麦わらの一味

ローのタイマンは二度とない?

ロー強すぎ問題

ルフィ曰く、友達であるトラファルガーローは、パンクハザード編の登場から、ワノ国編に至るまで、同盟相手として共に冒険し続けている仲になります。

そんなローですが、既に全盛期を過ぎていると考えています。

今回はそんなローについて考察していきます。

過去や目的を全て出し尽くした男

ローと言うキャラは、本当に最悪の世代で一番優遇されているキャラといえます。

オダッチがシャボンディ諸島で、麦わらの一味がバラバラになるだけでなく、急遽9人の新キャラを考えた結果、トラファルガーローというキャラが登場し、今に至るまで、女性男性共に人気の高いキャラとなりました。

特に管理人が好きなハイグレードフィギュアであるPOPでは、二年前のロー、パンクハザードロー、ドレスローザロー、半裸ロー、ワノ国ロー、椅子ロー、ホルホルロー、コラソンと一緒ロー等、popだけでもこれだけの数を揃えているのです。

一番くじでもほぼ毎回出ているローですが、上記の様に本編におけるローの全盛期が終わっており、タイマンはないと管理人は考えています。

何故、そう言い切れるのか?

能力が便利すぎる

一番の理由は、ローの能力が強すぎる事にあります。

考えてみてください、同じパラミシア系のベラミーが出来る事を、二年前は両足をバネで飛び跳ねる、それだけしかないのです。

その後、空中で自由自在に跳ねる月歩の登場で、バネバネの実は障害物が無ければ跳ねる事さえできません。

二年後に、ベラミーは腕をバネに変えて、スプリングデスノックを編み出しました。

しかし、それだけなのです。一能力で出来る事が手足をバネに変える、それしかないのです。

ところが、ローは対象の位置を変える、人格を変える、隠されたモノを見つける、電気ショック、切断し結合する、不老手術、ガンマナイフ等、多岐に渡る多様性、利便性を魅せ付けました。

故にローの活躍は、展開上非常に有利に進めやすいのです。

明らかにワノ国編でのローは、動きが封じ込められている

特に管理人は、ワノ国編でのローは兎も角、彼の動きが封じ込められていると感じられました。

そう感じられたのは、ローの最古参の仲間であるベポ、シャチ、ペンギンが人質に取られた時です。

いうなれば、オダッチとしても、ローを展開上動けにくくした方が良かったと言えるからです。

その理由がローの能力でも、強すぎる人格入れ替えのシャンブルズです。

人格入れ替えが無ければ、もっと活躍がみれたかもしれない

ローのオペオペの実に、人格を入れ替える能力が無ければ、まだよかったかもしれせん。

何故かというと、ドフラミンゴ戦にしろ、カイドウ戦にしろ、適当な人物に人格を変えることが出来れば、如何にドフラミンゴやカイドウが強くても、一切関係ないのです。

ルフィの体にルフィの人格があるからこそ、強い様に、その他の人格が入れば、ワンピースの世界では、弱くなるからです。

人格入れ替えのシャンブルズだけでなく、位置入れ替えのシャンブルズが無ければ、まだよかったでしょう。

強すぎる能力故に、活躍が減るのは漫画では珍しくはないのです。

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル