麦わらの一味

ラフテルは未来都市の可能性を探る

ワンピースの世界覧を覆すインパクトを是非ラフテルに

ワンピースの世界は我々の世界から見ると、島間の文明格差が凄く、特に陸路、海路に至っていえば、何百年前からあまり変わっていません。

飛行機なんかもないので、ラフテルに行くことすら当然出来ません。

さて、そんなラフテルなのですが、以前の考察から、管理人は”未来都市”の存在を触れており、その未来都市がラフテルではないかと考えて考察していきます。

ワンピースの世界は文明が明らかに世界政府によって抑えられている

世界政府は特に世界政府加盟国ではない国は、天上金が払えないので、海軍を駐屯させていません。

それにより、多くの人間が文明を進歩できず、一日を生きるのに精一杯です。

多くの人間を襲う海賊は、当然自分達より強い四皇配下の海賊を襲うよりも、弱い多くの人間を襲う方が効率的なのです。

よって、世界政府非加盟国はかなり悲惨な状況といえます。

逆に世界政府加盟国は、海軍が駐屯してくれるので、治安を維持でき、比較的平和な生活を送れています。

しかし、そこで思うのが、世界政府が800年前に出来たというなら、少しは文明がもっと進歩していても可笑しくはないでしょうか?

文明の進歩としては、かなり緩やかに見えます。その理由が、ノースブルーの探検家であるモンブランクリケットが生きた時代で、今の王国とあまり文明の差を感じませんでした。

だいたい400年前の時代がモンブランクリケットの時代なのですが、それにしても、建築物や船、武器に至るまで、あまり違いを感じません。

これはやはり、世界政府もっといえば、イム様が”行き過ぎた科学は恐ろしい”と考えているからではないでしょうか?

もっといえば、800年前にイム様と敵対していたジョイボーイは自分達の遥かに凌駕する一族、もっと言えば、Dの一族は宇宙を旅する一族で、遥かに進んだ科学技術を持っていたのではないでしょうか?

ラフテルは未来都市、もっと言えば、Dの一族が治める未来としてであった

未来都市はまさしく、ワンピースの世界の遥か先に進んだ都市で、恐らくはヒルルクの難病や空を飛ぶ乗り物、作物、情報伝達等々の何から何に至るまで、凄まじい科学力を持っていたのではないでしょうか?

いうなれば、失われた超文明であり、イム様はラフテルという未来都市を恐ろしく思うのと同時に、その技術力を欲したのではないでしょうか?

それでイム様はラフテルの文明を手に入れる為に、戦争を仕掛けたのがラフテルの地であり、ジョイボーイ率いるDの一族はイム様という邪悪なる化身から、文明を護る為にラフテルごと、文明をリセットしたのではないでしょうか?

それにより、ラフテル周辺は世界から隔絶された島になり、ロードスター島から先は進めない島になったのでしょう。

ロードポーネグリフはDの一族が乗ってきた宇宙船の”硬いモノを加工する技術”を取り入られ、800年前以前の技術をして、バスターコールでも壊れない代物になったのです。

イム様としては、ラフテルを到達を禁じているのは、Dの一族を技術をいつか独占する為ではないでしょうか?

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル