麦わらの一味

世界政府はウラヌスを使っている?

ウラヌスの謎を握るのは、世界政府

未だ詳細が不明の三大古代兵器ウラヌス、天の神の名を冠するこの古代兵器は、一体いつになったらその詳細が明らかになるのでしょうか?

管理人はその謎を握るのが、世界政府だと考えて考察していきます。

世界政府はウラヌスを所有している

三大古代兵器は、ポセイドンがしらほし姫、つまり魚人島にあります。

プルトンは設計図自体は、フランキーが燃やしたので、プルトンは造れませんが、アラバスタのポーネグリフから何処にあるのかは分かるようです。

問題は、ウラヌスの所在ですが、世界政府のスパンダムが10年前、プルトンを手に入れようとしていましたから、まだ世界政府はプルトンを持っていないでしょう。

しかし、ウラヌスについて言及していませんでした。

もしかすると、ウラヌスを既に政府が手に入れているからではないでしょうか?

これまでの古代兵器の正体について、説明した人物

プルトンについて、説明したのは、トムズワーカーズ社長トム、ポセイドンについて、説明したのは、リュウグウ王国国王ネプチューン王でした。

ウラヌスについて、説明するのはウラヌスに近しい人物だと考えらえます。

もしかすると、天竜人の誰か、それか世界政府の五老星が話すかもしれません。

世界政府がウラヌスを操っているか、それともコントロール不能に陥っている

管理人は、世界政府がウラヌスを操っていると考えました。

ウラヌスの正体は、ポセイドンが人魚姫、プルトンが軍艦だとすれば、海に関係する古代兵器だと思います。

その正体は、気象兵器が正しいと思います。

ワンピースの世界における天気の脅威

麦わらの一味であるナミは、イーストブルー編まではタイマンがありませんでしたが、ミスダブルフィンガーやカリファを単独撃破に至っています。

それは何故か、ナミが天気を操っているから他なりません。

トゲトゲドーピングで肉体の強化や鋭利あるトゲ、六式で極限まで鍛えたカリファ、そんな超人相手を撃破に至る程、クリマタクトは強烈でした。

実際にナミの攻撃は、大勢の海兵を一網打尽に出来る程で、恐らくナミは腕っぷしで言えば、何人かの海兵に囲まれたら、負けてしまうでしょう。

ですが、雷を操ることが出来るナミなら、その差を埋めることが出来ます。

世界政府はウラヌスを操り、グランドラインの天候をワザと不安定にしている

世界政府はウラヌスを所有し、世界中のどこでも天気を操っています。

特にウラヌスはグランドラインの天候を完全に狂わしており、まともな航海術ですら役に立たない程です。

確実にナミがいなければ、船は沈んでいたでしょう。

ですが、そこまで超一流の航海術を持っていない海賊団なら、すぐさま溺れてしまうようです。

実際にグランドラインに辿り着けないのは、その恐ろしいまでの天候もその一因だといえます。

もし、世界政府が天候を自由自在に操っているのであれば、グランドラインはそもそも航行が難しい海といえるのでしょう。

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル