尾田栄一郎の素顔は?各界から評価の声も!ルフィのモデル?

oda 

ワンピースの尾田栄一郎先生の素顔について

非常に気になるところではないでしょうか。


というのも、あれだけ緻密なストーリーや

面白い構成を考える方が普段は

どのような考えで、どういう生活を

しているのか、気になる人も多いはず。


そこで、今回は尾田先生の素顔や

各漫画界の巨匠達の尾田先生に対する

評価についてもまとめてみました。

Sponsored Link

尾田栄一郎の素顔は?

oda_suga 

累計発行部数3億部を突破する

破竹の勢いのワンピースですが、

その作者である尾田先生が普段は

どういう方なのかよく象徴している

エピソードがこちらにあります。

自分が書いている人だということを

よく忘れるんです。
昔のコミックスや

アニメを見ると、自分が描いてたことを

すっかり忘れてます。

単行本の最新刊とかジャンプの最新号を

呼んで、『続きは!?』って思う時も(笑)。

そのあと自分で描くんだって思い出して

がっくりします(笑)。

参考:ONE PIECE展公式図録


このことから分かるように、尾田先生は

『子供の頃のまま大人になった』のでは

ないでしょうか(笑)


いまだにジャンプも読むようですし、

驚きなのが、ワンピースを読んでて

「自分が作者だと忘れる」とあるから

非常に驚きですね(笑)


子供のときの気持ちを常に持ち続けたから

こそ、いまだに多くのファンを獲得する

作品を描き続けることができるのでしょう。


各界からの評価はどれくらい?


ワンピースを読んでいる各業界の

著名人達がかなりいることが分かっています。

鳥山明先生
tori 


木村拓哉さん
kimura 


明石家さんまさん
akasi 


北島康介選手
kitazima 


矢口真里さん(笑)
yaguti 


かなり有名な方々がワンピースの作品を

評価しいていることがお分かりでしょう。



一方で、『ワンピースは長い』

評価している方も何人かいらっしゃいました。

Sponsored Link


例えば元ライブドア社長の堀江貴文さん。
horie 

25巻くらいまで読んだと発言がありましたが、

途中からついていけなくなり、読めなくなった


とのことでした。


実はワンピースを読んだ人の話を聞いてみると、


●途中までは読んでいた

●グランドライン入るまでは面白かった

●アラバスタまでは面白かった

●空島行くまでは面白かった

●エニエス・ロビーまでは面白かった



などなど、こういう声は結構あるのでした。


ワンピースの作品の情報量があまりにも

多いために、途中で離脱してしまう人も

多いのは確かなようですね。


ただ一方で、インペルダウン編や

頂上決戦編、新世界編でまた読み返した人も

何人もいるようでした。


途中から面白いと思って再び読み返す人も

単行本をまた買い直したりして、

一から読み直す方もいらっしゃるのでしょう。


おそらく、ワンピースは常に情報を追い続けるか

全部が完結した後にすべてを読み通さないと

中々ついていけない部分があるのは

間違いありませんね。


そういう方はもしよければ当サイトを

御覧頂いて、ワンピースの様々な伏線や

裏側にも興味を持って頂いて、

気になるところから読み返しているのも

オススメだったりします(笑)


ルフィのモデルは尾田栄一郎本人?

rufi_oda 

ルフィのモデルについて何度も言及されるのが

『尾田先生本人がルフィのモデル』とも

言われていますね。


というのも、尾田先生とルフィには

かなり多くの共通点があるからです。

●やりたいことに向かって一直線

⇒ルフィは17歳で海賊になる決意

⇒尾田先生は17歳で漫画家になる決意


●得意なことを一つだけやる

⇒ルフィは相手を倒すことだけ集中

⇒尾田先生は絵が書ければOKの考え
(通知表は図工がずっと5だったとのこと)


●言動よりもまず行動

ルフィには思考回路を通ったセリフを

 言わせない


尾田先生はものをはっきりさせたい性格。

 自分の主張を相手にまっすぐと伝えたい。



これらのことから、尾田先生は自分自身を

ルフィに投影して漫画を描いているのでは

ないでしょうか。


少なくとも尾田先生自身はルフィの気持ちを

代弁できるくらい、性格なども作りこんでる

のは間違いありません。


さて、今回は尾田先生の素顔について

まとめてまいりましたが、尾田先生は

『ずっと少年のままで入られた大人』

であることがお分かり頂けるでしょう。


そのために、読者を楽しませることも

同時にできる、仕掛ける側の目線も

持っていることも分かりましたね。


一方で、中々ワンピースの世界から

離れてしまったり、ついていけない

人の声があるのも事実なので、

そういった方にはたまには単行本を

手にとってみたり、当サイトのような

フォローアップ情報を御覧頂いて

再びワンピースの世界を楽しまれては

いかがでしょうか。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ