの正体まとめ!バルトロメオかドフラミンゴ?

sabo_syotai 

ルフィとエースの兄弟で、現在も革命軍で

生きてるのでは?と噂されているサボに

ついて、「正体は一体誰なのか?」

グレイターミナル編からずっと話題に

なっています。

というのも、ワンピースの作者尾田先生は

意味もなく、重要な登場人物を描く

ということは考えられず、サボが死んだと

思わせて、何かしら後になって

重要な役割を担う伏線なのではないか、

と読者が思っているから。


サボの正体は誰なのか、噂を1つずつ

検証していきたいと思います。

Sponsored Link

(1)サボの正体はバルトロメオ?

barutoromo 

まず、ドレスローザ編に入り

バルトロメオ登場した際に

ネット上で噂されたのが、バルトロメオは

サボだという噂。


バルトロメオが1億5千万ベリー程度にも

かかわらず、異常な強さをみせたり、

髪の色が黒ではない

(漫画だと色がわからない)のと、

そろそろサボが登場して欲しいという

読者の願いから、このような噂がたった模様。



ただし、本当にこれについては、

正しい情報ではないことが分かっていて、

最新の情報ではバルトロメオは

「ルフィの大ファン」

ということが判明してますね。



サボであったとしたら、ルフィのことを

大先輩とも呼ばないはずなので、

この噂は正しくないことは間違いありません。


(2)サボの正体はドフラミンゴ?

dflamin_sabo 


ドフラミンゴが実はサボなのではという噂も

かなり多く、髪の色が同じであったり、

髪型が同じということから

予想する人が多いのかもしれません。



ただ、ドフラミンゴの年齢は現在41歳であり、

サボの年齢は22歳と、かなりかけ離れて

しまってますね。



また、ドフラミンゴは10年前に

ドレスローザの王として君臨してますが、

もしドフラミンゴがサボだったとして、

12歳の時に王になったことになり、

さすがに難しいと思います。



ドフラミンゴについては、以前も

こちらの記事でも話題にしました。

⇒ドフラミンゴの正体は天竜人に関する記事はこちら




ドフラミンゴの正体についても

まだまだ多くの謎が残っていますが、

少なくともサボではないことは

間違いないでしょう。

Sponsored Link

(3)サボの正体は革命軍の「ジャック」?

jack_sabo 


サボは現在革命軍で活動しているという噂に

ついては、以前からお伝えしてきており、

こちらの記事でも紹介してきました。

⇒サボの現在の活動に関する記事はこちら




ドラゴンによって、サボは助けられたため、

革命軍にいるということが濃厚であるため、

やはりサボは革命軍の中で現在も

活動していると考えるのが

自然なのではないでしょうか。


次に、革命軍の『ジャック』を

名乗っているという噂についてですが、

シーザーがパンクハザード編で

世界中の闇組織に対して生中継を

していましたが、その中で「ジャック」

という名前が出てきました。


ここでジャックと話をしている人物は

おそらく革命軍の人物であり、

その理由として、

革命軍は動物の帽子をかぶっている

という共通点があるからです。


ここでジャックと言っているのはおそらく、

革命軍の人物の事であり、報告するべき

重要な人物だということが

お分かりいただけるでしょう。


次に、ジャックという名前の由来について

ですが、サボの船出を邪魔した天竜人の

『ジャルマック聖』ですね。


ここからは推測ですが、サボは革命軍に

助けてもらった後はサボという名前を

名乗ることはやめて、「ジャルマック」と

名乗ってるのではないでしょうか?


天竜人や貴族に対して憎しみを持っていて、

自分の名前を憎い人物の名前にすることで、

一生忘れないということなのかなあと。


ちなみに、ジャルマックを省略すると、

『ジャック』という名前にもなりますし、

革命軍ではクイーン(Q)のイワンコフ

暴君くまのキング(K)となり、

サボはジャック(J)ということになると

思います。


また、サボがもしこのジャックだった

としたら裏取引に関わる重要な

役割であるため、どうしても手が

離せなく『エース処刑の時はどうしても

助けにいくことができなかった』
という

ことが考えられます。


サボの登場はいつになるのか

まだ分かりませんが、

今後革命軍の一員として登場して、

ルフィと再会することもあるのでしょうか。


今後の展開に注目しましょう。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ