麦わらの一味

ブルックの評価について

骨と呼ばれたそのまんまなブルック

ブルックといえば、スリラーバーグ編で仲間になったメンバーで、ストロングワールドからスタンピードに至るまで、既に十年以上前に仲間になったといえます。

さて、そんなブルックですが、元々はそこまでの人気は無いといえます。なにせ、動く骸骨というとんでもないキャラだからです。

早い話、人気が出にくいキャラといえるからです。それもその筈、骸骨はいわば、人間の死を連想させる不吉なものであり、西洋文化では、死神といえば、鎌を持った骸骨ですから。

実際に動く骸骨に陽気ではなく、邪悪な僕といったニュアンスが非常に高いです。

そのためか、当時の読者からは骨とそのまんまの呼び方、愛嬌のかけらもない見たまんまの綽名を呼ばれていました。

管理人としては、そこまでブルックに対して、否定的なものはなかったのですが、ブルックを仲間として見ていない人たちも居たのは確かです。

ブルックの立ち位置

更に言うと、ブルックは陽気な骸骨という印象で、そもそもブルックは好きで骸骨になったというよりも、フロリアントライアングルの霧のせいで死体が腐り、白骨死体になっていたのです。

本人からすれば、ヨミヨミの実で蘇られたのに、最悪のショックです。死んだ後のショックというのも中々ですが。

そして、忘れてならないのが、ブルックは音楽家と言う立ち位置のほかに、実年齢は90歳で、ビックマム、白ひげ、レイリー、ガープ、センゴク、ゼファーよりも年上なのです。

そこから察するに、ブルックはとても長生きなキャラなので、様々な知識や人物と会ったことにより、豆知識も多数知っています。

という風に、ブルックは陽気な骸骨、音楽家、生き字引な立ち位置といえます。

そんなブルックなのですが、骸骨なのにホラーが苦手な性格で、過去回想で自分の姿にビックリする時もありました。

という風に、ブルックは弱小トリオとされるナミ、ウソップ、チョッパーに続く第四の弱小な立ち位置でした。要するに臆病な気質なんです。

ブルックの真価の発揮

そして、ブルックなのですが、ブルックは二年前に登場したのですが、スリラーバーグ編と続くシャボンディ諸島編しか搭乗していないといえます。

つまり実質ブルックの麦わらの一味としての冒険は二年前はチュートリアルの様なものなんですね。

なにより、ブルックが不評な理由としては、スリラーバーグ編が初登場にも関わらず、勝利したのが、タラランを倒しただけなのです。

スリラーバーグでは、ブルックの影を持つリューマがおり、これを倒したのが、飛竜火焔を繰り出したゾロです。

いうなれば、因縁をゾロに取られたという事です。これはゾロを上げることになりますが、その因縁をブルックは譲ったと言えます。

これにより、ブルックは強いが、ゾロほど強くはないということもあり、二年前はあまり目立つ事はなかったのです。

そんなブルックが真価を発揮したのが、ホールケーキアイランド編です。この時、ブルックはビックマム相手に立ち回り、ポーネグリフを写しとりました。

これらのことから、ブルックは容姿よりも活躍で支持を得ることが出来たのです。いうなれば、二年前と比べると、サンジよりもブルックの方が逆転しています。

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル