ロロノア・ゾロのモデルはフランソワ・ロロネー!

huransowa 

麦わらの一味で三刀流の剣士ロロノア・ゾロの

モデルがいることをご存知でしょうか。


1660年代に活躍したカリブの海賊、

フランソワ・ロロネーという

人物がゾロのモデルになってます。


今回はこのロロネーがどういう人物か

ゾロとの共通点などもまとめてみました。

Sponsored Link

フランソワ・ロロネーのプロフィール

rorone_zoro 

本名:ジャン=ダヴィ・ノー(Jean-David Nau)
別名:フランソワ・ロロネー(Francois l’Olonnais)
活躍時期:1635年-1667年


ゾロは麦わらの一味で唯一の実際の海賊の

名前が使用されていますね。


そのため、ゾロには何か特別な意味が

込められているのかもしれませんね。


では、ロロネーは一体どのような人物か

というととにかく『冷酷な人物』なことが

分かっています。


一体どれくらい残酷な人物だったのでしょう。


邪魔なものは排除してしまう

rorone_haizyo 

ロロネーは目についた気に入らないものは

とにかく消してしまう人物
で、

襲った町などでは捕虜などにはせず、

住民の命を奪ってしまうような

人物でした。


この他にも500人以上の駐屯軍を壊滅させ、

身代金目当てに都市を占拠する
など、

やり方は手段を選ばない冷酷な人物でした。


一見すると、ゾロとは全くイメージが

尽きませんが、ゾロがウィスキーピークで

100人の賞金首を相手に1人で戦ったのを

覚えているでしょうか。

zoro_whis 


これは正に、この500人の駐屯軍をロロネーが

壊滅させたことがモデルになっているのでは

ないでしょうか。

Sponsored Link

海賊としては超がつくほどの有名に!

huransowa_zan 


ロロネーは駐屯軍を壊滅した件で

一躍ヨーロッパ中で話題になり、

『ロロネーには会うくらいなら

死んだほうがまし』
という言葉を

言わせるほど名前を轟かせたのでした。


今後ゾロは麦わらの一味にいるくらいなので

ロロネーのような人物になることは

考えにくいと思いますが、予想としては

『ロロノア・ゾロ程有名な人物はいない』

と言わしめるほど世界中に名前を轟かせる

のではないでしょうか。


おそらく、尾田先生がゾロに込めたのは

ぱっと見や、巷の噂では『悪』とされるが

実際はイイ奴という人物を描きたい
ために

ゾロにはあえて最も残酷な海賊の名である

『ロロネー(ロロノア)』をつけた
のでは

ないでしょうか。


ロロネーの最期について

rorone_saigo 

ロロネーの最期はニカラグア沿岸を襲撃した時に

現地の住民と争いをしてしまいます。


そこであけなく命を落としてしまうという

なんとも哀れな最期ではないでしょうか。


これを踏まえてゾロの最期はどうなるか、

というとやはりロロネーのように

何らかの罪に囚われて、処刑される
というのも

考えられるのではないでしょうか。



さて、今回はロロノア・ゾロのモデルである

フランソワ・ロロネーについての経歴および、

今後のゾロの展開についてまとめてみました。


今回の考察についての真偽が明らかになるのは

まだまだ先になるとは思いますが、いずれにせよ

ロロネーとゾロは全く正反対のイメージであるのが

お分かり頂けたのではないでしょうか。


今後のゾロがロロネーのように冷酷な人物として

描かれるのか、本編を注目してご覧になって

頂ければと思います。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ