麦わらの一味

ポーネグリフを世界政府が破壊出来なかったのは?

破壊すればいい問題、ポーネグリフ

世界の権力者であ世界政府はある失態を犯しています。

それは、歴史を伝える石のテキストこと、ポーネグリフを破壊していないのです。

読者の皆様の周知の通り、ポーネグリフは歴史を伝えるテキストであり。ポーネグリフの解読は世界政府が禁じているのです。

恐らく、表向きとしては禁止している理由自体、説明がなされていないのでしょう。

つまり、世界政府はポーネグリフの解読を禁止していても、疑問を持つことさえ禁じているということです。

都合の悪い事は絶対に聞くなというのが、世界政府のスタンスです。

しかし、問題はそこまで禁止するなら、ポーネグリフを破壊すればいい話の筈です。

では、どうして破壊しないのでしょうか?

と同時に、世界政府の持つ兵器についての考察をしていきます。

800年間の時間を世界政府はどう使ったのか?

まず、世界政府はこの800年間の時間をどういう風につかっていたのでしょうか?

ここに世界政府の推移を知ることが出来ます。そう、恐らく世界政府の支配は永続的な支配に過ぎませんでした。

要するに、この800年間、世界は停滞していたと管理人は考えています。つまり、文明の進歩が恐ろしいほどに遅く、世界政府によってコントロールされているのです。

世界政府としては、民衆に賢くなってほしくないからです。

そう、無智な人間程、御しやすいものはないからなんです。ワンピースの世界では、世界政府が絶大な権力者で、海兵をもコントロールを置いている絶対的存在です。

政府が良いといった発言は全て正義であり、自分達を糾弾する人間は全て悪とし、断罪してきました。

まさに、世界政府はまるで神のごとき、振る舞いといえます。

しかし、管理人としては、22年前のオハラの件は本当にやばかったのでしょう。

クローバー博士が主人公なら、ポーネグリフの語る歴史を暴いていた

クローバー博士は恐らく、生涯をかけて、ポーネグリフの解読に勤しんでいたのでしょう。

恐らく、歴史の碑文を読み解く作業は早い話、計算ではない膨大な時間を要する作業だったと思います。

それこそ、彼ら考古学者は一体何パターンの解読を繰り返したのでしょう。

ワンピースの世界では、パソコンというかコンピューターの様な素早く処理できる機械がありません。

故に全て人力で解読をしなければなりませんでした。

なので、管理人としては、ポーネグリフの解読は何世代にも渡っていたと考えています。実際にオハラは考古学者が集まる島であり、世界政府としては重要視する島だったはずです。

ポーネグリフを壊せなかった世界政府

そして、あの日、クローバー博士のその後の発言を閉ざした世界政府の↑、五老星。

奴等は、ポーネグリフの破壊も試みていましたが、あのバスターコールですら傷がつかなかったのです。

これにより、世界政府はポーネグリフを破壊できる技術を育てなかったといえます。

故に、文明の進歩を進めなかったことが裏目に出たと言えます。

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル