麦わらの一味

古代巨人族ナンバーズとオーズは何処が失敗の線引きなのか?

シーザーが創ったナンバーズ

カイドウの部下であるナンバーズとは、どうやらシーザーが開発した古代巨人族のようでした。

通常の巨人族が18m~20m、大体RX78-2ガンダムと同じ全長なのです。

古代巨人族はその巨人族の二倍、40m程で、サイコガンダムと同じ全長となります。

ワンピースの世界では、巨人族は大きさもさることながら、筋力や寿命が長く、エルバフは生まれながらの戦士族と呼ばれ、世界一の強国と呼ばれる程です。

ところが、ナンバーズは失敗作のようで、カイドウはそれでもナンバーズを大金で勝ったようです。

問題は、どこがナンバーズが古代巨人族の失敗作というのでしょうか?

今回はそれについて、考察を考えてみましょう。

失敗というのは、オリジナルである古代巨人族よりもナンバーズが劣っているという事

早い話、ナンバーズが古代巨人族の失敗作というならば、どこかに失敗と決定づける要素がナンバーズにあるという事です。

そして、その失敗作とされても、カイドウは合計で12体の古代巨人族を傘下に治めていると言えます。

取り合えず、本編から匂わせる失敗作に繋がる描写から考察していきましょう。

制御出来ていないのがまず分かる

管理人がナンバーズから、読み取れる失敗作に繋がる描写は、やはりコントロール出来ていないというのが分かります。

クイーンはアイツラと酒を飲むのは嫌だぜと愚痴を呟いていました。

その理由は、酔うと暴れだすからと言えます。

大人一人が大勢いる宴会場で、暴れるだけでも抑えるのは中々大変でしょう。

しかしこれが、いくら武闘派のカイドウ達百獣海賊団と言えど、40m級の怪物が暴れたらどうでしょう?

40mというと、ビルと同じくらいの高さです。そんなのが、酔っている状態、つまり自制が出来ていない状態で暴れたら、普通に災害となんら変わりません。

このことから、ナンバーズは毎年の火祭りで鬼ヶ島に被害を齎しているのでしょう。それも悪酔いという形で。

制御できない=知能が低い

上記の様に、管理人は古代巨人族が制御出来ていないと書きました。四皇ですら、制御出来ていない古代巨人族。

それはどうしてなのでしょうか?強すぎて、制御出来ていないという訳ではない筈です。

何を言おうと、鬼ヶ島で最強はカイドウです。それでも、ナンバーズを制御出来ていない。即ち、悪酔いをするがままになっているのは、ナンバーズの知能が低いからではないでしょうか?

早い話、ナンバーズが失敗作なのは、知能が低い。これに限ると管理人は思います。

古代巨人族だからといって、知能が低いという種族ではないでしょう。巨人族もそうですが、小人族、ミンク族、人魚族、魚人族、手長族、足長族、種族は多く存在しますが、一言もしゃべれない種族は登場していません。

実際に本編に出てきたナンバーズ八茶をクローズアップしても、ハチャチャと言うだけで、日常会話をしていません。

しかも、フランキー将軍をおもちゃかなにかに思うどこか子供心がありますし、正にそこまでの知能を有していない様に見えます。

それでも、カイドウがナンバーズを買ったのは知能が低くても、街を破壊する事は簡単にできるという事なのでしょう。

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル