ワンピースのサボがエースを助けに来なかった理由について!

sabo 

ルフィの兄弟であり革命軍の幹部であることが

判明したサボですが、頂上決戦編において、

「どうしてサボはエースを助けに来ないのか?」

と話題になっています。

この件について、現時点では明確な理由が

記載されてませんでしたので、

この点について考察してみました。

Sponsored Link

サボが助けに来れなかった理由は?現在までの活動は?


サボがどうして頂上決戦編で助けに来れなかったのか、

非常に気になっている方も多いはずです。


このため、「サボは助けに来なくて酷い」という人や

「サボはやっぱり死んだのかな?」という意見も

出てきていましたね。


しかし、最新の情報(2014年4月28日時点)では、

サボが革命軍で参謀総長(No.2)だったことが

判明していますが、そうなるとエースを助けに

来れたことにもなります。


こちらの記事でも話題にしました。
サボが革命軍No.2に関する記事はこちら


それでは、どうしてサボはエースを助けに

来ることができなかったのでしょうか。

仮説1:重要な役割を担っていた?

kanbu 

まず、一つ目の仮説として、サボは革命軍として、

『重要な役割を担っていた』ために、助けに

来れなかったという点でしょう。


革命軍はワノ国で革命を起こすという噂も

ありますが、例えばサボがワノ国に潜入していた

という可能性もあります。


または、海軍で非常に重要な役割を担っていた

という事も考えられるでしょう。


革命軍のくまがパシフィスタとなって、

政府の内部に七武海として潜入してたので、

同様にしてサボも海軍の中にスパイとして

潜伏していた
のではないでしょうか。


ドラゴンが「世界中に散った幹部」と発言して

いたので、サボも革命軍としてドラゴンの元を

離れていた
ということが考えられますね。


いずれにせよ革命軍の目的遂行のために、

なくなくエースを助けにいけなかったので、

自分がエースを助けに行けなかったと

後悔している可能性もありますね。


それを裏付けるコアラとサボの会話がこちら。
sabo_naku 

サボが泣いている描写があることや、

コアラが「あの場」と言っているのは

おそらく頂上決戦でエースを助けられなかった

ことを述べているのでしょう。

仮説2:後遺症が残っていた?

utareru 

ドラゴンに助けられた時に、後遺症が残っていたという可能性もあります。


しかし、頂上決戦が起きてからたったの2年間の間で

回復 ⇒ 革命軍No.2、と上り詰めるのは

正直難しいところもあるので、

実際には助けてもらった後の数ヶ月後には

回復していたのではないでしょうか。


よって、「後遺症が残っていた」という仮説は

少し弱いのかもしれません。



よって、当サイトでは仮説1の方の可能性が

高い
のではないか、と考察してみました。

まとめ


今回はサボがエースを助けに来れなかった

理由について考察してみました。


エースを助けに来れなかったのは、

●革命軍の幹部として重要な任務についていた

●ワノ国、または海軍でスパイ活動をしていた

ことからではないかと予想しました。


自分の命を助けてもらった革命軍の

ドラゴンの思想にも共感して、

ドラゴンの力になろうとするがために

現場を離れることができなかったのでは

ないでしょうか。


いずれにせよ、サボはエースの意志を継ぐのを

メラメラの実を食べることで実現して、

ルフィと一緒の方向を向いて戦うということが

考えられるでしょう。


サボがエースを助けられなかった点について

何か詳細が分かったら追記していきますので

お楽しみに。


追記:サボがエースを助けに来なかった理由が確定!


サボがどうしてエースを助けに来なかったか

その理由について、794話「サボの冒険」で

詳細が明らかになりましたね。


その理由は、『記憶喪失』だったのです。


サボは天竜人のジャルマックに船を

迎撃されてしまって、海の中に

沈んでいく時に革命軍のドラゴンに

よって助けられました。


そして、自分がどこの誰か記憶を

失った状態でしたが、服装などから

ゴア王国にドラゴンが送り届けようと

したら、「戻りたくない!」と本能で

サボが拒否をしたのでした。



ここから記憶を失った状態のまま、

革命軍の一員として、ドラゴンの下で

活躍をするようになったのです。


そして、サボがエースとルフィの記憶を

取り戻した瞬間がやってきます。


それが「頂上決戦」での報道です。


頂上決戦で、「火拳のエース死亡」と

いうニュースを知って、サボは

全ての記憶を取り戻し、エースと

ルフィと兄弟だった過去も蘇って

来たのです。


しかし、エースの死亡の事実を知って、

3日間の昏睡状態に…



サボがエースを助けに来なかったのは

記憶がなかったので、助けにいく事が

できなかったということでした。



そこから、エースの形見である

メラメラの実を革命軍の持てる力を

駆使して探しだす事にしたのです。


そこから、メラメラの実を何としても

入手して、エースの意志を受け継ぐ

事を決意したのですね。


そして、ドレスローザにメラメラの実が

あることを突き止めて、ルフィとも

再開し、お目当ての実を食べる事にも

成功しました。


全てサボの計画通りという事に

なるでしょう。


管理人が少し気になったのが、

エースが死亡してメラメラの実が

再びこの世の中に出てくる事を

知っていた点です。


ひょっとすれば革命軍の間でも

悪魔の実の伝達条件なども

解明しているのかもしれませんね。


いずれにせよ、サボがエースを

助けにこれなかった理由が発覚し、

その無念を晴らすために、

ドレスローザ編ではルフィを

全力でサポートしてきました。


サボがいなければ、ルフィは

バージェスに命を狙われていた

ので、命を落としてしまった

可能性もありますね。


サボとしてはエースを助けて

あげられなかった無念を

晴らすことができたのかも

しれません。


長々とサボの過去について

お伝えしてきましたが、

サボが自分の都合を優先して

エースを助けに来なかった

わけではない事が分かり、

ホッとしましたね。


当サイトでもサボが重要な

任務についていたために

助けにこなかった等、様々な

理由を予想してきましたが、

一番シンプルな「記憶喪失」

という理由で驚きました。


それだけ長い期間で記憶を

失っていたというのは

ジャルマックに聖に狙われた

傷がよほど重症で、しかも

家庭内で受けたトラウマの

傷が深かったからなのかも

しれません。


そこから、サボは自分の役割を

意識できて、自分が進むべき

道がハッキリと見えてきたの

かなと思います。


ここからサボが革命軍として

ルフィとどのような関わり方を

していくのか非常に楽しみです。


ただ、管理人が気になるのは

少年ジャンプの主人公が

「兄に守ってもらう」という

展開は少し頼りがいがないの

かなと思ってます。


よって、今後の展開の中では

サボが負傷するシーンが

やってくるのかなと考えて

います。


ルフィがサボを助ける事が

今後の展開の中で描かれて、

エースを助けられなかった

過去を乗り越える日がやって

来るのだと管理人は予想を

しています。


その時はじめてルフィが

エースとサボの2人以上の

実力を手に入れて、海賊王に

近づく事になるのかなと

思います。


ルフィが2人の兄以上に

強くなるまで成長する日が

楽しみです。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ