麦わらの一味

サンジはこのままフェードアウトか?

二年後戦闘面で、ダメダメすぎるサンジ

二年前、サンジは麦わらの一味の左翼を担当しており、ルフィ、ゾロ、サンジと三強の一角でした。

実際にこの三人は一味でも最高クラスの火力を誇っており、映画、アニオリ、ゲームでも重宝されたユニットでした。

しかし、今のカイドウ戦を見てください。

ルフィとゾロは既に伝説の海賊とやり合っているときに、サンジはアーレートラップで撃沈されるという体たらくです。

恐らくですが、このサンジの戦闘面での陰りは調整された結果だと思います。

むしろ、武器なしでここまで戦ってきたサンジはお役目ごめん

サンジはそもそも、二年前はまだ船員がそこまで少なく、現地のキャラが仲間になることが無かったので、必然的に戦闘に加わることが多かったです。

特に管理人が推したいのが、アニオリであるねじ巻島、チョッパー王国では、事実上ルフィ、ゾロ、サンジのスリートップでした。

スカンクやジャバラ伯爵と言い、サンジはタイマンでの戦いに恵まれていたのが二年前です。

故に管理人としても、サンジVSジャブラの様に二年前では、頼りになる戦力になりました。

ところが、二年後はチョッパーからブルックに加え、錦えもん、ロー、麦わらダイセン団の台頭が重なり、サンジはシープスヘッドといった端役を撃破するだけに陥りました。

とはいえ、武器がないまま、覇気を会得したりしたのは素直に凄いのですが。

とても、戦闘メインの大幹部に勝てるビジョンがありません。

明らかに、サンジは戦力として物足りない描写がある

二年後はそもそもサンジは戦闘ではそこまでの目立ちがなく、鼻血による大量の輸血が必要になる、ナミと身体が入れ替わる、ヴィンスモークの花婿として迎え入れられるなど、戦闘面での目立ちが無くなり始めていました。

例えば、ヨンジの撃破も本編では描写されず、ホールケーキアイランドではタイマンらしいタイマンがジャッジぐらいで、オーブンに一撃かましたぐらいでした。

正直、麦わらの三強と呼ばれたはずの男が明らかに格落ちしたと考えざるおえません。

サンジの戦闘自体に盛り上がりはない

サンジは確かに強いのですが、戦闘が本職ではなく、コックが本職の男です。

それ考えると、戦闘面でサンジが目立つこと自体がそもそも蛇足かもしれません。

それにサンジは手を使わない事を念頭に戦っており、しょうがないといえます。

しかしそれで妥協した結果、まともに武器が使えず、能力者ではないので、足技だけで強化するにも限りが出来てしまいます。

というか、サンジの二年後の戦闘が少ないのが、足で出来る攻撃が既に出尽くしたという感じです。

つまり、二年前の悪魔風脚から、二年後はスカイウォークやブルーウォークうや見聞色の覇気ぐらいしか考えつかないのです。

その結果、サンジは二年後にジェルマの科学力で変身させる事態になりました。

管理人としては、サンジの強化はこれ以上ないというのが正しいと思ってしまいます。

結論から申し上げますと、サンジは戦闘面ではすでにフェードアウトしたのかもしれません。

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル