麦わらの一味

第三幕でどれだけ人が死ぬのか

オダッチが仕掛けた第三幕の死亡者

オダッチは確実に他の漫画家より、過去回想でネームドキャラの死を載せますが、現在進行形でネームドキャラを死亡させることは回避してきました。

ところがここに来て、オダッチは第三幕だけで、カン十郎とオロチを死亡させています。

これは他にも死亡者が出るという事を示していると考えています。

何故なら、味方陣営に死亡者が出ていないからです。ここでいう死亡者とは当然、ネームドキャラのことになります。

カン十郎は仲間になったあの日から、ずっと裏切り続けて40年(20年)の後の殺され方であり、オロチは誰もが予想しなかったあっけない幕切れでした。

どちらにも言えますが、カン十郎に関して言えば、黒炭家と言うだけで家族を殺されたというもので、彼自身の家族には罪を重ねた訳ではなく、痛ましいことでした。

オロチも、元々は黒炭家の男でしたが、まさか祖父が処刑された訳で終わりではなく、自分も狙われるとは思わなかったでしょう。

さて、そんなある意味、悪に走るしか生きざる負えなかった二人の悪人ですが、味方陣営にも死亡者は出てくるのでしょうか?

トップは傳ジロー!?ヒョウ五郎は、生きれそう

管理人は確実に、今回の戦いで傳ジローが死ぬと考えています。

その理由は、傳ジローは最も光月おでんに憧れ、20年間最も頑張ったのは、確実に傳ジローのおかげです。

傳ジローは、都の孤児であり、普通の人の様に両親がいてくれないので、金銭や食事などが与えられません。見たところ、孤児院らしき場所で生活している訳ではないようです。

で、働き口があるにしても、その日暮らしという印象です。

なので、ハンデがある以上、傳ジローは金勘定に対する金銭勘定が最も得意となり、返却した鍋を返金分に見立てて、だまし取るなどして生きてきました。

そんな傳ジローですが、光月おでんに対するリスペクトがハンパなく、年上の錦えもんに足して、自分が一番おでんを尊敬しているといい、張り合う程でした。

実際に赤鞘九人男で、傳ジローは懐事情に精通し、家計が苦しい中、必死にやりくりしていました。

故に、傳ジローは目の前でおでんを惨たらしい殺され方を見て、怒りそのもので人相が変わる程になりました。

そして、日和を迎え入れる間、素性不明の男として、花の都のヤクザ者をまとめ上げ、日和を13年間花魁として育て上げました。

更には、丑三つ小僧の正体も彼でしたし、数千人の仲間を引き連れたのも彼のおかげです。

傳ジロー死亡後のワノ国

傳ジローはいうなれば、おでんを最も慕っていた家臣であり、その年季は赤鞘九人男で一番です。なにがあっても、苦労したのは傳ジローと河松が二大トップです。

さて、逆にヒョウ五郎は、処刑される寸前で助けられそうなので、生きそうな可能性が高いです。でなければ、あの幕引きは可笑しいでしょう。

逆に、傳ジローは仲間の為に犠牲になりそうな場面が想起しやすく、なにより、傳ジローは最もカイドウへの恨みが高いでしょう。

桃源十拳時は、四人で放ちましたが、別の一撃は傳ジローが魂込めて放ちそうです。

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル