麦わらの一味

チョッパーという強いのか弱いのか分からないキャラ

チョッパーは強いのか弱いのか?

弱小トリオとして、名を馳せている?その一匹こと、人間トナカイであるチョッパー。

そんなチョッパーなのですが、戦闘面において、やれば出来るというキャラ評価があると考えられます。

今回はチョッパーの自力について考察します。

数年前の描写で十分なパワーの持ち主

管理人がチョッパーについて知ってもらいたいのが、ドクターヒルルクとの生活の時です。

チョッパーは時間で言えば、一年間ヒルルクの元で治療を受けながら生活をしていました。

とはいえ、チョッパーは怪我が完治していない期間でさえ、ヒルルクを乗せて、島を駆け巡ったりしていました。

更にここで驚きのシーンがあり、ヒルルクがチョッパーが人型で振り下ろしたパワーで地面に亀裂が走ったのです。

このことから、チョッパーは本人の臆病な性格の割には、非常にパワーがあるといえます。

実際にチョッパーは素手で戦っているキャラで、逃げに徹せず、格闘に持ち込めば結構な撃破率を誇っています。

つまり、チョッパーは弱小トリオにも関わらず、パワーでいえば、フランキーやブルック以上にあると言ってもいいのです。

まさにこここそがチョッパーというキャラの難しいキャラで、確かに医者として動くのは当然なのですが、意外に結構戦えるというキャラなのです。

モンスターポイントを上手く使い目立つシーンがほとんどない

チョッパーは弱小トリオの中でも、素手だけでいえばトップクラスに強い描写があります。

実際に二年前の暴走もそうですが、この時点でダメージが無い状態であれば、パシフィスタを撃破に追い込めるほどにパワーがあったといえます。

そして、二年後チョッパーは弱小トリオでありながら、二年前と違い、完全にランブルボールをコントロールできるようになりました。

しかし、問題はこのモンスターポイントを上手く使い目立つシーンがほとんどないということです。

二年前と二年後を合わせると、クマドリを完膚なきまで叩き潰し、フランキーがクードヴァンで吹き飛ばさすまでカリファも手を焼いていました。

そして、パシフィスタ戦後の黄猿とくまと戦桃丸の絶望の連戦で、ニキュニキュの実でアッサリ飛ばされました。

チョッパーはこのモンスターポイントを二年前に上手く使いこなせていないので、エニエスロビー編とシャボンディ諸島編の間のスリラーバーグ編では一切出していません。

そして、二年後はモンスターポイントを会得し、ドスンを一撃で倒したコクテイパルメを繰り出しました。

管理人がこの考察で言いたいのが、このコクテイパルメは事実上チョッパーの最強の技として、海賊無双では2.3.4と並んで必殺技として使っています。

ここで海賊無双の話を出しましたが、海賊無双は当然原作のキャラの最強技を必殺技として出しています。ゾロでいえば一大三千大千世界がこれに当たります。

これが234と並んでいるのは、海賊無双2が発売して2013年から海賊無双4が発売した2020年まで、チョッパーにコクテイパルメ以降に必殺技が無かった現れなのです。

これにより、チョッパーは強いのか弱いのかという位置づけがあいまいな結果、ルフィ、ゾロの様に島ごとの敵と戦うことがないキャラになってしまいました。

 

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル