ワンピースのサボは生きてる?革命軍で現在活動中の理由について

saboikiteru_top 

エース、ルフィの兄弟でかつてルフィの

回想編では亡くなってしまったと思われる

サボですが、実は生きているのでは?

という噂がありました。


サボが生きているという根拠について、

色々と噂がありますが、作者の尾田先生も

エースの死後にもう一度死を描く

ということは、「実は生きていた」という

伏線なのではないかと予想している人が

多いのかと。


サボが生きているという噂について

まとめてみました。

Sponsored Link

サボが生きている理由:(1)エースの墓場に盃が置いた?

saboikiteru_top 

サボが生きているという証拠として、

一番有名なのがエースの墓場において

あった盃です。


この盃はエース、ルフィ、サボの3人が

兄弟の盃として、交わしたものであり、

「本物の兄弟」という意識がめばえました。


このことから、エースの墓場においてあった

3つの盃を置く人物といえば、

ルフィ以外にはサボしか考えられませんので、

サボが生きているという何よりの証拠に

なるでしょう。



この件について尾田先生もコミックの

SBS(質問に答えるコーナー)で

「あの人物が置いた」と匂わせて

回答していました(笑)。


以上のことから、間違いなくサボは

生きているということが

お分かりいただけると思います。


サボが生きている理由:(2)革命軍に助けられた噂?

sabotasukeru 


こちらの記事で、革命軍に助けられた

という噂もありました。


サボはドラゴンによって、助けられて、

革命軍に入っているというのが一番自然な

流れなのかなあとも思います。


ただ、一部の読者から

「どうしてエース処刑の時助けに

行かなかったの?」
と思っている人も

多いかもしれませんが、

それについては次の章で詳しく

説明しましょう。

Sponsored Link

サボが生きている理由:(3)革命軍で裏取引を任されている?

uratorhiki 


(2)でも触れましたが、サボは革命軍で

何かしらの活動をしていて、しかもかなり

重要な役割を担っていると考えられます。


こちらが革命軍を匂わせ、かつサボが

登場したと噂されるワンシーン。
jack_sabo 


動物のかぶりものをしている人物が

ジャックという名前を呼んでいましたね。

(ちなみに、革命軍はなぜか動物の

かぶりものをしている事が多いのは

一部のファンの間では周知の事実のようです)


「ジャックの耳に入れておけ」とあるように、

こちらのジャックはおそらくサボの

ことですが、現在はドフラミンゴをはじめ、

新世界で革命軍の武器を調達するための

仲介役を担っているのではないでしょうか。


シーザーはドフラミンゴの部下ですので、

闇組織と革命軍は取引を通じてつながりを

持っていてもおかしくはありませんね。


ちなみに、革命軍とドフラミンゴの組織の

共通点として、トランプが関わっていると

いう点もお話してきましたが、

やはり何かつながりがあるのでしょうか。


これについては、何か分かり次第

書いていきたいと思います。


また、エースを助けに行けなかった理由に

ついてですが、サボは武器商人として

かなり重要な役割を担っているためでは

ないかと予想しています。




重要な取引を抜けてしまっては

自分の命を助けてもらった

革命軍に対して裏切る行為になって

しまうため、

エースを助けに行けなかったのではないかと。



(1)でエースのお墓に盃を届けたのは、

取引が落ち着いた後に、涙ぐみながら

届けて行ったのではないでしょうか。



いつかルフィとサボがエースの墓場の前で

再開して、盃を再び交わすことも

期待してしまいますね。


【追記】

sabo_tuiki 

ワンピースのサボが生きていることが

発覚しましたね(期待通りでした(笑))。


サボが生きていたことについてはこちらでも

話題にしてきましたね。

⇒サボが革命軍の参謀総長である記事はこちら


サボが何をしていたのか、ということは

まだ明らかになっていませんが、

この詳細については分かり次第、

追記していきます。


サボが登場して、今後の展開も楽しみに

なることは間違いありませんね。


サボや革命軍がどう物語に関わっていくのか

注目していきましょう。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ