ワンピース本編にオートマチック式拳銃は登場しないのか?~気になるワンピースの銃事情~

私がワンピースを読んでいて、様々な疑問がある。

その中で明確になった疑問とはワンピース世界に

オートマチック式拳銃が登場しないのかという事だ。

今回はこの考察について、進めていきたい!

Sponsored Link

●何故、オートマチック式を造らないのか?~レーザーやパシフィスタがある矛盾~



ワンピース世界にはパシフィスタと呼ばれる

サイボーグが投入されており、

シャボンディ諸島動乱やマリンフォード頂上決戦で活躍した。


更に、パシフィスタには黄猿のピカピカの実の産物である

レーザーが撃つ事が出来る。


と、ワンピース世界ではサイボーグやレーザー兵器が

実戦投入されているのだ。


現実世界でも、サイボーグやレーザー兵器は実戦投入されていない事から、

ワンピース世界の方が進んでいると言える。


だが、サイボーグやレーザー兵器が実戦投入されているにも関わらず、

95巻まで私はオートマチック式拳銃を見たことがない。


どうして、現実よりも進んだ近未来兵器があるにも関わらず、

オートマチック式拳銃が実戦投入されていないのだろうか?


ベガパンクの頭脳なら、彼によりオートマチック式拳銃が開発され、

実現出来た武器として出しても可笑しくないのにどうしてなのだろう。


●市民や海軍も海賊も革命軍も世界政府もフリントロック式拳銃を愛用している?


オダッチはワンピース世界に出てくる銃は大部分がフリントロック式と説明しており、

彼もワンピースが海賊を中心とした世界観を持っているので、

カトラスと並び、フリントロック式も世界観を買うアイテムとして描写している。


ワンピース世界の銃は、どちらかというとモブや背景キャラが持っている事が多い。

(というか、殆どモブばかりが持っている様に見える。)


例えば、戦闘員と言えない人物も持っている。

・メリー

シロップ村のお嬢様カヤに仕える執事。ウソップがカヤに近付こうとして、銃で追っ払っていた。因みに銃弾はウソップに着弾。


・トンジット

10年間竹馬に乗っていた竹馬の精霊…じゃなくて、ロングリングロングアイランドの遊牧民。フォクシーによって、

撃たれた愛馬シェリーが撃たれた際に仕返しにマスケット式ライフルで構えた。


・アイスバーグ

元トムズワーカーズのトムの弟子にして、W7の市長でガレーラカンパニーの社長。ロビンが銃口を向けた際、彼も銃を突きつけた。


・チャルロス聖

きったない不細工親父にして激烈に臭そう。ルフィやゾロなどのメインキャラに向かって発砲するなどのトリガーハッピーなのだが、

殴られる。二年後もミョスガルド聖に殴られる。


と、執事や遊牧民といった市民から、世界的に有名な社長や下衆な天竜人も所持して、愛用している様だ。(特にチャルロス聖)

他にも、名前ありのキャラであれば海兵であるベルメール、コラソン。海賊で言えば、

ヤソップ、ヴァン・オーガー、ベックマン、ラッキー・ルウ、黒ひげ。

王下七武海でいえば、ドフラミンゴ。

オロチやプリンも使っている。

しかし、これだけの名ありキャラやモブが使っているのにも関わらず、


オートマチック式拳銃を使うキャラが居ない。

Sponsored Link

●オートマチック式拳銃が発明出来るが、普及させない説。

最後にオートマチック式拳銃は本編で出ていないが、

私の答えとしてはやはり世界政府がオートマチック式拳銃の登場で

パワーバランスが崩れない様にしているかと考える。

オートマチック式拳銃は発砲と装填が出来れば、

素人でも人を殺害出来ることが出来る武器だ。

しかも、フリントロック式よりも容易に保管が出来、

また雨でも撃つ事が出来るので、

悪天候が多いワンピース世界では、有効な武器として使われるのであろう。


だが、問題は世界を支配する世界政府がオートマチック式拳銃は

発射機構が簡単なうえ、


銃いじりが得意な海賊がオートマチック式拳銃を

普及させる恐れがあるのを恐れているのではないだろうか?

パシフィスタは一海賊では倒すのも一苦労だし、手に入れるのももっと一苦労だ。


だが、オートマチック式拳銃はパシフィスタよりも入手するのがもっと楽の筈。


上記の銃いじりが得意な海賊によって、世に出回る事になるだろう。

いうなれば、パシフィスタと違って、

オートマチック式拳銃は世界に普及しやすいものだと分かっているので、

オートマチック式拳銃が造れたとしても、

実現に踏みとどまっていると私は考える。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ