ワンピースのアニメ686話のネタバレ予想!コラソンとローの過去も




ワンピースのアニメ685話を視聴して、

やっぱり、闘技場メンバーが心強いなと

感じた管理人です!


そこで、単行本でもすでに何度も何度も

読み返しているのですが、次回の686話の

展開も予想していこうかなと思います!


まさか、あの人物の正体が明らかに

なるとは・・・。

Sponsored Link

686話ではどんな展開になるのか?





75巻の該当箇所を読み返してたのですが、

はじめのページから読み返して

しまいました(笑)


今から見てみても、色んな伏線が回収されてて

すごく興味深く読めたので、ワンピースの

偉大さが分かりましたね。


それでは早速、アニメ686話のあらすじを

予想してみたいと思います!


前話では、単行本75巻の第749話までの

内容が放送されましたので、

第750話「戦局」辺りが描かれると

思いますので、それを踏まえて

予想していきましょう!


単行本のあらすじ情報1:闘技場メンバーと王宮へ!





ゾロがピーカの本体と対峙することで

石造の方のピーカの動きが止まりますね。


これを機にルフィとロー、コロシアム

軍団達は一気に王宮へ駆け抜けようと

します!


さすがは、ゾロめっちゃ強いですね!


ゾロの強さが改めて実感できたシーンでは

ないでしょうかね。

⇒ゾロの強さの秘訣は?


しかし、それをやすやすと許すような、

ドフラミンゴ達ではありません。


各々ドフラミンゴの幹部およびその下に

つくものと戦闘することでしょう。


また、忘れてはならないのがキュロスです。

⇒キュロスの正体!


キュロスもドフラミンゴの手下と戦いながら

どんどん王宮に迫っていくと思います。

Sponsored Link

単行本のあらすじ情報2:ウソップ達とリク王が合流!





続いて、ウソップやトンタッタ一行が

そろそろ王の台地についてもいい頃ですね。


686話あたりでリク王たちと合流するでしょう。


ところで、ドフラミンゴによって海賊に

あまりいい思いがないリク王ですが、

ドフラミンゴと戦ってくれているルフィ達は

海賊です。当然素直にルフィ達に

この国を預けられないでしょう。


ここは、直接ルフィ達を見てきた

ヴィオラがそのリク王にルフィ達の

姿を伝えてくれるのではないかと

想像しています。


単行本のあらすじ情報3:サボvs藤虎!?




さて、ここまで思うようにルフィ達が

行動しているようですが、海軍は

どうしているのでしょうか。


本来ならドフラミンゴとの契約でルフィ達を

邪魔するはずが、それができない状態に

あるのです。


その訳は、なんと、サボが藤虎たち海軍を

足止めしているのです!



ルフィの兄としてルフィ達を邪魔するものに

容赦はしない、といったところでしょう。


そんなサボと藤虎の戦いが686話では

少しだけ描かれるのではないかと思っています。


単行本のあらすじ情報4:ローとコラソンの過去が明らかに!




予告を見た限りでは、ローの過去編も

明らかになりそうな予感ですね。


いよいよ、ローが発言していた

“あの人”である”コラソン”と

2人の過去が明らかになる日が

来そうですね。



⇒コラソンの正体は?


  • どうしてローはドフラミンゴを狙うのか?

  • ローとコラソンとの間には何があったのか?

  • コラソンは最終的にどうなったのか?

  • などなど、気になる展開が満載に

    なっていると思います。


    この辺りも今後のアニメの中でも

    明らかになっていくでしょう!


    まとめ


    さて、686話をお伝えしてきましたが、

    いかがでしたでしょうか?


    686話ではそれぞれがいまどこにいて

    何をしようとしているのか、このあたりが

    放送されるのではと考えています。


    アニメの次回(687話)でサボと

    藤虎の戦いの詳細が描かれる
    かな

    とも思います。


    また、コラソンとの過去編についても

    描かれる可能性もあるので、この辺りも

    非常に楽しみですね。


    では、放送を待ちましょう!

    ⇒アニメ687話の展開は?

    Sponsored Link

    最後までお読み頂きありがとうございました

    もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
    ご協力よろしくお願いします。

    この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

    コメントを残す

    このページの先頭へ