麦わらの一味

カン十郎は本当に死んだのか?

カン十郎は本当に死んだのか?

ワンピースの中には、カン十郎だけでなく、死んだと思っていたキャラが生きていたというパターンがあります。

その中でも、管理人が思う四大生きてたのかは、ティーボーン大佐、ペル、ベラミー、パウンドの四人は正にそれにあたります。

ペルは四人の中でも、特に語り草になっている程、あの絶望的な爆発から生還しており、爆破の威力が弱いとかというよりも、ペルが頑丈過ぎるという感じなのでしょうか?

大きなバッテン傷を受けましたが、五体を失うことなく、生還出来たのは凄まじいことです。

ティーボーン大佐は海軍本部の大佐で、ロビンとフランキーの護送車両にて警備を務めていましたが、サンジ達が海列車を切り離した事により、別れてしまいました。

その結果、ティーボーンは大しけの間を生身の体で線路を伝い走っていました。

その途中で、海王類を撃退する程に強かったのですが、ゾロの牛鬼勇爪を受けてやられてしまい、そのまま海へ落ちていきました。

ところが、マリンフォード頂上戦争で海兵が召集されるコマに小さく出ており、生存が確認されていました。管理人はティーボーン大佐は風貌は兎も角、人格面では非常に善人で大好きなキャラです。なので、助かって良かったと思っています。

ベラミーはティーボーン大佐とは反面、ルフィに対して暴力行為を働いており、正直ワンパンで沈むには足りない程、当時の管理人にとって特にヘイトが溜まっていたキャラでした。

故にドフラミンゴに操られボコボコになり、最期はサーキスの手で殺されたと思いました。

管理人としては足りなかった暴力には暴力の応酬、ルフィにはワンパンでやられる底が見えた戦闘力も相まって、ワンピースでも珍しい明確な名前付きのキャラ死亡と思いました。

故に10年の時を経て、奴が再登場するなど誰が予測したでしょう。

それから、海賊を辞め、染物職人に転向するなど思いも寄りませんでした。

そして、ベラミーと同じような構図でオーブンに斬りつけられたローラとシフォン姉妹の父パウンド。

明らかに戦闘力がない彼が、オーブンの一撃を喰らってなお生きていたのは、凄まじいなとしか思えません。ビックマムもしつこさだけには辟易していたと言うほど、生命力に関して言えば、しつこさもあり生き延びたのでしょう。

そして、扉絵連載で娘と孫に再会し、ローラの結婚式に立ち会うなんて彼にしてみれば、ようやく掴んだ生活なのでしょう。

四人の男たちから、カン十郎もここで終わらない

カン十郎はほかの赤鞘九人男から、整列され、死を受け入れていましたが、もしかすると、仮死状態に陥っているので、死んでないかもしれません。

早い話、カン十郎はどこかまだ生きてしまっており、このまま島から去るか、赤鞘九人男の助太刀に入るかはまだ分かりません。

ですが、管理人としては、カン十郎は戦闘描写が少なく、まだ退場するには描写が少ないと考えています。

特に休載を続けているワンピースでは、このまま終わらせてほしくないと思います。

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル