麦わらの一味

フーズフーは目立っているのか?

目立っているのが、ドレークをあやしんだぐらい

飛び六砲は現在、ドレークの裏切りから、既に五人しかいないといえます、初っ端から。

これにより、ドレークは置いて、フーズフー、ササキ、ブラックマリア、ウルティ、ページワンを今後の動きを見ていきましょう。

まず、言えるのが、まだ全員倒れていません。ただし、ウルティとページワンはヤマトやルフィにやられましたが、復活しています。ゾオン系特有の早期復帰です。

さて、その中でいまいちパットしない男、フーズフーについてです。

キャラのビジュアルでいくと、そこまで議論されないキャラ

言えることが一つですが、キャラのビジュアルはとても重要なものです。要するに、カッコいい、可愛い、美しい、デカい、面白い、不気味等々ワンピースは巻数が100巻近い事もあり、ずば抜けて多くのキャラが登場しています。

その中で、ウルティとページワンは年若い事もあり、意外に見栄えるキャラデザインです。ブラックマリアは巨大な美しい花魁、ササキはそのまま魚人族の漢と特徴が分かるのですが。

フーズフーに関して言えば、マスクの上半分が隠れており、ネコをモチーフにしており、尚且つサーベルタイガーという能力を持っています。

しかし、他の5人と比べると、どうしても目立った感じが見受けられず、ギャグ描写が無いシンプルに冷徹そうな男という印象を受けます。

落ち着いている男キャラ

管理人としては、敵陣営にはそこまで極端に変顔しないキャラ、ふざけたことをしない男キャラが各章に一人は登場します。

例えば、キャプテンクロ、クロオビ、スモーカー、Mr.1、クロコダイル、シュラ、ルッチ、グラディウス、キングたちは控えめにいって、ふざけた事をしないキャラです。

フーズフーは上記の男達と同じ様に、感情を曝け出さないキャラです。いうなれば、ワンピース世界の男キャラにおいて、貴重なシリアス要員といえます。

実際にオダッチはイーストブルー編からワノ国編に至るまで、ギャグ要員などを入れますが、流石にシリアスなキャラをいれています。

そう考えると、飛び六砲という格を引き締めているのは、このフーズフーではないでしょうか?

早い話、飛び六砲最強はフーズフーです。

ジンベエ対フーズフーが最大の証拠

そもそも、今ジンベエが戦っているのはフーズフーです。

もうこの時点で、ジンベエが戦うキャラである以上、かなりの格を持っていると考えるべきです。

ジンベエは管理人からすれば、事実上世界最強の魚人と考えています。ブライカンや槍波、うちみず、唐草瓦正拳、四千枚がわらせいけん等、オーバースペックな技を有しており、ジンベエが強すぎて、その後のパンクハザード編、ドレスローザ編では出番がなかったといってもいいでしょう。

実際に、フィルムZ、ゴールド、スタンピード。特にフィルムzでジンベエが登場していれば、zとの戦いはそこまで苦戦は無かったといえます。

つまり、そんなジンベエと戦えるフーズフーは確実にトビロクホウでも最強といえます。

 

ワンピースアニメを無料視聴
ワンピースの動画が無料で視聴できる

ワンピースの動画を無料でみるならU-NEXTがおすすめ!

ワノ国編も収録されている(ポイント利用)おり、収録している作品数がダントツなのがU-NEXT!

ドレスローザ編まで見放題で過去の劇場版なども視聴できるのが嬉しいポイント。

今だけ限定で31日間無料トライアルで見放題ですのでお早めに!

解約も簡単なのでこのキャンペーンを逃す理由なしですよ!

31日間無料トライアル