ワンピースネタバレ907話908話最新確定あらすじ考察でロックスとシャンクス、五老星の関係が明らかに

ワンピース907話は怒涛の展開となりました。

ホールケーキアイランド編が終わった後からは、
長年謎とされてきたことについても徐々に明らかになってきていますが、
今回はさらに大きな伏線が明らかになりました。

なんと言ってもシャンクスがマリージョアに入れて、
五老星と会話をしているシーンです。

そもそもどうしてシャンクスがここの場所に入れるのか、
また、シャンクスの本当の狙いとは一体なんなのか、後半でたっぷり考察していきます。

その他にも、
・ビッグマムとカイドウの因縁について
・ガープが英雄と呼ばれることになった海賊「ロックス」とは?
・「ドフラミンゴ」姓を名乗る天竜人「ミョスカルド」の登場から分かる天竜人の特性
・ワノ国編にて、カイドウvsビッグマムの展開も・・・
・天竜人の「虚の王座」が意味するものとは?
・ビッグマムとカイドウ、ロックスとの関係性
・ワノ国にいる未知の戦力「侍」について
・シャンクスが五老星に語る「ある海賊」とは一体誰のことなのか?

など、盛りだくさんとなっています。

こちらも907話「虚の王座」の考察の中でお伝えしてきます。

Sponsored Link

ビッグマムとカイドウとの因縁とは?

S__10551303

前回までのあらすじはこちら。
→906話でマリージョアに眠る宝の存在が明らかに

まず、カイドウとビッグマムの会話から907話は始まります。

二人の共通点はただ一つ。

麦わらのルフィの首です。

カイドウ・・・ドフラミンゴを倒されて、SMILEの取引を邪魔される
ビッグマム・・・プリンの結婚式をぶち壊される、島中被害を被る
・・など他多数

2人とも今まで気に入らない人間は片っ端からひざまずかせて、
倒してきたことからも、ルフィに対しては単に命を差し出すだけでは済まない、
というくらい怒り狂ってる状況です。

そして更に明らかになったのが、
カイドウがビッグマムに対して「借り」があるということです。
スクリーンショット 2018-06-10 13.35.55

つまり、この借りがあるから、ビッグマムはカイドウに「麦わらをおれに譲れ」と言っていますが、カイドウも一歩も譲りません。

カイドウはワノ国に来たら、ビッグマムも殺すと断言しています。
スクリーンショット 2018-06-10 13.35.02

ビッグマムからすれば「一生の恩」といえるものなので、
命を助けたくらいの、相当なことをしたのではないでしょうか。

ビッグマムも一切譲りません。
S__10551304

二人との関係で言えるのが、海賊ロックスなのは間違いありませんが、
この二人を止める戦力として、七武海、または三大将が挙げられていますが、
もう一つ、言われているのがワノ国の戦士です。

この戦士については、以前もこちらの記事にてお伝えしてきました。
→ワノ国の戦士の強さは異常すぎる件

藤虎も世界徴兵で招集された海軍本部の戦力ですが、
実はワノ国出身だとすればどうでしょうか?

つまり、藤虎クラスの剣士が数多く存在しているということになります。

それが新選組のように、何人も存在していたり、
または何十人といた場合、カイドウやビッグマムも中々手を出すことすらできないと思われます。

カイドウとビッグマムも昔は「仲がよかった」と皮肉めいて言っているようですが、
実際はどうなのかは分かりませんが、気になることが出てきます。

それが、後ほど語られる「ロックス」との関係です。


ワンピースの物語ではヒント・伏線は同じ話中ないで出てきている傾向にあることは
これまでも何度もお伝えしてきてます。

今回はこの「借り」というのは、「ロックス」と関係しているものと管理人は予想をしています。

そして、そのロックスとの関係性についても明らかにしていきます。
Sponsored Link

ガープが「英雄」と呼ばれる所以となった「ロックス」とは?

スクリーンショット 2018-06-10 13.33.02

海賊「ロックス」について、ひなが語っています。

現時点で分かるのが、
・ロジャーの前の時代の存在で、間違いなくロックスの時代だった
・40年以上前に存在しており、ガープがそこで英雄となった
・船長を失っても力は増している状況
・復活すれば脅威となるのは間違いない存在

だということです。

このことから推測ではありますが、
ロックスは何らかの方法で現在も生き残っており、
「復活」する可能性があるということです。

つまり、ガープの手によって、倒されたかもしくは、
封じ込められたのだと思われますが、
今まさに復活しようと仲間たちが動いているのかもしれません。

もしそうなったときに、さらにとんでもない展開になるということを意味するのかもしれません。
それは今回、天竜人の「虚の王座」が意味するものもまさにこのことで、
現在のワンピースの世界では「王」が不在ということを意味しているものと思われます。

天竜人の世界では20人の王たちがあえて世界の中心としなかったことで、
権力を一極化しませんでしたが、ロックスが復活することが実質「王」となることに等しいくらいの存在だということではないでしょうか。

ちなみに、しらほし姫が武器のポセイドンである可能性についても
こちらでお伝えしてきました。
→ポセイドンとしらほし姫との関係性


話を本題に戻すと、
そうなれば、シャンクスが五老星に掛け合ったこともだいぶ意味が通じてきます。

Sponsored Link

シャンクスと五老星の関係性とは?

スクリーンショット 2018-06-10 13.34.09

今回の目玉となるシーン、シャンクスが五老星に会いに行っていました。

最後のシーン、「ある海賊について・・・」と言っていますが、
この907話の全体の流れからすると、間違いなくロックスに関係しているものと思われます。

ただ、その前に気になるのが、どうしてシャンクスは五老星に会いに行けるほどの影響力を持っているのか、ということです。

それはひとえにシャンクスが平和主義者であることと、
暴れだしたらとんでもない「力」を持っているからだと思われます。

以前にセンゴクが、赤髪は暴れだしたら手がつけられないと言っていましたが、
それだけ海軍・天竜人からしたら脅威な存在だと言えるでしょう。

それでいて、シャンクスは交渉するときは紳士的であり、
話も通じる相手だからこそ、きちんと話し合いをするようになったのかもしれません。

シャンクスが五老星と近づけるようになったのは、
四皇になったときからだと思われますが、
歴史を動かす重大事件のときにはいつもシャンクスが動き出します。

頂上決戦のときは白ひげとも話し合いに行き、
カイドウが白ひげを襲おうとしていたのを食い止めることもありました。

今回は五老星に会いに行っているのも、
世界会議とロックスが何かしらのところでつながっていることを意味しているのかもしれません。
スクリーンショット 2018-06-10 13.41.29

また、一部でささやかれている、
シャンクスがロックスの息子説ですが、これについては正直分かりません。

「ネットのデマ情報」と言ってる方や、
「知恵袋でも過去に質問していた人がいる」という方もいるようですが、
正直どっちでもいいと思います。

一番大切なことは、シャンクスがロックスが復活することについて、
警戒しているということでしょう。

そして、それだけ脅威となる存在となれば、現在の四皇と呼ばれている人間達もひとたまりもないくらい、
圧倒的な強さを兼ね備えているのかもしれません。

ちなみに、冒頭でお伝えしていたカイドウとビッグマムの借りの件ですが、
単純にカイドウがロックスに殺されそうになったことがあったのを、
ビッグマムが助けた
ということなのかもしれません。

カイドウといえば、「四皇」に何度も捕まっても死ぬことはできなかった、
ということが初登場のシーンで語られていました。

40年も前のときにも不死身の体を手にしていたのかは分かりませんが、
ロックスと対面した過去があってもおかしくはないはずです。

つまり、カイドウすらも脅威と感じるくらいの海賊なのであれば、
ワノ国編でカイドウを倒した後も、黒ひげ、シャンクスをさしおいて、
最強の海賊「ロックス」との戦いが最後待ち構えているのかもしれません。

それほど、今回このロックスという海賊については、
一貫してクローズアップされているように感じていますが、
まだ謎が多すぎて、次回の908話〜910話くらいまでの展開次第です。

そもそも、ガープが40年前にロックスと一体何があって、
どうやって倒したのか(命を奪ったのか?奪ってないのか?)、
ロックスはどんな目的で何をしようとしていたのか、
謎が残されています。

その時の展開について語られたときに、ガープが「英雄」と呼ばれる真の意味が分かるのだと思います。

英雄と呼ばれる人間は間違いなく限られます。

ロジャーを捕らえた人間でさえ、英雄と呼ばれるには至らないと思います。

例えば、アルマゲドンでブルース・ウィルスが自分の命を投げ出して、
地球を救いましたが、彼はまさに「英雄」という言葉にふさわしい人間です。

つまり、極端な話、それくらいのことを成し遂げたから、
ガープは英雄だと言えるのです。

となれば、ロックスは地球を滅ぼすほどの脅威だったのだとすれば、
それを止めたガープは英雄ですので、それ程の実力者だと言えるのかもしれません。


このあたりについては別途考察してお伝えしていきます。

次号のあらすじ考察はこちら。
→908話で天竜人のラスボスイム様が登場!その狙いとは?

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

21 Responses to “ワンピースネタバレ907話908話最新確定あらすじ考察でロックスとシャンクス、五老星の関係が明らかに”

  1. マッチー より:

    ロックスは月の民と思う。
    その意志を持ってエネルが青海に降りてくるってゆー繋がりはない???
    ないか。

  2. より:

    「英雄」って、どの立場の人間に言われているかによって
    扱いが違うと思います。

    「海賊を倒した英雄」なのか
    「世界の秘密が暴露されるのを止めた英雄」なのか。

    ガープは、どっちでしょうかね?

    • 管理人 より:

      なるほど、どちらの可能性もあると思います。ただ、後者の場合は「英雄」と呼ばれることによって、都合が悪い立場の人もいると思います。

      それが天竜人です。

      ガープが英雄と呼ばれるたびに、「世界に秘密が隠されている」という事実を知らせているようなものだからです。

      ただ、面白い説ですですね!

      • より:

        どちらの場合でも、「英雄」として祭り上げて、
        都合の悪い部分は隠してるとか?

        ただ、ガープが、それを「良し」とする性格じゃないですね。

        考えが浅はかでした。

        • 管理人 より:

          なるほど、隠蔽癖は海軍が得意なところでしたね。

          となれば、都合が悪い部分のみ隠している可能性もあると思います。

  3. おかむら より:

    ロックスは大海賊で、カイドウとビッグマムは傘下だったってのはどうでしょう。

    あと、シャンクスが黒ひげにやられそうな気がして不安です。

  4. たまこ より:

    世界に1人の王はいないっていいながらも
    前週のラストに王冠をかぶった黒シルエットのキャラが出て来たのが気になる
    王冠をかぶったキャラがいるのは一見普通のことだけど、今週の話を読むと、マリージョアで王冠をかぶっているというのは、特別な意味を持ってくると思う。

    本当はただ1人の王がいて、何かの理由でそれを世界に隠していて
    その秘密が麦わら帽子と関係ある
    のではないか

    • 管理人 より:

      管理人も非常に近い考えです。

      なぜ、椅子が空いてるのかは意味があると思っています。

      そのことと麦わら帽子と関係がある、ということについては盲点でした!

      マリージョアに実は王がいた可能性は高いと思われます。

      そのことと、ロックスはどう関係しているのか注目です!

  5. ポキ より:

    ロックスは、空白の100年に栄えた王国の国王の末裔?という説はどうでしょう?そして裏切った世界政府を恨み海賊となり報復しようとするが、ガープによって倒される?封印?される。

    本人は、この世に王は自分一人と強い思想を持ち虚の玉座に座るのは自分しかいないと考えている。

    復活の暁には、王国の再建を目論み余計な、天竜人、世界政府、海賊を消滅させようとする的な??

  6. あふん より:

    ロックスは実は、エドワードウィーブルと関係あったりして。

  7. しゅえい より:

    カイドウとビックマムは若い頃ロックス海賊団の船員だったということはないでしょうか。

  8. ワンピ より:

    カイドウとビッグマムはロックス海賊団の元船員

    • 管理人 より:

      その可能性は高そうですよね。

      つまり、それほどの実力者ということだと思います。

  9. あきら より:

    ロジャーを海軍に引き渡した(投降を説得した)のはシャンクスなのでは?と想像してしまいました。ロジャーに世界の秘密を表に出させない。そのくらいの世界政府への貢献がないと頂上戦争でのセンゴクのシャンクスを信頼している言葉だったり、今回の五老星の態度にはならないのではと。そして、ロジャー投降時にシャンクスは麦わら帽子をロジャーから受け取った。
    そしてその後、そのロジャーと全く同じ言葉を言い放ったルフィーに麦わら帽子を託した。(ロジャーと託す人を約束していたのかもしれません。)

    ただ今回はっきりしたのはシャンクスの思考は世界均衡が優先ということが分かったので、ルフィーとの関係があろうが、ドラゴン、サボとは意見が合うことはない。マリージョアでのサボとの衝突の可能性が出てきたと思います。

    ルフィーもパンクハザードで四皇を倒すと、シャンクスとの闘いを想定しているみたいだったので、この流れでいくと、ルフィーとシャンクスの闘いは避けられないのではと思いました。

    今回のシャンクスの登場は衝撃的でした!

  10. KAT より:

    ロックスが今も健在だとしたらもしかしたらインペルダウンで黒ひげ、強いてはルフィーが解放してしまった可能性もありますかね?

    • 管理人 より:

      どうですかね。ロックス関連の話のときに「復活したら」とガープが言ってたので、少なくともまだ復活してないと思われますので、
      インペルダウンではないかなと思ってます。

  11. たまこ より:

    シャンクスは単なる保守派ではなくて、
    ロジャーやレイリー同様
    今はまだ均衡を崩す時ではないという、考えだと思います

    彼らがルフィに何を期待しているかわかりませんが、
    ルフィの成長の末に
    待ち望んだ瞬間がくるのでしょう

  12. 預言者 より:

    ロックスとは過去の大海賊で、強大すぎるその力の前に、ガープを始めとする海軍とロジャーや白ひげなど、当時の4皇と一時的に手を組んで倒した。

    黒ひげの闇闇の能力の前任者は実はロックス。ロックスが死んだことにより、その能力は悪魔の実として戻り、それを黒ひげが食べた。
    しかし強大なロックスの怨念は、本来あるはずのない前任者の意思や力として闇闇の実に宿り、それを食べた黒ひげの中で着々と育ってきている。黒ひげもそのことにも気づいていない。最終的には、黒ひげの体をロックスが乗っ取り、最悪最強の敵として復活する。

    海軍はそれを懸念し、実は赤犬と青キジとの決闘直後にとどめを刺さずに、「お前は海軍を止めて黒ひげの動向を見張れ」と赤犬に促され、青キジは黒ひげの仲間になり1番近くで見張っている。

    ロックスの魂は実は何百年も前から輪廻を繰り返し、だれかの体を借りて復活を繰り返している。

    ロックスは400年前の消された歴史時代に生きていた人物。
    実は当時、現天竜人の先祖は海賊など、賊軍。賊軍はロックスの生きる王国(おそらく当時の天竜人の立場)を討伐し、天竜人と成り代わった。
    そのため、その歴史は現天竜人の手により消され、空白の歴史となった。

    シャンクスは実は天竜人。ロックス復活により、この歴史が表面化することを恐れた天竜人は、海賊と言う立場にシャンクスを置き、闇闇の実の動向を見張っていた。そのため、この実を食べた黒ひげをシャンクスは危険視していた。

    恐らく黒ひげの悪の心が宿ったロックスを育ててしまう。そのためシャンクスは白ひげに黒ひげを止めるよう、迫った。

    しかし軽視できないところまで来てしまったため、シャンクスはリスクを犯してマリージョアに報告に向かった。

    というのはどうでしょう

    • 管理人 より:

      ロックスがラスボス説は同意なのですが、黒ひげと同一人物かはちょっと慎重に考えています。

      ただ、確かに最悪の世代から海賊王が出る、というところからすると、
      黒ひげ=ロックスが海賊王になるという流れが最もスムーズだとも思えてきますね。

      あとは、ビッグマム、カイドウ、白ひげとロックスとの関係性が気になるところです。

      40年前だとロジャーはその後の時代を牽引したはずなので、
      どちらかというと、ロジャーはルーキーのはずです。

      これから謎が解き明かされていくのが楽しみです!

    • 緋色 より:

      ワンピースの世界観で霊的類が登場する人物に大きな影響を与えるというのは考えにくいと思いますが…
      又、ワンピースで人を封印するというのは恐らくないと思います。基本的に倒す倒されるなので。
      私感では、ノックスの下にマムとカイドウがいたというのは有力だと思います。カイドウのマムに対する借りは必ずガープ絡みだと思います。

  13. 風の谷のいなみ より:

    いつも楽しく読ませてもらっています。
    ↓トピずれですみません。
    空白の100年に何があったのか、おそらく本作品が完結するまでに明らかになると思いますが…、前から思うのですが8~900年前ってかなり昔ですよね!
    明治維新でも150年前、江戸時代が始まったのでさえ300年前。8~900年前と言ったら平安時代くらいですかね。(源氏と平氏の戦いの頃ですかね。)もはや生きている人間はおらず、証言する人間もいない。どうやって空白の100年の真実をルフィーたちは知ることになるのでしょうか。前から気になっています。
    どうして作者は”8~900年前”にしたのでしょうか。

コメントを残す

このページの先頭へ