麦わらの一味

ビッグマムが先にやられる?

出番が多いビックマム

管理人はビックマムがワノ国に出ずっぱりなのが、驚いているところです。

正直、二年間ホールケーキアイランドで関わったビックマムがワノ国まで速攻復讐に来るとは思いませんでした。

その迅速な対応は、鈍重な体を思わせ無い程に荒々しい出陣といえます。

さて、そんなビックマムはおリンとして、兎丼採掘場にまで現れ、四皇二人と戦うという最悪の展開を買って出ました。

正直、これは勝てないという組み合わせだったにも関わらず、ルフィの成長が凄まじく、最早覇王色の覇気を真の意味で扱える海賊となったのです。

これはもう、カイドウとビックマムといえど、もう余裕に構えるなどとうに出来ない様になったといえます。

カイドウのやられぶりは、ビックマムの未来に重なる

ルフィは、常に格上の敵と戦ってきました。

ルフィが海賊としての殻を破ったのは、クロコダイル戦からでしょう。

クロコダイルはこれまでルフィが戦ってきた相手、特にルフィはクロコダイル一戦目はそこまでの消耗がない体にも関わらず、敗北を喫します。

ところが、ロビンに助けて貰い、クロコダイルの弱点を突き止めることに成功します。

そこから、ルフィは水を使いながら、最後は己の血で戦うという完全なる死闘へ望みます。

ルフィは常に死の危険がありましたが、クロコダイルの戦いはそれまでのルフィを大きく成長させたといえます。

なにより、クロコダイルの討伐はルフィを1億ベリーに上げたのですから。

さて、二年後今のルフィは最早、海賊王に近づく強さを手に入れようとしています。これは覇王色の覇気を纏えるという本当の意味で覇王色の覇気を持つ資質を開花したといえます。

それにより、カイドウの無敵の皮膚にダメージが通るようになりました。

クロコダイルの時に書きましたが、ルフィは死の危険を乗り越え、何度も立ち上がっている男なのです。

カイドウですら、避けるほどに強くなっており、以前カイドウの絶対的な強さにルフィが近づこうとしているといえます。

つまり、事実上、カイドウと同じ括りである四皇ビックマムと言われている糞ババアもやられる可能性が高まったと言えます。

ビックマムが先にやられる根拠

根拠としては、ビックマムは既に過去回想を終え、実質話の中心人物だったホールケーキアイランド編が終わり、ワノ国にまで登場しています。

正直、このままカイドウと戦うだけと思いましたが、思ったよりもビックマムとカイドウ相手にメンバーが上手く立ち回れています。

特に、キラーが中々強いと感じるようになり、ゾロ、キッド、ローも四皇相手に非常に戦えています。

よもや、ルフィ、ゾロ、ロー、キッド、キラーの五人が共に戦うとは思いませんでしたが、ビックマム相手に能力が通用するのは凄いといえます。

そして、今回の考察で一番のポイントが、キッドとキラーがビックマムを倒しかねないという事です。

キッドは最悪の世代の中でも一番好戦的な性格の持ち主であり、このまま行くと、キッドがビックマムを倒すかもしれません。

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル