麦わらの一味

サンジはブラックマリアにやられる?

美女に弱すぎる男、サンジ

サンジは女を絶対に攻撃しません。

これはどんな敵女にも関わらず、どんな理由があろうとです。

これは生来の女好きというよりも、サンジに足技を教えたゼフの言葉です。

意外にも、サンジはゼフに教えられる前は、女であっても攻撃する考えを持っていたのですが、ゼフに蹴られてしまい、激怒されます。

つまり、サンジが女を蹴るというのは、ゼフの教えに絶対に背くという事です。

なので、二年前の時点で、ゼフの教えである”女は絶対に蹴るな!!”という教えが体中に染みていたのです。

そうなると、サンジは完全に道力が800程あるカリファ相手に体技で勝っていました。

カリファの実力は、六式を全て使える以上、新入りで四式しか使えないネロでは太刀打ち出来ません。

体技のレベルでいえば、かなり強いカリファというキャラだと思います。

しかし、そんなカリファであっても、サンジは圧倒していました。

最初の蹴りにカリファは反応できず、逆にサンジは足技を寸止めで止めており、逆にカリファの攻撃は完全にサンジに見切られていました。

少なくとも、サンジが女の顔を平気で攻撃出来る正確なら、カリファは撃破されていたでしょう。

故にサンジは強いにも関わらず、女を相手に出来ないのです。

カリファ戦を例に考える

よって、カリファとの戦いは、カリファに軍配があがります。

カリファはアワアワの実を使い、サンジの体を完全につるつるになりました。

その後、バスタブのお湯を被ったことで、元に戻り、ジャブラと戦う様になります。

ジャブラの道力は2180なので、サンジはジャブラを倒した以上、カリファの二倍以上強いのは確実といえます。

さて、問題は、カリファと戦ったのはサンジでなく、引導を渡したのは、ナミでした。

ナミはサンジが死んでも女は蹴らんという事に、サンジの騎士道に少し見直し、カリファ相手に勝利を収めます。

つまり、ここまで述べると、「サンジが戦う女キャラは、別のキャラが代わりに戦ってくれると言いたいのです。」

今回の考察で言いたいのが、ここです。

サンジは確実にブラックマリアにやられるのは、完全に規定路線であり、代わりに誰かが戦ってくれるという事です。

管理人はここで、あるキャラを推します。そう、ロビンです。

花魁ブラックマリア対花魁おロビ!?

二年前、代わりに戦ってくれたのはナミでした。故にナミではなく、ロビンが代わりに戦ってくれると思います。

ロビンはワノ国花の都で、花魁で舞を舞っていたという事もあり、因縁というか、ブラックマリアとしても、戦うのにも都合が良いと思います。

同じ女であり、どちらも美女です。

特にロビンは本当に戦闘面で恵まれておらず、目立った戦闘シーンがないのです。

戦わない訳ではないのですが、能力が強すぎるのもあって、あまりにも見せ場がないのです。

故に今回は、ロビンはこれまでの面目躍如として、花魁ブラックマリアに勝負を挑むと思います。

相手は飛び六砲、ハナハナの実の神髄を見せれそうです。

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル