ワンピースネタバレ805話の確定あらすじ予想!ミンク族の秘密とは?




超大型象を登り切り、いよいよゾウ内への侵入に成功したルフィ一行ですが、ミンク族との対面に驚く一同。

ここから、いよいよゾウでの戦いが本格化していくと思われますが、ミンク族たちの狙いは一体何なのでしょうか。

そして、サンジ達の運命はいかに…。

Sponsored Link

ミンク族の登場!




804話「ゾウの背の国の冒険」にて、本格的にミンク族が登場し、ルフィ達との戦いが開始したようにも見えますね。

こちらでも詳細なあらすじをお伝えしてきました。

⇒804話あらすじまとめ!


雷ぞうと覚しき人物も登場しましたが、ゾウに入ることはできずにカン十郎、錦えもんと共に海に落ちてしまいました。


フランキーが聞いた声、「許可がないものは入れることができない」というのも、おそらくワノ国の人間達は入ることができないのかもしれませんね。


もしこれが本当だとするならば、モモの助や錦えもん達がゾウを目指していた理由と深く関連しているのかもしれません。


これまでも、モモの助が過去に自分の名前を聞く人間に対して怯えているシーンもありましたね。


それがドフラミンゴだと思っていましたが、カイドウの名前を聞いて錦えもんとモモの助が驚いていたことからも、モモの助に名前を聞いているのは百獣のカイドウである可能性もあるのではないでしょうか。


そして、ミンク族とカイドウとの間には何かしらの深い因縁があると思われますが、この辺りの詳細については今後明らかになるはずです。


ただ、一つ言えるのは錦えもんとモモの助が鎖国であるワノ国を飛び出して、ゾウを目指していたのには余程の理由があるのだと思いますね。


そうでなければ、命がけで新世界の海を横断するなんて、普通はできません。


カイドウと言えば、数百人を超える能力者集団を束ねる四皇として新世界に君臨し続けていますが、おそらくワノ国を支配しようとしてるのかなと管理人は考えています。





正に、鬼ヶ島の鬼さながらの見た目ではあるので、本土であるワノ国を攻める鬼の役割なのではないでしょうか。

そして、その部下というのが”鬼”ではなく、ありとあらゆる動物系(ゾオン系)の能力者であり、カイドウの異名である”百獣”もそこから来てることも容易に想像できるでしょう。


となれば、ワノ国を動物系の能力者達が暴れているのだと仮定した場合、いくら政府が手出しできない侍が数多く揃えているとは言え、限界があるはずです。


まずは、その能力者達を減らすためにも人造悪魔の実”SMILE”の供給を絶つ必要があります。その供給源がゾウなのではないでしょうか!


ゾウは”人間”を操る島なのか!?




錦えもん、カン十郎、モモの助そしてワノ国最後の仲間の1人忍者の雷ぞうの4人がどうしてワノ国を飛び出したのか何となく予想もつきそうかなと考えています。

ただ、先にゾウに潜入していた雷ぞうが追い出されてしまった時に、”猿”のような見た目に変化していたことがどうしても気になりますね。

おそらく、ゾウの内部で猿の姿に変えられてしまったのではないでしょうか。

これはナミも同様で、804話のラストに登場した獣もナミのビキニをつけているのをウソップが確認してました。


一体どうやって獣に変形させてしまっているのか、その謎は不明ですが、1000年以上前に遡らなければ詳細は分からないのかもしれません。

⇒ゾウの正体は一体何?


ただ、ワンピースの世界では不老不死がテーマの一つになっていると以前から当サイトでもお伝えしてきましたが、ゾウが1000年以上にも渡って彷徨っている理由にも繋がると考えています。


もしかしたら、ゾウの内部には人間の生態を変化させる”何か”が隠されているのかもしれません。それによって、例えば人間が何かの動物に変形することができたり、または動物も人間のような知恵を得ることができるのではないでしょうか。

または、人によっては生命力を得て寿命を伸ばしたり、極端な場合ですと不老不死になれる可能性もあるのかもしれませんね。

この辺は今後も注意深く観察していきますが、ワンピースとナウシカとの共通点の記事でもお伝えしましたが、過去のDの一族達が残した島であるのかもしれません。

⇒ワンピースとナウシカとの共通点とは?

そして、この島には忘れてはならないDのメッセージが残されているはず…
Sponsored Link

ゾウにはポーネグリフの存在も…




以前からもお伝えしてきたポーネグリフですが、ドレスローザ編で散々「登場します」と断言しておきながら、全然登場してきませんでしたね…

ただ、ある方から指摘されて「なるほど!」と思ったのですが、ドレスローザはそもそも天竜人であったドンキホーテ一族が統治してきた島です。

よって、ドレスローザにDの人間が侵入できるはずがないのです。


これまでもポーネグリフが登場した島を思い返してみると、天竜人と関わりのない島でしかありませんでしたね。

まず、グランドライン前半の海に登場した『アラバスタ』と言えば、唯一天竜人になることを拒否した王族です。


ここでは、古代兵器プルトンの在り処についてロビンが解読をしていました。



そして2回目にポーネグリフが登場したのは空島でした。もちろん、空であるので天竜人と関わりがありません。

ここでは古代兵器ポセイドンとその在り処について、ロビンが知りました。




3回目に登場した島は魚人島です。そもそも魚人は天竜人をはじめ、地上では迫害されてきたために、天竜人には奴隷として扱われてきました。

そこで活躍したのが魚人「フィッシャー・タイガー」であり、マリージョアに単身乗り込んで、多くの奴隷を解放しました。


少し話がそれましたが、魚人島のポーネグリフにはJOYBOYなる人物から、謝罪文のようなメッセージが記載されており、ロビンもその内容に戸惑いを隠せていませんでしたね。




ちなみに、JOYBOYの正体は百獣のカイドウではないかとこちらでもお伝えしてきました。

⇒JOYBOYの正体はカイドウの真相!


もちろん、これもあまりにも飛躍した説ではありますので、楽しみ半分でご覧頂ければ幸いです。


そして、4回目の登場は扉絵シリーズで、ジンベエが発見したポーネグリフです。



海底深くに眠っていた遺跡をワダツミが掘り起こしてしまい、ジンベエにこっぴどく怒られたギャグシーンかと思いきや、そこにはなんとポーネグリフが登場!


どうして海底にあったのかは不明ですが、天竜人が統治していない重要な島には残しているはずです。


よって、ドレスローザにポーネグリフが存在しているはずがないのは至極当たり前の話なのですね(笑)


ご指摘頂いた読者の方、ありがとうございました!


となれば、管理人の名誉挽回ではありませんが、今回のゾウは1000年近く海を彷徨う島であるので、天竜人の支配下にないと思われます。

そんな島であれば、ポーネグリフを隠しておくにはベストな場所ではないでしょう!

もし管理人が残すとすれば、ゾウの中でも最も重要な場所に残すはずです。それが”くじらの森”であるのか分かりませんが、ゾウの中でも最も神聖な場所にポーネグリフが残されていると予想しています。




そして、そこには古代兵器ウラヌスに関する情報、在り処について書かれているのではないでしょうか。


そうなれば、ロビンは古代兵器全ての情報とその在り処を知ることになりますので、天竜人や世界政府にとって最も厄介な存在になるはずです。

(そもそも、ポーネグリフは古代兵器の在り処を示すための手段だったのかもしれませんね…)


古代兵器ポセイドンがしらほし姫であることは非常に衝撃を受けましたが、そろそろプルトンか、ウラヌスが登場して欲しいかなと考えていたりしますね。

まだまだゾウも謎が多く残されていそうです!


まとめ!

さて、804話の展開についてお伝えしてきましたが、少しずつゾウに住むミンク族の生態も明らかになってきています。

何より気になるのが、803話で登場した獣のような生物がナミのビキニを身に着けていた点ですね。


この人物がナミなのか、それともナミが変身した人間であるのか、謎に包まれたままですね…


そして、このゾウに隠されている動物化の秘密についても必見です!

ぜひ今後の展開を一緒に見守ってまいりましょう!

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ