麦わらの一味

ホーキンスは誰にやらそうなのか?

ローの株価は老舗企業ムギワラに引けを取らないベンチャー企業

最悪の世代でも、既に格差、いうなればキャラ固有の活躍度、株価みたいなものがあると管理人は考えています。

キャラが本編に登場した後、本編に如何にして関わるかでその株価は変動するのです。

例えば、最悪の世代の一人であるルフィを目にすると、そもそも主人公ルフィの物語なので、最初から株価の価値は非常に高く、今もノンストップで活躍度は上がり続けているでしょう。

ゾロも当然、二番手なので、二年後以降はホールケーキアイランド編で出ていなかった分、ワノ国編で目立つようになってきています。

そして、ローに至っては、ルフィとゾロを除いた最悪の世代の中でもトップの出世頭であり、ルフィとゾロを1997年から続く老舗だとすれば、2008年ごろに進出したベンチャー企業といったところでしょうか?当然、他の最悪の世代もベンチャー企業、厳密にいえば、黒ひげは二番目の老舗です。

ローは2008年登場したにも関わらず、ルフィとヒューマンショップで関わり、マリンフォード頂上戦争でまさかの命の恩人として、最悪の世代で最も目立ちます。

そして、二年後、王下七武海として爆誕し、ワノ国編に至るまで、過去回想入り、敵幹部の撃破、プライズフィギュアやハイグレードフィギュア多数輩出、ゲームやワンピースパーティなどのメディア露出がトップクラスで抜きんでています。

いかがでしょうか?ローの株価は老舗であるルフィやゾロというか、ナミやウソップを喰らう程、目立ってると言えます。

対して、ホーキンスの株価は?

対して、ホーキンスはどうでしょうか?

ホーキンスは占いで自分の生存率を見極め、不要な戦闘を避けるタイプです。この時点で、この男はある意味致命的な目立ちたがりではないと言えます。

漫画のキャラに於いて、目立つような動きをしなければ、必然的に読者から印象は薄くなるのです。

いうなれば、行動を起こす前に、運勢を見極めるので、どこか能動的というよりも受動的なキャラという印象を受けます。

「海賊王に俺はなる!!」と宣言する様なルフィと比べると、「殺生をすると運気が下がる日なんだ…。」と全ては運気次第と考えています。

かくして、二年前ではホーキンスは黄猿の攻撃を誰かに移すという、最悪の世代でもトップクラスの回避性能を魅せ付けました。

しかし、ストローマンのストックを用意していなかったので、そのまま倒されてしまいます。その後は、他の最悪の世代と同じくマリンフォード頂上戦争を見届け、新世界に入ります。

そして、茶ひげの足を切り落としたようです。

ローにやらそうなホーキンス

ですが、二年後にカイドウの強さにビビり、真打という下っ端になりました。一船長が使い走りというのはなかなか来るものがあります。

現在、ホーキンスはローの攻撃を受け、始末されたと思いましたが、殺しが嫌いなローに見逃され、ドレークを葬り去ろうとしています。

裏切ったドレークよりも後から入ったホーキンスの方がなんだか貢献していますが、元々ホーキンスはルフィとローと同じく、最悪の世代と言われているのを忘れてはいけません。

あくまで、ホーキンスはカイドウにビビり、百獣海賊団に入ったという事なのです。カイドウの使い走りになる為に新世界に入った訳ではないのです。

そう考えると、今のホーキンスはまるで牙を折れたようにしかみえません。

もしかすると、鬼ヶ島で今度こそローに引導を渡されるかもしれないのです。

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル