ワンピースのローのモデルについて!正体のネタバレも!

ro_model 

頂上決戦編からワンピースのローが

一体どのような人物なのかずっと謎のままに

なってきました。


今回は死の外科医ことトラファルガー・ローの

モデルになったエドワード・ローについてと

ローの正体についてまとめてみました。

Sponsored Link

トラファルガー・ローのプロフィール

ro_prof 


本名:トラファルガー・ロー
ハートの海賊団の船長
元懸賞金:2億ベリー⇒4億4000万ベリー
武器は妖刀:鬼哭(きこく)
悪魔の実:オペオペの実の能力
「死の外科医」の異名を持つ
ロッキーポート事件の首謀者
ドフラミンゴを陥れてカイドウのクビを
取ることを目論む。


ちなみに、ローの正体について

『サボなのではないか?』という噂が

ずっとありましたが、こちらは正しいものでは

ありませんでした。


すでにサボは本編にも登場しており

ローとは別人であることが判明して

ますね。


ローの正体については後述してます。

トラファルガー・ローのモデルは?


ローのモデルになっている人物は

最悪の人物とも言われている、

『エドワード・ロー』です。
edward_ro 

本名:エドワード・ロー(Edward Lowe)
活動期間:1690頃~1724
出身:イングランド、ロンドン
幼少期は泥棒を生業とする
1710年くらいに海外渡航ブームで海賊に。



18世紀初頭、イギリスはウェストミンスターで

生まれたエドワードは、小さい頃から

乱暴者で通っており、どこでも働くことができない

人物でした。


その後、エドワードは10名ほどの悪党仲間と

結託して海賊となりました。


その後はジョージ・ラウザの海賊船を経て

自分自身の海賊団を結成。


こちらがジョージ・ラウザ。
george_rau 


エドワードはその後はカリブ海のみならず

大西洋を超えてアフリカ大陸のヴェルデ岬に

まで広げるほどかなりの広範囲を航海して

きたのでした。


エドワードが恐ろしいのは機嫌が悪いときに

命を奪うのだけでは飽きたらず、

機嫌がいいときにもでも

そういった行動をとるとのこと。


正に『最悪の人物』という名前に

相応しい人物ではないでしょうか。


エドワード・ローの晩年や最期については

全く記録に残ってはいないようでしたが、

一説によれば怒りに任せて乗組員の命を奪い

食料もないまま3人の仲間と共に大海に

放り出されてしまったという噂も。


そんなエドワードとトラファルガー・ローの

共通点ですが、

●冷酷である点

●師匠がいた点


の2つではないでしょうか。


トラファルガー・ローも『死の外科医』と

呼ばれたり、海賊100人の心臓を政府に

差し出したりとする点は、普通の海賊よりも

はるかに冷酷だということも分かりますね。


そんなローの正体や、今後はどのような

活動をしていくのでしょうか。

Sponsored Link

トラファルガ・ローの正体について

torafaru_syo 

ローの正体について諸説があるようですが、

その真相についてはまだ明らかには

なっていません。


現時点(2014年5月)で分かってるのは


●13年前にドフラミンゴの元部下

●コラさんという人物と関係がある



ということでしょう。


このコラさんという人物についても

まだ詳細は分かっていませんが、

ドフラミンゴとローをつなぐ人物であり

ドフラミンゴが何らかの形でコラさんの

『命を奪ってしまった』ということも

考えられるのではないでしょうか。


ローがドフラミンゴの元を離れたのは

この事がきっかけだと思われますが、

詳細が分かり次第追記して参ります。


ローが今後のワンピースの物語にとって

非常に重要な鍵を握っていることは

間違いありませんので、彼の動向にも

ぜひ注目してみましょう。


【追記】ローがDの一族であることが発覚

ro- 

トラファルガー・ローの正体がなんと

Dの一族であることが分かりました。


トラファルガー・”D”・ワーテル・ロー

という名前であり、Dの名前を隠していた

とのことでした。


(となれば、ロー以外でもDの名前を

隠している人物も他にもいそうですね)


「”D”は嵐を呼ぶ」という発言をしてましたが

ロー自身がDの一族だったので、嵐を呼ぶ

ということになるのでしょう。


ローは今後はどのような形で物語に

関わってくるのか気になるところですが

温かく展開を見守りたいと思います。

⇒ローの白い町の正体とは!?

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ