ワンピースの白ひげエドワードニューゲートのモデルは?

sirohige_mode 

元四皇の白ひげ海賊団の船長だった

エドワード・ニューゲートについて

ワンピースの歴史上『最強』と評され、

独特の雰囲気に、読者の方でも”親父”と

親しみをもってる方も多いようですね。

そんな人気キャラの白ひげについて

今回はどのような人物であるのか、

まとめてみました。

Sponsored Link

ワンピースの作者の尾田先生は白ひげには

かなり愛着があるようで、そのモデルになった

人物から推測すると、白ひげにはかなり強い

思い入れがあることがお分かり頂けるでしょう。


実は白ひげには2パターンのモデルがあり、

(1)見た目のモデル

(2)名前のモデル


という2人のモデルがいるので、1つずつ

お伝えしてまいりましょう。


(1)見た目のモデル:行きつけの飲み屋の主人?

nomiya 


見た目のモデルとしては作者の尾田先生が

よく行きつけだった飲み屋の店長が

モデルになっているというのは

有名なお話のようですね。


その店長の口癖が

『バカヤロウ』

『あほんだら』

『ハナッたれとは話したくえねよ』


ということを本当に話していたようですね(笑)


もちろん、尾田先生もその店をよく行っていて

その店主からもそのように言われたのでは

ないでしょうか。


ルフィのモデルは尾田先生本人だという点に

ついてこちらでも話題にしましたね。

尾田先生のこだわりに関する記事はこちら


おそらくルフィと白ひげとの会話の時は

尾田先生は自分と行きつけの店主との会話を

思い出していたのではないでしょうか。

hanattare 

ちなみに、現在はこの店主はすでに

他界されてしまったので、白ひげ同様に

お会いすることができません。


やはり、白ひげがルフィに期待をしたように

店主も尾田先生に対して、日本一の漫画家に

なることも応援していたのでしょうか。

Sponsored Link

(2)名前のモデル:海賊モデルはエドワード・ティーチ

thi-ti 

2つ目のモデルとして、黒ひげこと、

エドワード・ティーチについてです。


ティーチについては、黒ひげこと

マーシャル・D・ティーチのモデルになってる

こともこちらで話題にしてきました。

黒ひげのモデルはエドワード・ティーチ


かの有名な海賊『黒ひげ』の名前から

『エドワード』の名前を取っていて、

ワンピースの世界で『黒ひげ⇔白ひげ』の

対立を際立たせるために、この名前を

使用したのではないでしょうか。


また、『ニューゲート』という名前は

イギリスの長い歴史の中でも悪名高い

刑務所である『ニューゲート監獄』が

由来になってると言われてます。


こちらがニューゲード監獄。
newgate_ga 


こちらがニューゲード監獄の運動場。
newgate_undo 


ロンドンの一角に立てられたこの監獄の

歴史は非常に古く、その前身はローマ人の

支配の頃にまでさかのぼると言われてます。


ニューゲート監獄という名の施設が正式に

建設が正式に建設されたのは、西暦1188年で、

これ以降には数度の大規模な改修や再建、

数多くの修理を経つつ1902年に取り壊されて

しまいました。


そもそも、このニューゲート監獄という

悪名高い監獄の名前を由来にしているのは

どうしてかというと、この刑務所に

海賊”キッド”ことキャプテン・キッドなど

実際に存在した海賊たちが多くとらえられて

いたために海賊と縁があるから
でしょうか。


ただ、海賊と関係があることは分かりましたが

どうして『白ひげ』の名前につけたのか、

その必然性については不明なので、分かり次第

追記していきますが、1つ考えられるのが

今後の物語の伏線に関係していると予想できます。


例えばキャプテン・キッドと白ひげが

過去に何らかの関係があったということも

考えられるのでしょう。

kid_kya 


今後の新世界でのキッドの動向にも

ぜひ注目してみましょう。


さて、今回は白ひげのモデルについて

お伝えしてきましたが、黒ひげこと

エドワード・ティーチだったり、

慕っていた店の店主をモデルにしてることから

尾田先生が白ひげに対してどれだけ

こだわりをもっていたのか、お分かり頂けた

のではないでしょうか。


また白ひげというキャラ自体の伏線は

今後の物語の中でも色々と明かされていくと

思いますので、こちらの楽しみにしましょう。

Sponsored Link

最後までお読み頂きありがとうございました

もしよければツイッターやフェイスブックで広めて頂けるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします。

この記事を読まれている方は以下の記事も読まれてます♪

コメントを残す

このページの先頭へ