シャンクスと五老星の関係性について!シャンクスの父親がロックスの真相も

スクリーンショット 2018-09-21 14.46.18

907話で、衝撃の展開がありました。

赤髪のシャンクスと、五老星が会話をしているシーンがあったのです。

五老星が言っていたセリフ、
「君だから時間をとった」
というセリフからもわかるように、
明らかに関係性が普通でないことが分かります。

シャンクスと五老星は一体どのような関係なのか?
また、シャンクスが最終的に何を目指しているのか?
今回はこの辺りについて考察していきます。

Sponsored Link

シャンクスと五老星との会話から関係性を紐解く・・・

スクリーンショット 2018-09-21 14.49.40

シャンクスが907話「虚の玉座」のラストシーンにて、
五老星が待つ、「権力の間」に全身マントのようなもので覆われて、
顔を隠している怪しげな人物がいました。

その人物というのは、四皇赤髪のシャンクスだったのです。


シャンクスといえば(今更ですが)、
・ルフィの命の恩人
・第一話にて、近海の主をルフィから救って、左腕を無くす
・その後、海の帝王「四皇」と呼ばれるまでに。
・鷹の目のミホークとかつて剣で互角に戦うほどの腕前(腕をなくしてからは戦いは無し)
・かつて海賊王「ゴールド・ロジャー」の船に乗って船見習いをしていたことも

ということが分かってます。


マリンフォードの頂上戦争編では、
白ひげ海賊団と黒ひげ海賊団、海軍本部、七武海の間に入って、
戦争を止めるほどの影響力を持っていましたね。


現時点でわかる範囲で、「最強」とも言えるくらいの実力者です。


そんなシャンクスが、なんと五老星と一緒に会話をしているので、
驚きでしかありません。

今までもワンピースの世界は、
「Dの一族」vs「天竜人」
の構造になっているとお伝えしてきました。


ルフィが最も尊敬するシャンクスが、
最も憎むべき相手の実質上のトップと繋がっていることを知ったら、
ルフィはどのような気持ちになるのでしょうか・・・


今回の注目ポイントとして、
繋がりがあるのか、繋がりがないのか。
もし繋がりがあるとしたら、どれほどのものなのか?
ということでしょう。

シャンクスは五老星と取引をしながら世界政府を乗っ取ろうとしているのか?

スクリーンショット 2018-09-21 14.55.21

よく言われていることとして、
シャンクスは五老星と何かしらの取引をしていて、
友好関係を築いているということでしたり、


シャンクスが五老星のスパイとして海賊を活動しており、
そこでの情報などをすべて五老星に渡して、
対価を得ているという説が言われてます。


どちらも一理あると思ってますが、
それはあくまで表面上のことで、
一番大事なこととして、シャンクスはルフィの命を救った張本人であるという感覚の部分です。

海賊として一番大事にするものを伝えてきたシャンクスが、
(どういった背景があるかは分かりませんが)簡単に五老星に従うことは考えにくいはずです。


つまり、五老星と繋がりがあるにしても、
対等な関係を築きながらも魂は絶対に売らない
というスタンスのはずです。


それではどうしてシャンクスは五老星と一緒にいるのか?
ということです。


五老星のセリフで、
「君だからこそ時間をとった」
というセリフです。


このセリフからわかるように、明らかに五老星はシャンクスを「特別扱い」してます。


この時点で考えられる選択肢は限られてきます。
まず、普通に考えたらシャンクスが天竜人だということです。

天竜人もしくは、それに相当する人間であるならば、
マリージョアに入室が可能となります。
(そもそも普通の人間は入ることすら許されません)

もし、王族だったとしても、世界会議以外のタイミングでは入ることは許されません。

しかし、今回世界会議のタイミングではあるものの、
五老星との会話を観察してみると、何度も会ってきていることが分かります。


つまり、シャンクスはその気になれば普通に出入りできるレベルで、
マリージョアにも来てますし、五老星とも会話をしてきてると思われるのです。

となれば、シャンクス=天竜人ということが可能性として考えられそうです。


そこで、シャンクスの出生について気になるところだと思われます。

Sponsored Link

シャンクスの父親、母親は一体どんな人物なのか?

スクリーンショット 2018-09-21 14.50.39

シャンクスは天竜人ではないかという説についてお伝えしてきましたが、
もしそうであるならば、ルフィの最も憧れている人物が、
最も憎むべき一族の人間だということになります。

あまりに不条理な結果となりますが、
少年誌ということもあり、管理人としては自分で言っときながらそうはならない可能性も考えてます。

例えば、このような仮説について。

906話「マリージョア」の中で、ロックス海賊団の話を一貫して話されてました。

→906話でロックス海賊団の全貌が明らかに


もちろん、ここでシャンクスが言っていた「ある海賊」というのは、
ロックスのことだと思われます。

だとするならば、シャンクスの出生というのも、
「ロックス」が関係しているということも言えるのではないでしょうか。


そもそも、
・カイドウとビッグマムが電話をして繋がってることを匂わせてる
・ガープが40年前に英雄と呼ばれるようになったのがロックス

ということが伝えられた回であるので、
最後の締めくくりで、シャンクスが登場してきたのも「ロックス」が関係しているものと思われます。

ちなみに、余談ですが、

シャボンディ諸島でシャッキーが40年前に海賊をしていたこと、
ロックスが世界を牛耳っていたことも40年前であること、
シャンクスの年齢が39歳であること、

シャクヤク+ロックス=シャンクスではないかという説があること、


などから、
シャンクスの父親はロックス
シャンクスの母親はシャクヤク
ではないか
ということが言われています。


こも非常に面白いですが、一つの説にすぎません。


これだとしても、シャンクスがマリージョアに入れるようになった理由が不明です。


むしろロックスの息子であったとすれば、
危険因子としてすぐに天竜人、海軍に消されていた可能性もあります。


管理人としてはベタではありますが、
天竜人を推していきたいとは思います。

思い切って、ロックス=天竜人というのも面白いですが、
これはあまりにも情報が少なすぎるので、
また次回以降でロックスの考察記事でお伝えしていきます。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

2 Responses to “シャンクスと五老星の関係性について!シャンクスの父親がロックスの真相も”

  1. 北のかまど五郎 より:

    シャンクスの年齢や、シャッキーとロックスの名前と言うのは非常に面白い考察ですね。

    ロックスの生存も明言されて無いところも気になります。

    白ひげとエースの墓の件も、センゴクが「お前になら任せられる」と言うセリフも気になるところです。

    しかし気になるところが。
    シャンクスが白ひげと接触するとき、五老星たちは「この2人の接触は危険すぎる」と慌てていたところ。
    もし五老星のスパイならば、勝手な行動はしないはず。

    更にミスリードの上手い尾田先生が、わざわざシャンクスの顔を傷の無い側の横顔で描いているところも本当にシャンクスなのか怪しい。

    国宝と麦わら帽子をロジャーから引き継いだシャンクスだから何か特別な権威があるとも考えられますね。

    • 管理人 より:

      なぜか、シャンクスは特別扱いをされているのが気になりますね。

      それだけ、貢献をしているからだとは思うのですが、
      シャンクスの本当の狙いというのも気になるところです。

      >更にミスリードの上手い尾田先生が、わざわざシャンクスの顔を傷の無い側の横顔で描いているところも本当にシャンクスなのか怪しい。
      なるほど、確かに気になりますね!

      尾田先生のミスリードは何度もあったので、今回もシャンクス以外の誰かである可能性もあると思います。

コメントを残す

このページの先頭へ