麦わらの一味

ドレークは生存が厳しい立場にある

機密特殊部隊隊長の重み

警察では、犯罪組織などに潜入させ、長年組織の構成員として、働く人が居ます。

早い話、この立場の人は死ぬまで、その仕事を家族にすら明かせないのです。仮に結婚しても、警察をしているのかも全く分からず、死後初めて、夫の仕事が潜入捜査官だったと知るケースがあるようです。

つまり、ドレークは機密特殊部隊隊長swordの立場を絶対に明かせないのです。

二年前、ドレークがマリンフォード頂上戦争で海兵として参戦しなかったのは、偏に世間では海賊として活動しているに他ならないのです。

もし、ドレークほどの強さがあれば、マリンフォード頂上戦争でも勝敗に大きく左右されたかもしれません。

ですが、実際にドレークはあれ程のマリンフォード頂上戦争に参戦していない。

正体を絶対に世間に公表しない事こそが、情報を手に入れやすいと知っているからです。

故に、ドレークは死ぬまで海兵であることを明かせないといえます。

ドレークはもう、海軍に帰れない

ドレークはいわば任務を失敗した立場です。何があっても、ヘマが許されない機密特殊部隊隊長が、ローを逃がした事がバレてしまった。

ドレークが海軍だとバレたら、後々厄介でしょう。だからこそ、ドレークは今この場を切り抜けないといけないのです。

そう考えると、ルフィへの共闘持ちかけは、コビーの前情報がある以上確実と言えます。

ルフィならば、もしかするとコビーの仲間か友達であることを明かせば、即座に仲間にしてくれるかもしれません。

現にヤマトの例もありますし、いくらヤマトがおでんをリスペクトしていて、仲間だといっても、敵の娘であることに変わりはありません。

ルフィがその気にならば、ギア4でヤマトの話を聞かずに倒していたでしょう。管理人としては、ヤマトがいくら強くてもイーストブルーから今に至るまで、強敵と戦い続けてきたルフィがヤマトに負ける筈がないのです。

ですが、ルフィは一日も掛けずに、ヤマトを共闘すべき相手として判断しました。これも海賊王になれる器の大きさでしょう。

ルフィの強みは即座に切り替えることが出来る、悩まないなどがある意味ルフィ最強の武器といえます。

つまり、ドレークの共闘は120%成功するといえます。

それにドレークは二度と海軍へ帰れないと思います。

ドレークが海軍に戻れないのは偏に、赤犬の力

管理人としては、ドレークは海軍に戻れないといっていましたが、これは生きて戻れるとかではなく、一生海軍に戻れないという事だと考えます。

何故なら、機密特殊部隊swordは極秘中の極秘の部隊で、その中でも、ドレークは海賊として潜入している海軍。

恐らく、sword史上最もバレてはいけない立場にあるのがドレークと言えます。

まして、現在のドレークのトップはタカ派の赤犬です。

赤犬は徹底した正義の持ち主であり、恐らくおめおめとドレークの帰還を許さないと言えます。

いうなれば、ドレークの失敗はドレークの不手際といえるもので、その尻ぬぐいを赤犬が許可しない訳がありません。

尻ぬぐいとはワノ国近郊まで、海軍の船が救出に向かうという事です。ドレークは文字通り、海賊として潜入していますので、海軍の船など所有出来ないでしょう。

故にドレークは海軍に二度と戻れませんが、もしかすると、麦わらの一味と一時的な仲間になるかもしれません。

 

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル