麦わらの一味

カイドウ対キッドの戦いはいつ始まる?

キッドの今後の活躍はカイドウへの復讐に掛かっている

二年前、シャボンディ諸島で天竜人殴打事件の犯人にされた主犯麦わらのルフィと巻き込まれたローとキッド。

そして、ほどなくとして、くまによって麦わらの一味は傍から見れば、壊滅した様に思われ、キッドはリタイアする事無く、そのまま新世界で暴れ始めました。

しかし、麦わらの一味は二年間、潜伏していて、二年の歳月を経て、再び合流し、新世界でドフラミンゴを討ち取るまで成長を遂げました。

このドフラミンゴ陥落の記事は、恐らく、キッドが二年間新世界で暴れた記事よりも遥かにスケールの大きい記事だったと思います。

麦わらの一味は、結局のところ、個々の能力がずば抜けて高く、また味方する人間も多いのがキッドとの明確な違いでしょう。

少なくとも、賞金首であるキッドとキラーが双璧にして、要であり、ヒートやワイヤーでは太刀打ちできる場面が少ないと考えられます。

さて、そんなキッドはアプーとホーキンスと同盟を組むも、直後にカイドウの襲撃を受け、そのままウドン採掘場で強制労働を強いられていました。

もし、ルフィがウドンに居なければ、引き続き、兎丼採掘場で強制労働をしていたと思いますし、死ぬまで幽閉されていたのではないでしょうか?

そんなキッドは、既に完結カウントダウンが為された本編完結まで、活躍の機会が全く与えられていません。

オダッチとしても、キッドを目立たせる積りが、ローの方が爆発的に活躍や目立ちが多く、恐らくはカイドウとの戦いは、キッドの残り少ない”今後”の指標になりそうです。

磁力で武器を集めて、一気に勝負を決めたいキッド

キッドは、鬼ヶ島にあるカイドウの部下達等から、武器をかき集める程に集めて、恐らくは、磁性体の巨大な腕で”ギガントピストル”ならぬ”ギガントパンク”を繰り出すつもりだと考えます。

キッドの能力は、能力名は兎も角として、磁力を操る能力なのは分かっていますから、磁力を利用した攻撃に必然的になります。

で、その磁力を利用した攻撃は単純明快な集めた武器の質量で敵を殴るというド直球な攻撃です。

となると、キッドは大きな小細工を張るよりも、敵を大きく上回る質量で叩き潰す戦いになるしかないのです。

しかも、この分ですと巨大な腕過ぎて、スピードを犠牲にするでしょう。恐らく、一撃でカイドウを倒す腹積もりだと考えられます。

オダッチは、カン十郎や八茶やジャックの戦いの様を始まりと決着しか描いておらず、かなりシーンを省略しています。

故に、キッドの戦いは下手すると、一話で完結する勢いです。

キッドはカイドウとの戦いに負けるか、それとも…

もし、キッドが一人でカイドウに挑むのであれば、120%敗北するでしょう。

万全の状態の赤鞘九人男ですら、歯が立たないのですから、キッド単身の強さが赤鞘九人男分の強さを誇るとは思いませんし、キラーが居ても勝ち目はないでしょう。

しかし、もしもルフィとローが二年前とは逆に、進んで協力して戦うのであれば、勝ち目はあると考えます。

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル