黒ひげがプルトンを手に入れる?アラバスタ国王のコブラが死亡でビビが女王?

kurohige 

新世界編に突入して、四皇の1人で、

麦わらの一味の最大のライバルになるであろう

黒ひげが今後、古代兵器プルトンを手に入れる

ために、アラバスタを襲撃する
という噂も

ありました。


その前兆として、アラバスタ国王のコブラが

病になっている
ので、4年に一度の

世界会議”レヴェリー”を前に何かしらの

波乱が起きるのではないでしょうか。

Sponsored Link

黒ひげがプルトンを手に入れる理由は?

pluton_sekeizu 

まず、黒ひげがプルトンを手に入れるのは

明確な理由があります。


まず、黒ひげの能力は

“イヌイヌの実モデルケルベロス”

という説が有力です。

⇒黒ひげの能力


黒ひげに関する噂といえば、

⇒●能力はヒトヒトの実モデル阿修羅

●バクバクの実の能力で3つ子を1人にさせられた


という説もありますが、当サイトでは

ケルベロス説が最も有力と考えてます。


というのも、ギリシャ神話の中に出てくる

ケルベロスは番犬として、冥王神”ハデス”の

飼い主である
ことが知られています。


こちらがハデスとケルベロス。
hadesu_keru 


ハデスの別名が”プルトン”であるので、

ケルベロスのとプルトン(ハデス)の立場が

逆になってしまうと思われますが、

黒ひげ(ケルベロス)がプルトンを操る

という可能性も考えられるでしょう。


新世界編でも黒ひげたちは大きな戦艦を

手に入れようとしていましたね。

moerushima 


また、インペルダウンのレベル6の囚人だった

巨大戦艦”サンファン・ウルフ”も船に

乗せるには、プルトンが最適でしょう。

(プルトンは巨人族の船であるという説)

Sponsored Link


アラバスタ国王の死が近い?娘のビビが女王になる?

kobura_byosyo 


65巻の641話の扉絵の中で、アラバスタ国王の

コブラが病で病床にいるシーンが描かれて

います。


このことから、ネット上では

⇒●コブラの死が近い

●ビビが女王になる


という声もあるようですね。


となれば、アラバスタ王国で代々引き継がれてる

プルトンに関しても、コブラからビビへと

伝えられるのではないでしょうか。


新世界編に入り、4年に一度の世界会議

“レヴェリー”も開かれ、世界中の国王が

集うので、この機を利用して、黒ひげが

アラバスタ王国を襲うという可能性も

あるのではないでしょうか。


ちなみに、黒ひげがどうしてもっと早く

プルトンを手に入れなかったのかという

点については、

(1)そもそも、プルトンがアラバスタにある

ということを知らなかった


(2)アラバスタをクロコダイルが狙っており、

クロコダイルより確実に勝てるまで

時期を待っていた



という2つの説が考えられます。


ただ、黒ひげの情報収集力はかなりすごいので

(1)の方で、知らなかったというのは

考えにくいことから、(2)のクロコダイルの

後で狙っていたということかもしれません。


ワンピースの世界で描かれる3度目の正直!

rufi_3dome 


ワンピースの世界では3度目の正直という

展開が結構多いような気がしてます。


そもそも、ワンピースの世界では”3″という

数字がかなり多いと思われます。


●三大勢力

●三大将

●三代鬼徹


などなど、3という数字がよく使われます。


プルトンについてはこれまでも2回、

復活させようと物語が展開されました。


一度目はクロコダイルで、二度目はCP-9

手によってです。


しかし、どちらも失敗に終わり、プルトンの

復活は特にないものとして終わりそうでしたが、

三度目の正直として、プルトン復活が描かれる

のは間違いないでしょう。


アラバスタ編ではルフィがクロコダイルに

2回負けた後で、3度目に挑んでようやく

クロコダイルを倒すこともできました。


この事からも、3度目のプルトン復活編で、

黒ひげが登場するシーンも考えられますね。




さて、ここまでプルトン復活について

色々な角度から迫ってきました。
puruton_tobasu 


一発放てば島を吹き飛ばす威力を持つ

プルトンですので、新世界編でもかなり

重要な役割を果たすでしょう。

⇒ナミがウラヌスの噂

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ