尾田栄一郎がワンピースを描くこだわりやモットーとは?

od_kodr 

ワンピースは2013年12月の時点では

累計発行部数が3億部を突破するほどの

大人気漫画になっていますね。


そんなワンピースですが、ヒットしている

理由については諸説ありますが、

今回は中でも尾田栄一郎先生が

いかにワンピースを描くにあたって

こわだりを持っているのか、という点に

焦点を絞ってみました。

Sponsored Link

作品作りの原点はドラゴンボール!?

doragon_gent 

まず、尾田先生がワンピースを描くに際し、

『原点』があり、それに忠実にのっとって

ワンピースを描いていると言われています。


その原点とは、鳥山明先生のドラゴンボールの

“ワクワク感”
だと尾田先生が発言しています。

『ドラゴンボール』のワクワク感。

あれをもう一回教えてやんないと、少年に。

ワクワクする演出。

コンビニにジャンプ買いに行って、

帰り道に我慢できずに立ち止まって

読んじゃう。あの感じ。

参考:コミッカーズ



また、アンパンマンの作者、

やなせたかし氏との対談では、



週刊誌で連載しているので、毎週何か1つは

読者をびっくりさせるものを入れようと

思っているんです。

読者が次の号を待ってる間

「こうなるんじゃないか?」と

思いを巡らせる、その想像よりもすごいのを

見せたいんです。


参考:カラーズ


という発言もしていました。


ワンピースを描く上で、

読者をとにかく楽しませよう、

ワクワクさせよう、と1日24時間頭を

使っているということが

お分かり頂けるでしょう。


尾田先生はよく『天才』という風に

言われることがありますが、

『読者を楽しませる』ために、ありとあらゆる

考えを巡らせられる『天才』
といえるのかも

しれませんね。


『こだわり』はとにかく作りこみが半端じゃない!?

kodwari 

次に、尾田先生がワンピースを描く上で

『こだわり』が尋常ではない点について

まとめてみました。


もちろん、多くの漫画がこだわりをもって

作るのは当たり前ですが、尾田先生の場合は

他の漫画家よりもはるかに作りこんでるのは

間違いありません。


例えば、

●ワンピースの最終回はすでに完成している

●会話はそのキャラが自然に話す『言葉』を

 選択する。それくらい、キャラを作りこむ


●誰が主役になってもおかしくない、

 それくらいの仲間たちを連載前に完成させてる


といったことがあげられるでしょう。


連載前からワンピースの世界観をひたすら

作りこんでおり、そのために1日何時間、

時には10時間以上も思考にふけるのだとか。


ちなみに、尾田先生の一週間のスケジュールは

ネーム作成・・・3日

仕上げ  ・・・3日

単行本準備・・・1日

となっており、『休日は0日』です。


しかも、1日の作業時間は14時間以上であり、

一週間のうちのほとんどがワンピースを

描くために何かしらの作業をしている

ということがお分かり頂けるでしょう。


つまり、ワンピースを描くために

命をかけている
といっても過言では

ないでしょう。

Sponsored Link

尾田栄一郎のマーケティング力は半端じゃない!?

marke 

スラムダウンクの井上雄彦先生がワンピースを初めて

ご覧になった時に、

●すごい漫画が始まった

●間違いなく大丈夫だと確信した

●『ONEPIECE』のすごいところはルフィの

 目が点なところ。

 ”面白いものはあれこれ足さなくても

 面白い”という意思表現の象徴


参考:井上雄彦ぴあ


と発言されていました。


要するに、ルフィの目の描き方から

尾田先生の漫画に対する姿勢を絶賛している


といえるでしょう。


どういうことかというと、尾田先生は

ルフィの目を描くにあたって、

様々な漫画を調査しまくって、

考えに考えぬいた上で、”あの目”を

描いたとのことでした。


(ルフィの目について)

意図的に作った絵柄なんです。

自然に出たものじゃない。

とにかく人の描いていない絵を描こうと

思って。例えば小さい目ん玉にするのも

結構苦労したんです。


参考:コミッカーズ


ワンピースの話については連載前から

すでに完成していましたが、

ルフィの絵をはじめ、『他にはない絵』

目指して、

●ひたすら調査をしまくる(マーケティング)

●他にはない絵をみつける

●他にはない描き方を体現する

という努力を何度も実践されてきた

ということがお分かり頂けるでしょう。


尾田先生は『感性』のみならず、

こういったマーケティング力も

半端じゃないからワンピースが大ヒットして

いる
のではないでしょうか。



ちなみに、尾田先生のワンピースを描く上での

モットーは

『編集者の力を借りてアイディアを出さない』

と発言されていました。


自分自身の手で、面白いものを作り出し、

面白いものも、面白くないものも

自分の責任で描きたいという強い思いが

あるということでしょう。


ワンピースという作品は歴史上最も

大ヒットする漫画となっている原点が

少しお分かり頂けたのではないでしょうか。


今後も尾田先生の裏側について

何か分かり次第追記していきますので

お楽しみに。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

One Response to “尾田栄一郎がワンピースを描くこだわりやモットーとは?”

  1. けつだしえっふぇるとう より:

    目が点なのの意図とか、連載前から世界観を練りに練っていたというインタビュー記事は初めて読みました。テクニック以前にマインドが凄まじく、そのあたりが一話目からばしばしでて、井上さんが確信したというコメントにつながっているのかとわかり、かなり興奮しました。
    まとめてくれてどうもありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ