ワンピースジェルマ66(ヴィンスモーク家)がサンジの正体!最終目的は何?




815話「ジェルマ66」では、サンジの父親であるヴィンスモーク家について、非常に重要な事実が発覚しました。

戦争屋であるジェルマ66が一体どんな組織で、何を企んでいるのか、徐々に発覚してきたので、今回は詳細に見ていきましょう。

Sponsored Link

なぜジェルマなのか?その意味は?




そもそもなぜ、ジェルマという名前が使われているのか、不思議でした。

というのも、後述していますが66だけでも結構な伏線であるはずなのに、ジェルマを「わざわざ」つけているのには何か明確な意図があるはずです。

そこでまず66の一つ目の意味について考えてみたいと思います。

まず、この66というのがトリックテイキングゲームの勝ち点「66」を意味していると管理人は考えています。

このゲームとは、お互いにトランプのカードを引いて、カードの合計点数が66点に辿り着いた方が勝つという、よくあるカードゲームです。

気になるのがこの発祥が、17世紀中世ドイツであり、ちょうど日本の江戸時代の頃です。
(ワノ国編との関連性も非常に気になってきますね。)

⇒⇨ワノ国に登場する人物とは?

時代背景から見ても、ワノ国とジェルマ66とは何か関係があるのかもしれません。

本題に戻ると、このゲームでの重要なカードというのが決まっており、

  • A(エース):11点
  • K(キング):4点
  • Q(クイーン):3点
  • J(ジャック):2点
  • 10:9点

  • となっており、お互いにカードを山から引きあって、トリック(ゲーム回数)を経てより早く66点に到達した方の勝利となります。

    余談ですが、ルフィの兄であるエースが11点、カイドウの部下であるジャックが3点、バーソロミューくま(暴君=キング)が4点、イワンコフ(Queen)が3点ということになるのでしょうか(笑)

    この辺りについては、非常に気になるところですね。

    さらに余談になりますが、革命軍がトランプのマークを意味してましたが、ドフラミンゴも同様に幹部にはトランプのマークが使われていました。

    ワンピースではトランプが非常に重要な意味を持っています。歴史的に見てこのトランプが世界政府を倒し、ワンピースを手にいれるのに重要な伏線になっているのかもしれません。

    過去の歴史からみて、戦争が繰り広げられてきたことからも、トランプに関する”何か”が隠されてきたのでしょうか。


    ちなみに、ヨーロッパのカードゲームというのは、戦争シミュレーションゲームなのは周知の事実だと思います。


    というのも、ヨーロッパは島国日本と違い、互いに陣地を侵略したり、守ったりが当たり前であり、戦争の歴史そのものであるからです。

    スポーツでも、サッカーやラグビーなどの球技でも戦争をイメージしているのは有名な話ですね。

    オフサイドとか、相手の陣地に無防備に突入したらファウルを取られますが、戦場ではthe endです。

    このトリックゲームもドイツ発祥であることから、ドイツ(German)からジェルマを意味しているとすれば自然な考えかなと思われます。

    これはサンジが北の海(ノースブルー)出身地というのがヨーロッパがモデルになっていることを意味しているとすれば、非常に重要な伏線になるはずです。

    そして、「ドイツ」「戦争」というワードで歴史的に有名な為政者といえば、誰もが知っているアドルフヒトラーでしょう。

    hitler

    ここからはかなり飛躍した妄想にはなりますが、サンジの父親はヒトラーのような出で立ちであり、第二次世界大戦のナチス軍がモデルになっているのかもしれません。

    ・・・と言いながら、トリックカードゲームが17世紀がモデルなので、急に20世紀のナチスが出てくるのは少し不自然かもしれませんね。

    ただ、漫画を描くにしても時代背景を無理やり合わせる必要性というのはないはずです。(というか言い訳です。)

    ドイツナチス軍がモデルになってる可能性もゼロではないでしょう。
    Sponsored Link

    ”66″が指す意味とは?ジェルマ66の目的は天竜人を倒すこと?



    続いて気になる66ですが、もちろん、カードゲームの66点を意味していると思われます。


    つまり、戦争に勝つことを指しており、「戦争に勝つ」というのは、世界政府を倒すということを指しているのでしょう。

    こちらでも詳細をお伝えしてきました。

    ⇒⇨815話あらすじ


    こちらでもお伝えしてきましたが、66というのは悪魔の数字を意味する666も指しているのだとすれば、悪魔というワードもぴったりきます。

    そして、神=天竜他人を指すのだとすれば、ヴィンスモーク家の狙いは打倒天竜他人であり、打倒世界政府ということになります。

    そのために、全世界を戦争をコントロールすることで、直接倒そうとしているのかもしれません。


    目的は革命軍と一緒でも、そのプロセスは全く逆のものでしょう。

    革命軍は戦争を最小限に食い止めようとしており、戦争屋ジェルマ66はむしろ戦争を波及させていっています。

    敵対している二者ではありますが、いずれは敵対する時がやってくるのではないでしょうか。

    そして、サンジの見た目のぐるぐる眉毛というのも、ジェルマ66の66を意味しているのかもしれません。

    sanji_mayuge

    新世界編でも、それ以前でも自分の顔半分をずっと隠し続けてきたのは、自分の顔を出すことで、ジェルマ66の組織の人間であることがばれないように、隠していたということでしょう。

    これほど長期にわたっての伏線もすごいですね。

    サンジは戦争を引き起こすための英才教育を幼少期からずっと行ってきたのだとすれば、あまりにも嫌気がさして家を飛び出したものと思われます。

    生まれた時から悪魔の子として、育てられたというエピソードはニコロビンの過去ともある意味で近いかもしれません。

    ワンピースの世界では”悪魔”というキーワードが非常に重要になってきますので、反乱分子として世界をひっくり返す伏線になっているのかもしれません。

    その反乱分子の中心がなんといっても麦わらのルフィであるのはいうまでもないと思います。

    サンジも悪魔の一味として、自分の過去を乗り越えて、麦わらの一味に再び合流する日を待ちたいですね。

    Sponsored Link

    最後までお読み頂きありがとうございました

    もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
    ご協力よろしくお願いします。

    この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

    One Response to “ワンピースジェルマ66(ヴィンスモーク家)がサンジの正体!最終目的は何?”

    1. こうさつん より:

      初めまして。最近ずっと気になっていたサンジの生い立ちが徐々に発覚してきてワクワクしている者です。
      この多くの伏線が張られている漫画に多くの考察サイトさんが存在している事も最近知りました。
      で、本題です。ヴィンスモーク家とビックマムの政略結婚の目的について私なりに考察してみました。
      そもそも、こちら様でも書いている通りヴィンスモーク家の権力が政府に対し絶大であるならば、何故今、ビックマムの“傘下”になりたいのかが大いに疑問です。
      世界で起こる戦争を操作出来るような組織のトップであるならば四皇といえど1海賊の傘下になる必要があるのか?
      そこでサンジの「なぜ今更?」のセリフ。言葉通りにサンジ自体をなぜ今更ヴィンスモーク家が求めるのかという意味だとすると、2人の兄は現状その結婚に使えないという事になります。すでに結婚しているか、そんな状況ではないのか。
      ここで、ペコムズがドレスローザで会った時にはシーザー奪還だけが目的で、ゾウに向かう前にもう1件案件が増えたと言っているシーンがありました。それはサンジの手配書が写真に変わった後となります。そこでビックマムがサンジの正体に気付きお茶会に招待したということになるかと考えます。そーなると、この結婚話はもっと前から存在し、サンジを探し出しやすくする為にヴィンスモーク家が手配書を写真にする事と額の引き上げ、Only Aliveの要求をしたと考えられます。そして見つけ次第結婚させる算段だった。
      ここでまた話が少し変わりますがドフラミンゴが負けた際、そのニュースが世界に流れるシーンで取引先と思われる人達が描かれ、それぞれ武器の入手が出来なくなる事に困惑している様子でした。そこで考えられるのがヴィンスモーク家にとってミンゴの失脚は結構な痛手だったのではないかという事です。これは想像ですが革命軍が各国の戦争で勝利している描写から、その負けている側にジェルマ66が関わっていて損害が多大だとします(もしかしたら革命軍の目的としてジェルマ66の壊滅というのもあり得る)。そこに加えてミンゴからの武器の取引が途絶える事が追い討ちとなり革命軍への対策としてビックマムの傘下に入る事を考えたのではないか。しかしビックマムの傘下になるには血縁関係にならなければならない。赤の他人が血縁関係になるには養子か結婚となりますが、何故か結婚を選択し、兄達では出来ない為にほったらかしだった三男を探す羽目になった。
      というのが私の考察です。
      もちろんビックマム側が望んだ政略結婚の可能性もありますが、そーなるとサンジのセリフで結婚と手配書のOnly Aliveは同一人物が行った的な発言に矛盾ができてしまいます。さっき述べたようにビックマム側がサンジの正体に気づいたのは手配書が写真に変わった後なのでOnly Aliveへの変更が先である以上ヴィンスモーク家側は既に政略結婚の交渉状態であったはずです。ビックマムもミンゴの失脚は痛手だったとしたらお互い重要な取引でしょう。
      そしてまた、これも想像ですが、ナミは結構こまめに新聞を取り世界情勢の情報を知っています。という事は一緒に行動していて興味があればその情報をサンジも知り得たはずです。また修行期間の2年間も革命軍であるイワンコフの元にいた事を考えると世界情勢の情報は得る事が出来たと思われます。そう考えるとその情報からサンジが既にジェルマ66、もしくはヴィンスモーク家の衰退を予測できたのではないでしょうか。だからこそ新しい手配書をみてヴィンスモーク家の力を感じ、ゾウに入る際、サングラスをして変装をしているのではないかと考えます。これは完全に想像ですけど。
      ついでにもう1つ想像。
      ペコムズがビックマムは傘下にする時必ず血縁関係を結ぶと言ってましたが、三十五女のプリン。つまり35人娘がいるってことですがそれって傘下にする為の養子達なのでは?
      するとプリンさんはビックマム傘下の海賊なのでは?と想像。
      さすがにビックマムが女なら35人を産むって無理だと思うので。男なら複数の女性に産ませればいいから可能でしょうけど、マムですしね。
      以上、拙い私の長々とした考察です。
      いかがでしょうか?

    コメントを残す

    このページの先頭へ