ワンピースネタバレ845話確定あらすじ考察!始末屋ボビンと鬼婦人アマンド、書司モンドール登場

844話ではルフィがサンジに一方的に殴られる展開を経て、
サンジが帰ってくるまでその場所で待つと、
その場で動かないと宣言しました。

845話では、そんなルフィに対して三将星の一人、クラッカーを討ち取ったので、
ビッグマムが黙っているわけがなく、

845話のタイトル「怒りの軍団」からも、
ビッグマムのルフィへの復讐が開始されます。

845話ネタバレあらすじを見ていきます。

ビッグマムの怒りの軍団達の幹部達が徐々に姿を現しますが・・・

Sponsored Link

ルフィがサンジを待つ展開へ・・・

s__4595714

844話のあらすじはこちら!
→844話のあらすじはこちら

ルフィがサンジが帰ってくるのを待ち、
その場で座り込んでしまっています。

敵地のど真ん中であるにも関わらず、ナミの「本気で待つの?」という質問に対して
ルフィは「待つ」の一点張りです。

クラッカーとの戦いですでに疲労困憊であり、
そのあとでサンジにボコボコにされて、ルフィも瀕死の状態です。

それでもルフィは
「サンジは来る・・・ここで待つ」と固く決意するのでした。

そして、急に暗雲が立ちこめます。

s__4595716

ホールケーキ城から、雲が出ており、
ビッグマムが従えているプロメテウス、ゼウスの二つが暴れています。

プロメテウス、ゼウスが思ったよりも間抜けな顔をしていますが、
かなり強烈な個性を発揮するものと思われます。

天候を従えている、ビッグマムの力によって、
ホールケーキアイランド全体が雲で覆われているのでした。

島中の人間達が固唾を飲んで見守っていますが、
そこに、クラッカー仇討ちの怒りの軍団が登場します。

「麦わらのルフィもこれまで」という雰囲気が出ており、
始末屋ボビン、鬼婦人「アマンド 」、書司「モンドール」、
この3人の幹部と思われる人物達は懸賞金が億を超えていると思われます。

総合ですと、10億、20億とかなりの額を超えているのではないでしょうか。

ルフィ一人では歯向かうことは難しいと思われます。


一方、そのルフィはというと、
雨が降ってきて、お菓子の国ならではの水あめ状になっているようですが、
サンジ以外の食料は絶対に口にしないと、断固拒否します。

この状態で戦っても100%死亡してしまうと思われますが、
ナミが持っているローラのビブルカードの力を発揮して、
「間一髪ルフィが助かる」という展開もなきにしもあらず、となるのではないでしょうか。


ビッグマムとジェルマ66達の対面へ!

s__4595719

アナナという小人の少女がぬいぐるみを切りたいから、
包丁を貸して欲しいと言ってますが、ドルチェ、ドラジェの風船を持った小人のような双子が拒否します。

アナナが包丁を持つと周囲の人間に危害を加えるようですね。

だから、ドルチェ、ドラジェの二人も「殺してやりたい」と思っているようです。

アナナを「殺してやりたい」と言ってますが、ビッグマムも「誰だって殺したい人間の100や200はいるもんだ、仲良くやんな我が子達」

とかなり強い発言をしています(笑)

ビッグマムはそうやって世の中から消してきたのでしょう。


そして、プリンの結婚式前に、ビッグマムとジェルマと食事で対面します。

ビッグマム
「よくきたね、ジェルマ66。
プリンにコックの息子がうってつけだ!

“政略結婚”なんでそうでなくても構やしないが。
おれとおまえの利害さえ一致してればそれでいいのさ、ジャッジ 」

ジャッジ
「だが、子達が幸せに越したことはない」

そういって二人は乾杯をします。

サンジの前には紅茶と緑茶のパッケージの二人が近づいてきます。

どっちを飲むか、と聞いてきますが、サンジは紅茶を選択します。

他にも料理も食べて!といってきたり、
はちみつが話しかけてきたり、ウィンナー、キャベる、ハム、パンケーキなど、

ランチの食材が全て話しかけてきます。

ビッグマムの能力にかかっている食事をジェルマの人間が口にしているのが非常に気になります。

おそらく、この食材達も何かの能力のはずであり、
食べたらビッグマムに操られるというような可能性もあるのではないでしょうか。

食卓が騒がしい中で、サンジがプリンから「あとで二人きりでお話を・・・」というメッセージがありました。

二人でしか話せない内容とは一体何かというと・・・

ルフィvs怒りの軍団

s__4595718

スイートシティのはずれにいるルフィに対して、
大量の怒りの軍団が押し寄せてきます。

しかし、ルフィは一人でいるにも関わらず、全く引く気配がありません。

ナミが心配しているものの、
「お願いだから隠れて欲しい」と言いますが、ルフィは全く引く気配がありません。

「隠れている間にサンジが来るかもしれない」

そう言っているルフィですが、ビッグマムの縄張りの中で、
大量の軍隊に立ち向かおうとする姿勢は凄まじいです。

そして、サンジとプリンの対面へ!

ホールケーキアイランド城内にてプリンの部屋

s__4595721

そこでプリンがルフィ達をホールケーキアイランドへのルートを案内したのが自分であることを伝えます。

サンジが来るように伝える、と言ってましたが、結局サンジは
「どうやって監視だらけの海を抜けてルフィ達がここまで来れたのか不思議だった」
と言ってることからも、
プリンはルフィ達を騙した可能性もあります。

ルフィをわざと島の中におびき寄せて、
一網打尽にしようとビッグマムから命令されていたのではないでしょうか。

そんな事実を知らず、サンジは「どの道おれは海岸へは行かなかった」と伝えます。

プリンは「招待状の剣なら娘の私が罪をかぶればなんとかなる・・・とにかく式には出て終わりよ」
と伝えます。

どうにかして、式には出させようと躍起になっているようにも見えますね。

ジェルマの人間達にもビッグマムの能力が込められている食事をさせたりと、
非常に気にかかる描写もあります。

政略結婚とはいえ、結婚の儀を執り行うとビッグマムの支配下にならざるをえないような”何か”があるのではないでしょうか。

サンジがこの結婚式を拒否して、生きて島から逃げ出すにはブレスレットの鍵を見つけて、
ブレスレットを外して島から逃げ出すしか方法はありません。

しかし、そんなことが許されるはずもなく、
血が繋がっているジェルマの兄弟達からも顔をボコボコにされてしまった顔を晒します。

海に出たのは彼らからさげすまされて、嫌気がさしたからだと伝えますが、
戻って来ざるを得ない状況になったのだと伝えます。

結婚に抵抗すれば仲間も全滅、東の海にいる親同然の恩人の命も奪われます。

どこをどう見ても現時点でサンジは逃げ道が残されておらず、
ビッグマムに仲間を見逃して欲しいと考えているようでした。

(しかし、ルフィについては魚人島で喧嘩を売ってきたこともあり、
容赦しないものと思われますが)

プリンが謝りますが、サンジが13年前にどれだけ地獄の世界にいたけれども、
その後の13年は幸せだったと言うのです。

出会った人たち全員が恩人であり、誰も傷つずに消えたい、
そう語るサンジの顔を見てプリンの表情が一変します。

サンジが「おれの冒険はこれで終わりだ」と語ると、
泣き出すプリン・・・

「私との結婚は地獄にはさせませんよ」

s__4595722

そう涙ながらに語っているプリンを見て、サンジも何か思うところがあるようです。

プリン
「あ、私何言ってるんだろう、あなたが深刻に悩んでるのに。
したくない結婚だって地獄に決まってますよね!
人の悩みに割り込んで恥ずかしい、ゴメンなさい!」

そう語るプリンですが、サンジはプリンの表情をじっと見ています。

そして、
「昨日と今日とで会ったばかりの二人に対して、
心の穴を埋めれるわけでもない」
とプリンは語りますが、サンジはプリンを抱き寄せて

「明日、結婚しよう」

と伝えます。

s__4595724

846話に続きます。

Sponsored Link


845話考察!「省エネモードと積極モード」


サンジが結婚を決意したのはプリンの策略の可能性が高いと思います。

ルフィがホールケーキ城に来ていたことを伝えずに、
中におびき寄せたことや、サンジに歩み寄って結婚させるように健気に振る舞ってるのも
全て演技にも見えます。

プリンにはまだ誰にも見せてない第二の人格があるのではないでしょうか。


ビッグマムの娘である時点で、ビッグマムと密に連絡をやりとりしていて、
海賊団の利益になるための行動をとっているはずです。

(むしろ、そうしないと、隙が出来てしまいます)


なので、プリンも例外なくビッグマムの命令の下で
行動しているのではないでしょうか。


また、ルフィがサンジが帰ってくるまで怒りの軍団を前にしても
一切引こうとしませんでした。

相手の懸賞金が何億ベリーだろうとサンジとの再開を
待ち望んでいて、それを邪魔する人間達は全員倒そうとする気概がすごいと思います。

普通ならそこから逃げてしまいそうですが、
ルフィは引くことを考えてなく、敵に背中を見せることなく、
どこまでも立ち向かおうとしていますね。

敵と戦う時に戦力を温存しようと省エネモードになると、
ある意味で効率的で、ずる賢いやり方ではりますが、
大きな成長は得られません。

ただ、積極モードで自分のキャパを超える敵がやってきても
全く引かずにどこまでも向かおうとする前のめりな姿勢がある限り、
人の何倍も成長することはできるのではないでしょうか。


そういう姿勢でいるからこそ、神がかったような出来事がルフィには起きて、
思いもよらない展開が繰り広げられると思います。

ナミのビブルカードによって、怒りの軍団が全員ひれ伏すということもあるかもしれませんね。

次回846話の展開に続きます。

846話の展開はこちら!

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ