マンシェリー姫のモデルはBLEACHの井上織姫?幽白の雪菜の真相も




ドレスローザ編に登場したマンシェリー姫が

どのような人物であるのか、少しずつ

分かってきましたね!


マンシェリー姫が千年に1人の逸材と

言われてきましたが、素性や能力も判明して

可愛いと思ったりもしましたね(笑)


そんなマンシェリー姫にはモデルが

“ある漫画”のヒロインではないかと

思ってますが、はたしてどんな人物なの

でしょうか?

Sponsored Link

マンシェリー姫ってどんな人物?




マンシェリー姫はトンタッタ族の一員で、

族長の娘であることが分かっていますね!


悪魔の実の能力「チユチユの実」の能力者で

この能力を使えば、キズを負っている人間を

治すこともできるので、ドレスローザ編で

負傷した兵士たちを治すこともできるの

かもしれませんね!


マンシェリー姫があまりにも可愛いので、

ちょっとキュン!ってしてしまってる

管理人です(笑)


このキャラで、治癒してもらえば、

かなり喜びそうだなと思ってますが、

そんなマンシェリー姫の能力は

こちらの記事でも話題にしてきましたね。

⇒チユチユの能力の詳細


この能力を使っていけば例えば

負傷している兵士だったり、負傷した

ウソップの傷なども一瞬で回復させるのも

十分に可能でしょう!


ちなみに、ホビホビの実の能力者である

シュガーも、マンシェリー姫の力で、

治したといことが発覚してますね。

(ただし、その後ウソップによって

再度気絶してしまいましたが(笑))


この能力を使えば、ずっと回復し続けるので

かなり反則的な技のような気がしますね!


ドラクエでいうところのベホマ

ずっとかけてくれるキャラなので、

かなり戦いでは重宝しそうだと思います!


そんなマンシェリー姫を見ていると、

他の漫画がモデルになっているような

気がしたので、こちらについても順番に

みていきましょう!

Sponsored Link

モデルその1:BLEACHの井上織姫





まず一人目がBLEACHのヒロイン井上織姫!


織姫の技で「盾舜六花」というものが

ありますが、瀕死の重傷だった人間を

復活させることができますね。


これは正に万シェリー姫の能力、

「チユチユの実」の能力に通じてるの

かなあと感じました!


ただ、織姫の「盾舜六花」は腕がない人間でも

復活させることもでき、ここまで来るとホント

最強の能力だなあと思いますね(笑)





マンシェリー姫の能力は残念ながら

そこまでの力はないと思いますので、

治癒するという部分について、

影響を受けているのかなあと思います!


モデルその2:幽☆遊☆白書の雪菜





続いて、2人目が幽☆遊☆白書の雪菜です。


何度か登場人物のモデルについては

お伝えしてきましたが、結構2人以上が

モデルになっているケースって多いん

ですよね。


(例えばルフィだったら、悟空だったり、

アレクサンダー大王がモデルになって

ると思いますし。)


この他のモデルについてもこちらで

お伝えしてきてるので、ご覧になってみて

ください!

⇒キャラのモデルまとめ



さて、本題に戻って幽☆遊☆白書の雪菜に

ついて見ていくと、涙を流せばダイヤが

出てきたと思います。


こちらが雪菜の涙シーン。




そのため、垂金権造という人物に鞭で

うたれて、無理やり涙を流させてましたね。


このシーンってちょうど、マンシェリー姫が

涙を出すようにジョーラが強要してるシーンと

重なるのかなあと思いました!


もちろん、偶然かもしれませんが、涙を

出すことが価値があるというキャラ設定が

似ているのかなと管理人は感じました!


この辺りについても、尾田先生のみぞ

知るということになるのでしょう!



まとめ


マンシェリー姫のモデルについても

今回お伝えしてきましたね!


織姫と雪菜がモデルになっているのかなと

感じましたが、2人とも他人をほっとけない

キャラ
という所が似ているのかなあと

感じました。


今後、マンシェリー姫がローの片腕を

治していくのか、ぜひこの辺りも注目して

いきたいと思います!


また、レオとマンシェリー姫の恋仲も

ひょっとすれば、実ったりするのかも

しれませんね。


この辺りもぜひ注目していきたいと

思います!

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ