X・ドレークの父親がXバレルズ!海軍を辞めて海賊になった理由は?




最悪の世代の1人であるX・ドレークですが、

何とドレスローザ編の過去編に登場して

いた事が78巻のSBS内にて明らかになり、

驚いている読者も多いのだと思います。


しかも、父親がX・バレルズという海賊で、

ドフラミンゴとオペオペの実を取引して

あの海賊だったので、びっくりしましたね。


そして、読者と尾田先生の会話からも、

ドレークには海軍から海賊になった

“何か”がありそうな予感も…。



ドレークの過去には一体何が起きて、

海賊になったのか…

また、ドレークは一体何を目指しているのか

検証をしてみましょう!

Sponsored Link

X・ドレークがローの過去編に登場!




ワンピース78巻の142ページに記載の

SBS内において、下記のようなやりとりが

ありましたね。




D:海賊バレルズのもとにいた

ドリィと呼ばれていた彼は、ドレーク海賊団の

X・ドレークさんですよね!?

ディエスという名とあごの傷、北の海出身と

いうので気づきました。

てことは、バレルズはドレークさんの父親ですか?


O:はい、そうですよ!!

よくお気づきで。

最悪の世代として世間を賑わしている若き海賊

の1人ですね。彼の父バレルズは、元海軍将校で、

ドレークはそんな立派な父に憧れ、

海兵になる夢を持っていました。

しかし、何があったのか、父は海賊になり、

息子にも暴力をふるうひどい男になってしまい

ました。

過去の父を信じてついていくドレークは、

この時(13年半前)19歳。

少年というには大きいですが、弱々しく父に

おびえる姿は、もっと幼く見えたことでしょう。

そしてローとの運命的なすれ違いを果たし、

海軍に保護され、海兵に。しかし、何の因果か

ドレークもまた、海軍少将にまでなった後、

軍を抜け、海賊になってしまいました!!

一体何があったのか?何考えてんの?

ちょっとあんた!ねぇ~。

表紙連載にも登場したX・ドレークの今後の

行動が気になります!!


参考:78巻142ページ


尾田先生本人が「気になります」という発言が

気になってきますが(笑)


この事実からも、ドレークとコラソンとの

共通点として、元海軍だったという事が

あげられますね。


ドレークが海軍を辞めたのには、海軍に

見切りを付けて、自らの意志で海賊に

なったのだとすれば、コラソンとは

全く反対の立場という事が分かります。

(コラソンはドフラミンゴの情報を

海軍に流すために、潜入捜査をしていました)


ドレークはどうして海軍を

辞めたのでしょうか?

Sponsored Link

X・ドレークがなぜ海軍を辞めたのか?ドレークが海賊になって何を目指している?




ドレークは元々海軍将校であった父に

憧れていたことが分かっています。


それは最悪の世代の幼少期の中で、

ドレークが海軍の帽子を嬉しそうに

被っていたことからも分かることですね。





19歳のドレークが海軍に保護された結果、

そのまま海軍になってしまったのは

少し皮肉な結果なのかもしれませんね。


元々ドレークは海軍の父親に憧れていたので、

ある意味で本望なのかなと思いますが、

その海軍を辞めたのには、自分が想像して

いたものとは違ったからではないでしょうか。


ここからは管理人の推測ですが、海軍に

失望する瞬間というのはいくつかポイントが

あると思っています。


それは、海軍として「正義に反する」ような

事態に陥ったからではないかなと思います。


一番可能性として高いのが、海軍が天竜人を

守って海軍の人間や、民間人が犠牲になった

ケースなどではないでしょうか。



ドレークがそのような状況を目の当たりに

した時に、かつて自分が憧れていた海軍の

姿はなく、ただ単に天竜人を守る保守的な

組織に見えて、失望してしまったのかなと

予想をしています。


または、ドレーク自身が天竜人のせいで

犠牲にならざるを得なかったという状況も

考えられるでしょうか。


いずれにせよ、天竜人の存在によって、

ドレークが海軍をやめざるを得ない様な

状況に陥った可能性が高いのかなと

思っています。


というのも、ドフラミンゴや、サボも

そうですが、何かと”天竜人”の存在が

彼らの人生の転機に関わってきてます。


ドフラミンゴは元々天竜人という立場から、

天竜人に戻ろうとしましたが、結局は

戻ることができずに、そのまま海賊に

なりましたね。


また、サボは貴族という立場から、

海賊を目指しましたが、天竜人の

ジャルマックによって、命を狙われました。


魚人海賊団の船長フィッシャー・タイガーも

天竜人の奴隷だった過去から、奴隷を解放し

ジンベエ達がその意志を受け継ぎました。


このように、様々な立場の人間たちが

天竜人に苦しめられてきた過去から、

人生の転機が訪れています。


  • ドフラミンゴは天竜人

  • サボは貴族

  • フィッシャー・タイガーは魚人


  • ということは、ドレークの場合においては、

    「海軍」という立場から天竜人がきっかけで

    人生の転機、つまり海軍をやめざるをえない

    状況に落ったのではないでしょうか。



    そして海賊になったドレークの目的はもちろん、

    ルフィやキッド達と同様に、『海賊王』だと

    思いますが、その過程の中では天竜人の

    支配を無くした世界を作りたいという

    目標があるのだと予想をしています。



    ドレーク自身もDの一族という説もありますが、

    これは以前から当サイトがお伝えしている

    Dの一族 VS 天竜人という構図になっていく

    伏線になっているのかもしれませんね。


    まとめ!


    今回はX・ドレークについて

    お伝えしてきました。


    彼がドフラミンゴとローの過去編の中に

    登場していた事実には非常に驚きましたが、

    ドレークが今後の新世界編でも重要な役割を

    果たす可能性もあるのだと考えています。


    現在は、カイドウがいると思われる、

    ゾウに滞在していると思われますが、

    ドレスローザ編の次の島でドレークが

    ルフィとローの2人に加勢する可能性も

    十分にあるのではないでしょうか。


    それにしても、最悪の世代が一致団結して

    四皇を1人ずつ倒していくという展開も

    少しワクワクしてきそうで、今後の展開が

    非常に楽しみですね。


    新世界編での最悪の世代の活躍は

    今後も目が離せないでしょう!

    Sponsored Link

    最後までお読み頂きありがとうございました

    もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
    ご協力よろしくお願いします。

    この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

    コメントを残す

    このページの先頭へ