ワンピースネタバレ771話あらすじ予想!ローが片腕復活の真相も

row


770話の中で、麦わらの一味連合と

ドンキホーテ海賊団の戦いが1つ決着がついて

戦況がここから佳境に突入する予感も

出てきましたね。


771話からの展開に向けてのあらすじや、

現時点での戦いの状況についても整理して

みたいと思います。


次に決着がつくのがやはりあのキャラとの

戦いに決着がつくという声も・・・

Sponsored Link

771話の予想!ベラミーとルフィの戦いに決着!?

berami-


展開がかなり込み入ってきたので、

現時点での戦況をまとめてみました。

■麦わら一味vsドンキホーテ海賊団
 No.  麦わらの一味  ドン・キホーテ海賊団  状況
1 ルフィ ベラミー ベラミーがルフィに一撃を与える
2 ロー ドフラミンゴ
(トレーボル)
ローの片腕がドフラミンゴによって、切り落とされる
3 ゾロ ピーカ ●ピーカが笑っており、まだ余裕がある
●ゾロがピーカを倒しそうな雰囲気あり
4 キュロス
(レベッカ)
ピーカ キュロス優勢
5 ロビン グラディウス
6 フランキー ピンク
7 イデオ
(闘技場メンバー)
デリンジャー デリンジャー優勢
8 巨人戦士ハイルディン
(闘技場メンバー)
マッハバイス ハイルディン勝利
9 ドンチンジャオ
(闘技場メンバー)
ラオG チンジャオ劣勢
10 サイ ベビー5 ベビー5はサイに恋愛中!?
11 ウソップ シュガー シュガー気絶で、ウソップの勝利!?

現時点では麦わらの一味がすでに2勝しており

徐々に戦いが決着に向かっているように

みえますね。


過去編にも一区切りついたので、

次はいよいよ、ルフィvsベラミーの戦いに

決着がつくのかなと予想もしています。


そもそも、ローの片腕が斬られたままで

ドフラミンゴに倒される寸前になっていますが

ルフィが助けに入って、ローがオペオペの実で

腕を自分で治すことも十分考えられるでしょう。


ローが腕を復活する理由は!?


ジャンプの漫画をよくご覧になっている方は

ワンピースの話は他の漫画のオマージュと

思われる場面がかなり多いことに気づいている

と思います。


例えば、鳥山先生のドラゴンボールに出てくる

神龍にモモの助の龍の姿が似ていますね。


ハンターハンターの幻影旅団の団員が

コインの表裏で決断する場面がありますが、

海軍のヒナとスモーカーが言い争いした時も

コインで決めるシーンがありました。


このように他の漫画家の方へのリスペクトも

込めて、オマージュしているのだと思います。


そこで、ローが腕を治すシーンで、管理人が

思いついた象徴的な漫画の場面があります。


それが「幽☆遊☆白書」の神谷実が自分の

腕を「結合手術」で直した場面です。


ketugo


当時、小学生だった管理人はこの場面を見て

⇒「うおー!!」ってびっくりしたのを

よく覚えています(笑)


尾田先生は冨樫先生の作品もかなり読まれている

と思いますので、ローが自分の腕も神谷実の

ように治すのかなあと楽しみにしてます。

Sponsored Link

770話でエルバフ編の伏線も!?


前回の770話でタイトルが「エルバフの槍」

というタイトルになっていましたね。


こちらは巨人のハイルディンが巨人族の

王になるという夢を語りながら、

⇒「グングニル」という技を繰り出して

マッハバイスを倒したことを意味している

のだと思われます。


このことが意味していることは

ワンピースの最終章でも、巨人族の人物が

ルフィ達に加勢するということだと

思います。


エルバフといえば、リトルガーデンにいた

2人の巨人のドリーとブロギーがいましたね。


彼らが貫けないのは”血に染まる蛇”という

描写もありましたが、これは”レッドライン”

ということだと思われます。


ということは、全巨人族の力を使って

レッドラインを貫くようなシーンも

最終章の中で描かれる伏線になっている

のではないでしょうか。


ドリーとブロギーや、エニエス・ロビー編に

登場した⇒オイモとカーシー、⇒ハイルディンなど

巨人族の力を総結集してレッドラインを

貫くのかもしれませんね。



ちなみに、巨人族を統率するのはやはり、

ゴッドウソップなのではないでしょうか。


ワンピースは一話一話が最終章に向けての

伏線になっているので、ぜひその辺りも

楽しみながらご覧いただくと楽しめる

ようになることが間違いありません。


引き続き、ドレスローザ編も楽しみに

してみてください。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ