ラッキールウの強さや実力を検証!悪魔の実の能力はニクニクの実?




赤髪海賊団の一員で、ワンピースの第一話から

登場している「ラッキールウ」という

人物をご存知でしょうか。


ゴーグルをしており、太った出で立ちで

いつも肉をかじっている特徴がある人物で、

なんか気になるなぁと感じる読者の方も

多いのかなと思います。


その強さについては未だに謎に包まれたまま

ですが、果たしてどれ程の実力を持っている

のか検証してみましょう。


Sponsored Link


ラッキールウの強さを検証!





管理人が小さい頃にラッキールウが

第一話で銃を発砲したシーンを未だに

覚えていますが、その衝撃はすごかったと

思います。





海賊とはどういうものであるのかを

示すための象徴的なシーンでしたが、

ラッキールウも普段はヘラヘラと笑ってる

だけではなく、いざという時には海賊の

顔を見せる事がよく分かりましたね。


もちろん、この時の相手は懸賞金が

800万ベリー程度の山賊の一味であったので、

そこまでの強さではなかったと思いますが、

現在は四皇の1つとして、新世界でも

恐れられていることからも、その一員である

ラッキールウも凄まじい実力を持っているのは

間違いないでしょう。


これ以外でもラッキールウがその実力を

示したシーンは現在連載されている

ワンピースでは一切描かれていません。


強いてあげるとすれば、マリンフォードでの

頂上決戦編の時に、海軍、白ひげ、黒ひげの

一味を威嚇した場面でしょうか。





黒ひげの一味にはレベル6にいた

悪政王アバロ・ピサロ、カリーナデボン等、

最凶の海賊達もいた中で、赤髪海賊団には

全く手を出す気配がありませんでしたね。


また、白ひげ海賊団も、マルコや、ジョズ、

花剣のビスタなど、隊長達もいた中で、

全く手出しをする気配もありませんでした。


花剣のビスタは、世界最強の剣士である

ミホークと互角に渡り合う実力者でした。


それほどの実力者がそろう白ひげ海賊団でも

海軍との戦いでは熾烈を極めてしまって、

結果的にはエースを救うこともできません

でしたね。


そこで、赤髪海賊団が登場しただけで、

お互いに疲弊しきっていたとは言え、

シャンクス達の前に何も手出しをすることが

できませんでした。


過去に、カイドウが白ひげを討ち取ろうと

したのをシャンクスが止めた時でも、

「暴れると手がつけられない」

センゴクが話していたのを思い出しますね。


管理人の予想ですが、ここまで存在している

海賊団の中で、最も実力のある海賊団なのかなと

考えています。


さて、前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、

赤髪海賊団の事前情報をここまでお伝えして

来ましたが、いかに凄まじい実力を持っている

のかがお分かり頂けたでしょう。


そして、その幹部の1人であるラッキールウは

マルコや、ジョズと並ぶエースの懸賞金である

5億5千万ベリー以上はあるのは間違いないと

考えています。


これはあくまで最低これくらいは強いだろうと

管理人が独断で考えているものですね。


後述していますが、ラッキー・ルウの本当の

実力が発揮されるのは物語の後半で、

黒ひげ海賊団と戦う時だと予想をしてますので、

その時まで楽しみにしておきたいと思います!

Sponsored Link

ラッキー・ルウは悪魔の実の能力者なのか?




続いて、管理人の周囲のワンピースコミュニティで

ラッキー・ルウについてよく話題になっていた

件についてお伝えしていきます。


まず、麦わらの一味の数字の法則について

すでに、かなり多くの方がご存知だと思います。

⇒麦わらの一味の数字の法則

⇒錦えもんが仲間になる真相!


簡単にお伝えすると、麦わらの一味の仲間に

なる人間というのは、1~10までの数字が

ついた悪魔の実の人間が仲間になるという

説があるのです。


詳細は上記をご覧頂きたいのですが、

残る数字が2と9の数字であり、例えば

バーソロミュー・くまのニキュニキュの実

を意味しているのではというのは有名な

話でしょう。


そして、現時点では錦えもんの能力が

フクフクの実だとすれば、続いて仲間に

なるのは錦えもんという事になるのかなと

予想をしています。


ただ、一方で管理人の知り合いの方は

「ラッキールウが仲間になる」という

説を推して来るのです。


「いやいやマジかよ…」

そう思っていたのですが(笑)


彼の言い分をお伝えすると、

ラッキールウの悪魔の実の能力は

ニクニクの実の能力で、体中を肉を

柔らかくしたり、硬くしたりと自在に

操れる力を持っているという説
らしいです。


そして、麦わらの一味の数字の法則に

当てはめるとすれば、次に仲間になるのは

ラッキールウだというのですね。


そこで、管理人は「ルウはいつルフィの

仲間になるの?」と伝えると、それは

黒ひげ海賊団と赤髪海賊団の戦いの後との

ことでした。


ここで、黒ひげがシャンクスを倒して、

ルウは復讐を誓ってルフィの仲間になる

という流れのようですね。


「ここまでよく考えたな!」と管理人は

驚きましたが、結論から言うと、ちょっと

違うのかなと思っていたりします(笑)



まずそもそも、ニクニクの実の能力という

のがあまり根拠がないですし、ただの肉好き

という可能性の方が大きいのかなと。


また、百歩譲ってニクニクの実の能力者だと

しても、すでにくまだったり、錦えもんと

いった仲間になりそうな候補者がいる中で

わざわざラッキー・ルウが仲間になるのは

展開的に少し難しいのかなと考えてます。


ただ、説としては個人的には凄く面白かった

ので、100%批判してるわけではないですよ!


一応、ラッキールウは能力者ではなく、

現時点ではただの能力者だと管理人は

予想をしています。


ラッキールウは黒ひげ海賊団との戦いで、強さを発揮する!?




こちらの記事でも赤髪海賊団の副船長である

ベンベックマンの強さが発揮されるのは

黒ひげ海賊団との戦いの時だとお伝えして

来ましたね。

⇒ベン・ベックマンの強さを検証!


ワンピースの物語の終盤で、赤髪海賊団と

黒ひげ海賊団の戦いが描かれる時が来ると

予想をしています。


そこで、ラッキールウは銃を使ってるので、

可能性として高いのはヴァン・オーガーと

戦うのかなと思いましたが、赤髪海賊団には

ヤソップというウソップの父親がいいて、

銃のプロがいるので、オーガーとはヤソップが

戦う可能性が高いでしょう。


となれば、他の銃を使いそうな人間として

ラフィットか、ドクQの2人になるのでは

ないでしょうか。


ただ、この検証結果が分かるのは一体何年後に

なるのかはちょっと分かりませんが(笑)


赤髪vs黒ひげの戦いというのは今から

考えただけでもワクワクしてきますね。


まとめ!


さて、今回はラッキー・ルウの強さに

ついてお伝えしてきましたが、

懸賞金5億5千万ベリー以上だと管理人は

予想をしてきました。


また、管理人の友人が、ルウが能力者で

ニクニクの実の能力者だと言ってましたが、

その説はちょっと違うのかなと思ってます。


ただ、この説も可能性としては0ではないと

思いますので、ラッキー・ルウが能力者か

否か物語の後半の中で明らかになる時を

待ち続けたいと思います。


ワンピースの物語の中で、最も最強だと

考えているのが赤髪海賊団ですが、

中でも最も個性を発揮しているルウの

実力がどれほどのものなのか、

今から考えただけでもワクワクして

来ますね!


早く、赤髪vs黒ひげの戦いが描かれる

日が来ないかなと今から期待してます!

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

4 Responses to “ラッキールウの強さや実力を検証!悪魔の実の能力はニクニクの実?”

  1. 匿名 より:

    キンエモンの能力はツクツクです

  2. ワンエモン より:

    暴れると手がつけられないと言ったのはセンゴクではなく五老星です

  3. ルウ大柴 より:

    ラッキールウが撃ち殺した山賊。その山賊は左利きで銃をシャンクスに、それを撃ち殺したのがルウ、ルウは左で山賊を撃ち殺した。

    マネマネのような能力をあらわす描写だったのかもしれないですね。

  4. うめ より:

    「ラッキー・ルーの考察」を読み、瑣末な情報ながらお知らせします。
    現在、50前後の世代では、松本零士の「キャプテン ハーロック」という宇宙海賊漫画がそこそこ人気がありました。
    宇宙戦艦ヤマトの原作にも少し登場していたので、その影響もあるでしょう。
    そのハーロックの副船長?か機関長?に「ヤッタラン」という名のキャラクターが登場するのですが、その風貌や所作、行動がラッキー・ルーと瓜二つなので、間違いなくモデルとした元キャラです。
    海賊漫画という点でもワンピースと共通していますし…。
    但し、キャプテン ハーロックは中途半端に終了した漫画なので、今後のラッキー・ルーのストーリーへの関与や能力の考察の参考にはならないと思います。
    悪しからずご容赦ください。

コメントを残す

このページの先頭へ