麦わらの一味

ルフィは本編で死亡するのか?

笑顔の裏に、既にルフィの寿命は残り少ない

我らが主人公ルフィは現在、ワノ国でカイドウと直接対決を実現すべく、鬼ヶ島へ殴り込みをかけています。

カイドウを倒す為に、流桜を会得し、鉄の壁を殴り続けるなどしています。

思い返せば、ルフィはギア2という血流を上げるドーピングを使う様になってから、寿命を削る戦い方をしています。

そうでなければ、経験が浅いルフィは寿命を削らなければ、ルッチ以降のボスキャラと対等に戦えなかったと言えます。

常に外からの敵だけでなく、内にある自身の体の限界にも気付いているのではないでしょうか?

生き急ぐ盃兄弟

生き急ぐという言葉があります。

この言葉の意味言うなら、人生をグングン進めて、人生の終わりである死に向かってかけ急いでいると言います。

つまり、2年間のルフィの行動をざっと言うなら、正に生き急ぐという言葉が当てはまります。

思えば、ルフィだけでなく、エースやサボにも当てはまります。

特にエースに関して言えば、スペード海賊団を結成してから、この海で頭角を現し、白ひげから生き急いでいると評されました。

実際にエースは盃兄弟の仲で、20歳という若さでこの世を去っています。

サボに関しても、革命軍という平穏とは正反対に常に時代の渦中にいる勢力です。

そのまま、マリージョアで大将二人と戦うというサボが戦ってきた中で、一番の強敵であったといえるでしょう。

そして、現在サボの明確な生死は不明です。

つまるところ、ルフィにとって二人の兄が生き急いでいるといえる状況ですから、ルフィもそれに倣う様に生き急いでいると言えます。

ギア2を披露した後、ルフィは自分の命をも捨て始めた。

管理人は一巻から最新刊に至るまで、二年前のルフィは以下の事を述べています。

バラティエ編でサンジが命の恩人であるゼフの為に、死ぬ覚悟が出来ていると発言した後、ルフィはサンジの襟を乱暴に掴むと、死ぬことは恩返しじゃねェぞ!!と激昂していました。

これはルフィ自身もシャンクスに左腕を犠牲にしてまで、命を救われた経験があるからです。

つまり、せっかく救ってもらった命をむざむざ捨てる等、馬鹿がすることだと言っているのです。

しかし、その後ルフィの言動と考えに変化が現れます。

それが、青キジ戦です。

当時の二年前のルフィは覇気どころか、ギア2、3、4、未来予知、流桜も一切使えず、当時最強の技はゴムゴムのストームでした。

考えてみてください、今のルフィの強さを知っているなら、青キジと戦ったルフィが如何に無謀だと証明しています。

恐らく、二年後の修行を経ても勝てないと考えます。

そんなわけで、アイスタイムによって凍らされたルフィは、意識すらない完全な敗北者であり、青キジがスモーカーの件を持っていなければ、そのまま殺していたでしょう。

その後、エニエスロビー編でブルーノと対峙したルフィは力いっぱい戦う方法として、ギア2とギア3を完成させました。

この時点でルフィは、サンジが言っていた事とは真逆に、自分の命を捨ててでも、仲間を護るというある種、イーストブルー編以上に自らの命を追い込む考えを持つようになります。

ルフィ自身、そのうち、吐血するシーンがあるかもしれない

管理人としては、最終回に近づくまで、ルフィが人知れず吐血するシーンがあると思います。

言うなれば、二年間の間に常人なら何回も死んでいるダメージをその身に受けすぎ、尚且つギア2、3、4の反動も出てくると考えられます。

笑顔の裏で、ルフィはチョッパーに相談せず耐えているかもしれません。

 

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル