ワンピースの鬼ヶ島はワノ国に存在するのか?カイドウの城か検証!




793話でシルエットだけですが、四皇の1人、

百獣のカイドウが登場しました。


何気に初めての登場になるのかなと

思いますが、カイドウの影を見ると、

まるで鬼の角のような出で立ちから、

カイドウの正体は鬼なのかなと思えてくる

のではないでしょうか。


そもそも、カイドウが住んでいる島というのが

ワノ国の鬼ヶ島だという真相は果たして…

Sponsored Link

カイドウの姿が登場!鬼の姿に見える真相は?




これまでもワノ国編については何度も

お伝えしてきました。

⇒ワノ国での登場人物まとめ!


ワノ国最強の剣豪部隊など、新選組を彷彿と

させる数多くの剣士が登場するのかなと

予想をしていますが、それを考えただけでも

かなりワクワクしてきますね。


尾田先生がワノ国編を描くのを楽しみに

しているというのは凄く有名な話なので、

ゾウ編を飛ばして、早くワノ国に行かないの

かなと思っていたりします。


そして、793話「虎と犬」の中で、ワノ国と

関連している唯一の描写があったと

思われますね。


それが、カイドウのシルエットが『鬼』に

なっていた点でしょう。


カイドウは四皇の1人であり、百獣のカイドウと

恐れられていました。


彼の異名も『地上最強の生物』と言われて

いただけに、まさか「オニオニの実」の

能力者だったりするのかなと安易に予想が

できそうですね。


ただ、何よりも気になるのが『鬼』が

住む島と言えば、日本の最も有名な昔話

『桃太郎』が考えられるでしょう!


これまでも、ワンピースの世界では

古代ギリシャ神話、浦島太郎、ガリバー旅行記

など非常にたくさんの神話が取り入れられて

来ましたね。


となれば、当然『桃太郎』が舞台になっても

全くおかしくはないはずです。


そして桃太郎といえば、日本の昔話なので、

ワノ国の領土である可能性も高いはず。


793話のタイトルも「虎と犬」という

タイトルからも、桃太郎に登場する

『犬』と北東の方角を示す「丑虎=鬼門」の

『虎』が使われていたことから、桃太郎を

嫌でも連想させてしまうのかなと

思いますね。

(尾田先生はこういう隠れたメッセージを

何度も使ってきました。)


ちなみに、丑寅=鬼門を意味しており、

鬼=カイドウの事を指しているのだとすれば、

現在の海軍の大将である藤虎と緑牛の2人は

カイドウの部下である可能性もあるのかも

しれません。



カイドウのスパイとして、海軍に潜入しており、

海軍本部を内部から破壊することを目的に

しているのだとすれば、カイドウはかなりの

やり手という事になるでしょう。


そして、ここから気になるのが桃太郎で

言うところの『猿』とは一体だれになるのか

というと…

  • モンキー・D・ルフィ

  • モンキー・D・ドラゴン

  • モンキー・D・ガープ

  • この3人の「モンキー=猿」を意味しているの

    かなと予想ができそうですね。


    どうしてわざわざ「モンキー」という少し

    ネガティブな意味の言葉を選んだのかと言うと、

    鬼ヶ島編での桃太郎に結びつけたかったから

    だと管理人は考えています。

    (ただ、一番の可能性として考えられるのは

    海軍大将の”黄猿”なのかもしれません。

    文字通り猿がついているからです。)


    ただ、猿1人で3人も人物がいるというのも

    少し不自然かもしれません。


    なので、例えば猿はルフィとドラゴンの

    2人が猿で(それだけでも凄いですが(笑))、

    ガープは桃太郎に山へ芝刈りにいった

    『おじいさん』を指しているのかも

    しれませんね。


    ではおばあさんは誰だという話になるのかも

    しれませんが、『ウォシュウォシュの実』の

    能力者で、「洗濯」を想起させる人物、

    海軍中将「お鶴」ではないでしょうか。


    これだけ揃うと脇役の『雉』も

    誰になるのかも気になりますが、

    『鳥』と考えた場合、これまでの物語で

    登場した人物の中でぴったりな人物が

    1人思い浮かぶのではないでしょうか。


    それが『ドフラミンゴ』です。


    イトイトの実の能力者であり、

    『フラミンゴ』のような格好もして、

    空を飛んでいるようにもみえましたね。


    ドレスローザ編でルフィに敗れたとは言え、

    CP0の力によって、インペルダウンに

    収監されずに、無罪放免で解放される

    可能性も十分にありますね。

    (もちろん、青キジこと、クザンの再登場の

    可能性もあるので、クザンとドフラミンゴの

    2人なのかもしれません)


    よって、ドフラミンゴがワノ国の

    鬼ヶ島編にて再登場する可能性も

    あると管理人は考えています。


    これだけ桃太郎を連想させる人物が

    登場しているのも凄いなと思わざるを

    得ませんが、最後の1人「桃太郎」が

    “あの人物”しかいませんね。


    この人物の展開によって、鬼ヶ島編が

    どうなっていくのか判明する可能性も…

    Sponsored Link


    鬼ヶ島のモデルは「桃太郎」から推測するワノ国の展開とは?




    まず、桃太郎を意味する人物は2人いると

    管理人は予想をしています。


    まず1人目が海軍大佐まで上り詰めた

    コビーです。


    彼はいずれは海軍将校になると宣言を

    しており、怒涛の勢いで出世をしていますね。


    そして、何よりコビーの髪の色が桃色であり、

    やがては赤犬、黄猿、青キジの3人を部下に

    従える可能性があるからです。

    ⇒ワンピースの世界の桃太郎はコビーの可能性も


    2人目の桃太郎ですが、「モモの助」

    あげられるでしょう。


    “もも”という名前がついていますし、

    「ワノ国の将軍になる男」という事からも

    ワノ国の重要な人物であることには間違い

    ありませんね。


    そして、何より鬼ヶ島に鬼退治に向かうのは

    ワノ国出身のサムライが一番しっくりくる

    ので、モモの助がカイドウを討伐するのに

    重要な鍵を握っているのかもしれません。


    ドフラミンゴがモモノスケを狙っていたのは

    カイドウ(またはワノ国)にとって重要な

    人物なので、誘拐しようとしていたのだと

    思います。


    ワノ国と鬼ヶ島というのは一体どういう

    関係にあるのか詳細は不明ですが、

    1つ考えられるのが、ワノ国を支配しようと

    しているのかもしれませんね。


    そのために、カイドウはゾウにおいて、

    人造悪魔の実を大量に仕入れて、

    悪魔の実の集団を作っているのだと

    思います。


    それはワノ国のあまりにも強すぎる

    剣士に対抗するための勢力を拡大しようと

    ドフラミンゴと取引をしてきたのでは

    ないでしょうか。


    最後に昔話「桃太郎」において、

    桃太郎が鬼ヶ島から「宝」を持ち帰って

    きましたね。


    この宝というのがワンピースに近づくのに

    重要な鍵になるのかなと思っています。


    それが、『古代兵器ウラヌス』または

    ウラヌスのありかを示すポーネグリフの

    存在なのかなと予想をしています。



    カイドウが鬼ヶ島に居続けているのも

    空白の100年に関わる歴史が鬼ヶ島にあるの

    かなと思っています。


    ワノ国にとって神聖なものである宝を

    カイドウが横取りしようとしていて、

    ワノ国が国をあげてカイドウを倒そうと

    しているのではないでしょうか。


    そう考えると、モモの助やカン十郎が

    ゾウの島に向かっていた理由もなんとなく

    見えてきたのかなと思っています。


    悪魔の実の能力者軍団を少しでも減らす

    ために、悪魔の実の供給をストップさせたり、

    能力者を一人でも減らそうとしていたのでは

    ないでしょうか。


    いずれにせよ、ワノ国編ではどのような

    展開になるのか非常に楽しみですね!


    まとめ!


    さて、793話のカイドウのシルエットから

    ワノ国「鬼ヶ島」の存在について

    お伝えしてきました。


    鬼ヶ島はカイドウが住んでいる島であり、

    今後の新世界の展開においてキーポイントに

    なる可能性があるのかなと思っています。


    ここでの戦いは海軍本部、革命軍、

    最悪の世代の海賊達、七武海、ワノ国の

    最強剣士など、カオスな状態になるのかなと

    思われます。


    間違いなく新世界編での最も大きな山場に

    なるので、今後の展開は注目しましょう!

    Sponsored Link

    最後までお読み頂きありがとうございました

    もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
    ご協力よろしくお願いします。

    この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

    コメントを残す

    このページの先頭へ