麦わらの一味

サンジvsクイーンの可能性

サンジvsクイーンの可能性

サンジはワノ国編では、ステルスブラックへの変身を果たす等の動きをしていますが、メイン主人公であったホールケーキアイランド編と違い、目立つべき時代が過ぎ去ったと管理人は考えています。

そして、最大の問題は戦闘力に関して言えば、サンジは麦わら三強であるゾロとルフィに追い越されているという事実です。

二年前のゲーム、アニオリ、映画でもサンジはルフィ、ゾロに次ぐ実力者であり、コックでありながら、有能かつ実力を伴った実力者でした。

ところが、二年後に入り、パンクハザード編でヴェルゴを仕留めきれなかった事がサンジの強さにヒビが入りました。

文字通り、脛骨か腓骨にヒビが入り、単純な戦闘力ではヴェルゴに負けていた可能性があります。

管理人としては、船長ではあるが他の技術を持たないルフィ、純粋な戦闘員のゾロと比べると、二年間のコックとしての修行と強くなることに時間をルフィやゾロと比べると割けないサンジは仕方ないかもしれませんでした。

しかし、次のドレスローザ編でグリーンビットに現れ、ドフラミンゴ相手にビアンキュイポアルアフリールスペクトルという連続で炎のケリを浴びせますが、武装色で硬化する事無く、余裕で防いだドフラミンゴ。

そして、イトイトの実でサンジを空中で拘束し、オーバーヒートを食らわせようとしていました。

もし、ローがあの場におらず、シャンブルズが出来なければ、サンジは死んでいた可能性があります。

という風に、ドレスローザ編でのサンジは雑魚を蹴り飛ばしたぐらいで、続くゾウ編でも誰かと戦う事無く、ホールケーキアイランド編に流れることになったのです。

ジャッジと戦い、ルフィを悪魔風脚でノックアウトし、ビックマムの攻撃を止め、一瞬でオーブンにケリを入れたぐらいのサンジ

サンジのホールケーキアイランド編で戦闘といえるのは、ジャッジとの戦いがまともな戦いといえます。

何故かというと、それ以外の戦闘描写は本当にまともに戦っておらず、ルフィとの戦いは一方的、オーブンとビックマムはケリを一瞬入れるだけで速攻離脱しているのです。

速さに関して言えば、サンジは麦わらの一味でも相当速いといえます。

なにせ、蹴り技は高速移動が主体とならないといけない戦闘方法で、サンジの戦闘は兎も角立て直しと相手に攻撃される前に攻撃するのが肝となっているからです。

蹴り技しか使わないサンジだからこそ、自衛手段は敵の攻撃を避けるということしかできないのです。

クイーンに善戦出来るか怪しい

纏めますと、サンジの戦闘に於ける評価はこの二年で見る目が変わった人が現状なんです。

管理人含めて、サンジはルフィとゾロの様に島に辿り着ければ、戦闘があり、勝利するという一種のお約束がないという状態でしょう。

アンパンマン、ショクパンマン、カレーパンマンのカレーパンマンの様な立ち位置が今のサンジといえます。

故に今回のクイーンはある意味同じ三番手の戦いというセオリーにのとった戦いがあると思います。

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル